オクラ・きゅうり・ズッキーニをマルヨシセンター松縄、木太店の産直コーナーに出荷しています。

無農薬・無肥料栽培の野菜なので野菜本来の味を味わえます。
そして、腐りません。
冷蔵庫で冷蔵すればかなり保存できます。
ただし、ズッキーニだけは追熟していきます。

{F8E18798-0615-4D7F-A3C2-47F6F0C504B4:01}


AD
マルヨシセンター 松縄・木太店とダイキ上福岡店の産直コーナーに出荷しています。
きゅうり・小松菜
どちらも化学肥料も有機肥料も動物性堆肥を使用せず、除草剤・殺虫殺菌剤も使用せずに栽培しています。

余分な雑味なしの本来の野菜の味がします。
お近くの方はどうぞよろしくお願いします。
{353AF320-7F85-45AE-8C0F-74DCD5228B45:01}

AD
とんぎりやま農園では炭素循環農法によって作物(水稲、野菜)を栽培しています。

通常の肥料栽培とは前提条件の異なる栽培をしているため次のものは必要ないので使用していません。
1:肥料を使用していません。
2:農薬を使用していません。
3:厩肥を使用していません。


使用しているものは?
1:水
2:温度
3:太陽光
4:残渣とか雑草とか木のチップとかの高炭素資財


栽培資財は使用しています。
1:ポリマルチ(生分解でないもの、栽培終了後撤去廃棄)
2:各種支柱
3:各種防虫ネット(保温のために使用する場合が多い)
4:トンネル用ビニール(ポリ)
5:ハウス

炭素循環農法とは?
植物動物とわず生物はその大部分が炭素Cの化合物でできています。
その炭素を循環させて効率よく栽培する方法。
(詳しくはその種のページを参照ください。)
そして、その炭素を循環させるために必要なものが微生物です。
植物が吸収できる養分を微生物が生成しそれを植物が吸収するという極簡単なしくみ。

そして、植物と微生物が共生を行いそれぞれの得意な分野の働きを行いお互いに助け合う。
そんな関係を土の中でつくります。それの手助けをおこないより効率よく共生できるようにする。
そんな栽培方法をとんぎりやま農園では行っています。

ですから!
農薬は絶対に使用しない!!
なぜ?
農薬を使用すると微生物が死滅するからです。
除草剤
でも微生物が死にます。

だから絶対に使用しないのです。

炭素循環農法では空気が命です。
水を切って土に空気を入れます。
これができなければ有機物をどれだけ有効なもの入れても無意味。

水か多いと有機物は腐ってしまいます。
それをすった植物には腐敗物質が入ってしまい虫が寄ってきます。
つまり、虫が食べている野菜は腐敗しているものがあるということです。

だから、炭素循環農法でちゃんと作れたものは虫がつかない野菜なのです。