SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
米YahooとMicrosoftの検索事業提携が決まってから、トンちゃんブログや弟子達のサイトで「Bing SEO」及び「Bing SEO対策」というキーワードでの訪問者が一気に増えた。
米Yahoo!がMicrosoftのBing(ビング)検索を採用するということで、一部のショッピングサイトのオーナーや商用サイトを運営している企業が一斉にBing対策を意識し始めたのだろう。

いずれBingのSEO対策が必要になる事は、前々から分かっていたので予め「Bing SEO」および「Bing SEO対策」というキーワードで結構な数のサイトを仕込んでおいた。
その結果、Bing(ビング)検索を使った検索結果において、キーワード「Bing SEO対策」で4位、6位確保。Google検索で4、5、6、8位確保に繋がった。
キーワード「ビング SEO対策」でもGoogleで2位、3位、6位確保。Yahoo!検索で6位確保。Bing検索で2位、3位確保。
「Bing SEO」「ビング SEO」を含めれば10位内はさらに増えるが、これ以上書くのが大変なのでやめておく。
ランクインの対象を20位内(2ページ目)、30位内(3ページ目)と広げれば、さらにトンちゃんページが増えるのは言うまでも無い。

トンちゃんはSEO対策者である。
上位に入るのが当たり前。
Yahoo!検索(YST)であろうが、Googleであろうが、Bing(ビング)だろうと狙ったら上位に来るのが当たり前。
いずれは、どんな検索エンジンだろうと、1位に入るのが当たり前の状態になるようにしたいと思っている。
SEO対策者なのだから。
Search Engine Optimization(検索エンジンに「最」適化させる)対策者である。
「最」とは「一番」という意味だ。
ゆえにターゲット・キーワードで常に1位を狙って行くのは当たり前の事。
そして1位を獲ると^^。(最後はハッピーエンドでないと困る)

米Yahoo!とMicrosoftの検索事業提携の話が出てからかなり経ったので、前より「Bing SEO」「Bing SEO対策」「ビングSEO対策」「ビングSEO」等のキーワードでの訪問者は減ったが、今後も継続して新たな訪問者がやってくるだろう。
今の所、Bing(ビング)検索のアルゴリズムに対するリバースエンジニアリング(逆行分析)を中心に行うつもりは無いが、日本のYahoo!でもBing検索を正式に使うと発表があれば、トンちゃんも実験を開始しようと思う。
日本の検索市場においては、Yahoo!およびGoogleが圧倒的な検索シェアを握っているので、Bing(ビング)検索のリバースエンジニアリング(逆行分析)を行う気には全くなれない。
今の所、Bing(ビング)の国内市場シェアなど無いに等しいので^^;。
Bing(ビング)対策のモチベーションが全く沸かないのだ。

沢山の訪問者がやって来ているので悪いとは思っているが、Bing(ビング)SEO対策についてトンちゃんブログで「今」は語るつもりは無い。
やはり「今」は、Yahoo!対策(YST対策)とGoogle対策だ。
正式にYahoo!JapanでBing(ビング)検索の採用が決まったら動けば良いのだ。
トンちゃんは無駄な所に人生の貴重な時間をを費やしていられるような貴族では無いので。

それでも少しBingのSEOについて申し上げるとすれば、Bing(ビング)検索もまた「テキスト分析」と「リンク分析」を中心とするアルゴリズムを採用している事だ。
「テキスト分析」と「リンク分析」を中心に行っているアルゴリズムはBing(ビング)だけでは無く、Yahoo!検索(YST)もGoogle検索も同じだ。
どの検索エンジンもトラフィック分析が中心で無い点では一致する。
今、貴方のサイトにどれだけアクセスがあるかは関係無いという事だ。
まぁ、トラフィック(アクセス)が全く関係無いわけではないが・・・^^;。(口を濁す→トラフィックにSEOの秘訣が・・)

