リフォームからリノベートへ

テーマ:

・・・と巷ではブームになりつつありますが




reform   ~を再び作る ~を改編する 再び形ができる 改変される




renovate ~を新たにする 修復する 刷新する ~の元気を回復させる ~を活気づける.




この2つの言葉には微妙な意味合いの違いがありますが







実際、弊社での施工事例を振り返ってみると、どちらの言葉も当てはまるものですね。







強いて言えば、刷新するという意味合いがreformにはないのかなと、、、






ライフスタイルを見直し、間取りを全面的に刷新するということですね。




築年数の古い建物は確かに、現在のライフスタイルには不向きな点が多々見られます。




電気消費量のアップ、情報源としては欠かせなくなったネット環境、細かな間仕切り




特に、





一般家庭では、




和室を洋室のように利用している点です。




畳に直に座るということをしなくなりましたね。





正座やあぐらが苦手な子供達や




足や腰に疾患を持つ年配の方々には椅子の生活が適しているでしょう。





これらのように、ライフスタイルの変化によって住まいの刷新は不可欠です。






築年数30年以上の住宅を購入して




内部の全てを取り壊し、自分流にリノベートされる方が増えているのが現状です。







ただ、次のような問題が新たにでています。







建物の構造上の問題で、描いていた間取りに変更できない。




また、建物補強や水回りに予想以上の費用がかかってしまうということです。





特に、マンションでは管理組合の独自の規定であったり、動かすことが難しい排水設備により





プランの変更を余儀なくされる場合が多く見受けられます。





弊社にも、建物を購入してしまってからご相談に見える方が多いのですが、





残念ながらお客様のプランをすべて叶えることが出来ないことが多いですね。





このような問題点を事前に防ぐには





購入前から、物件を見に行く時に




リフォーム業者や工務店、建築知識のある不動産会社に同伴してもらうことですね。






新築のプランニングは自由自在に組み立てられますが




リノベートは、新築以上の知識や技術を要します。





購入して、「しまった!」と後悔しないように





感性豊かな業者に同伴してもらってから購入しましょう。







無垢の木 炭 漆喰 麦飯石でリフォーム

ワイ・ジー・リホーム株式会社







AD

ありがとうございます

テーマ:

ずいぶんこのブログから遠ざかってしまいました。






にも関わらず、






多くの方に訪れていただいていました。






感謝するとともに、筆不精をお詫びしなければいけません。




ありがとうございます。  申し訳ございません。





いよいよ、消費税3%アップが決定しましたね。




リフォームの場合は来年3月までに完成、引き渡しを終えられれば影響ないようですね。



分譲住宅購入や建て替えをお考え中の方は、減税などの時限立法の成り行きをみて慎重にされることを


お薦めします。




建築工事の粗利率は約15%、その内固定費などで10%が消え、純利は5%あるかないかというところです。



このような状況下で、消費税分3%値引きをいわれると、、、、



身震いしてきますね(-_-;)




契機が回復して、お客様の所得が上がって


みんながニコニコできるような商取引を目指したいですね。(*^_^*)


AD

家の中にいても日焼け

テーマ:

「今日も暑いですねぇ」との挨拶がそこかしこで聞こえてきます。



本当に暑いですね。



この暑い中で、外を歩いたり自転車に乗る女性の姿に涙ぐましい努力が見られます。




日傘、ツバの大きな帽子、長袖、真っ黒の仮面(顔全体を覆うシールド)




でも、帰宅したらこの防御の殆どを解除してしまい、無防備状態になります。


家の中だから日焼けはしないだろうと安心するのは解りますが、油断は禁物ですよ。



紫外線は部屋の中にも侵入しています。


特に、壁がクロスで床は新建材のフローリングである場合は紫外線を反射させます。


これが日焼けの原因です。



涙ぐましい日焼け対策にも関わらず、どうして日焼けしてしまうのだろうとお考えの方は是非


この点をチェックしてみてください。



暑いとはいっても、四六時中エアコンを稼働させて、


遮光カーテンを日中締め切るということもままなりませんね。



電気代もバカにならない


部屋に自然の風を通したい


自然光を取り入れたい



では、どうすればいいでしょう




壁を漆喰


床を無垢材に


漆喰も無垢材も紫外線を吸収し


目にやさしい建材です。


もちろん、日焼けの防止対策としては有効です。


最近では、この紫外線が目から入ることにより


日焼けするとの説もあるようです。



リフォームの際は、このことも一考してみてください。







無垢の木、漆喰、炭を取り入れての住まい創り

http://yg-r.com/






AD