トンちゃんのSEO対策におけるアルゴリズムの分析手法は、たぶん他のSEO対策者とはかなり違う。
多くのSEO対策者は有名なSEO対策業者さん及びSEO対策コンサルタントさんのブログやホームページで情報収集をしているだろうが、トンちゃんはあまりやらない。
なぜかと言うと、大御所のSEO対策業者さんやSEO対策コンサルタントさんのSEO見解にはかなり間違いが含まれているからである。
そういった方々の名誉を棄損するつもりは全くないので名指しはしないが、かなり間違いが含まれている事は確かだ。(※敵をなるべく作らない事は世渡りで重要^^;。経験者は語る)

大御所さんの中には精度の高い分析を行う方も僅かだがいる。(注記※本当に「僅か」)
いずれトンちゃんブログから紹介する事になると思う。(「予定は未定」って言葉もあるが^^;)
トンちゃんは真に実力を備えたSEO対策者でなければ紹介しない。
有名なSEO対策者」では無く「実力のあるSEO対策者」のみ紹介する。
すでにお1人はトンちゃんの過去記事で紹介済み。
精度の高い分析を行う方は皆リバースエンジニアリング(逆行分析)で実地に検索アルゴリズムの特徴を調べ上げている。

SEO対策の大御所さんはたいてい英語に強い。
SEO業界において、英語に強い事は武器になる。
SEOの中心的な情報はアメリカからやって来るわけだから。
ただし、どれだけ英語力があってSEO対策の本場である英語圏のSEO Tips(SEO情報)を仕入れられたとしても、それが日本の検索エンジンのアルゴリズムに直で通用するわけではない。

結局のところ実戦を自分で積まねばSEOの本当の所は掴めない。
検索エンジンのアルゴリズムがどれだけ進化しようと、分析の対象は限られている。
IPアドレスだったり、URLだったり、Titleだったり、キーワード出現頻度やキーワード近接度だったり、構造を定義するHTMLタグだったり・・・。
ハイパーテキストという枠からは出られないわけだから、分析対象は限られるわけだ。
だから、細かく分析可能な対象(要素)を細分化して、その各要素がどれくらい各検索アルゴリズムで重視されるているのか自分で仮説を立て検証して行けばおのずと検索アルゴリズムは明らかになって行く。

トンちゃんの検索アルゴリズムの中心分析手法はリバースエンジニアリング(逆行分析)である。
はっきり言って、他のSEO対策業者やSEO対策コンサルタントがSEOに対してどんな見解を持っていようとトンちゃんには興味が無いし、関係も無いし、信じもしない。
ひたすら、自分で仮説を立て実地で検証していく。それだけだ。
分析の対象は限られているのだから。

<h1>タグをどれだけ重視しているのか?
<h2>タグはどうか?
<h3>タグは?
<h4>タグは?
<h5>タグは?
<h6>タグは?
<a>タグは?
<strong>タグは?
<em>タグは?
<b>タグは?
<span style="font-weight:700;">タグは?
<span title="キーワード,キーワード,キーワード">タグは?
<alt>タグは?
と言った感じで全部試して行けば検索アルゴリズムは見えてくるはずだ。
検索エンジンの分析対象は限られている。
繰り返すが検索エンジンはハイパーテキストの世界からは抜け出られない。

当然、Bing(ビング)検索のアルゴリズムも同じだ。
分析対象は限られている。
一つ一つ分析対象を潰して行けば、Bing(ビング)のSEOは見えてくる。
しかし、今の所はBing(ビング)のアルゴリズムのリバースエンジニアリング(逆行分析)を遣るつもりは無い。
やらなくてもすでにBing検索の「Bing SEO対策」で上位にいるわけだから「まぁいいか」とも考えている。

Bingのクローラーにしっかりと自サイトのテキスト・被リンク・発リンクを辿らせてインデックスさせれば、それなりの結果は出る。
特に、Yahoo!のSEOにおける基本となる内部対策及び外部対策をやっていればそれなりに通用すると考えている。
細かく見れば「Yahoo SEO」と「Bing SEO」では全く違うが、大きく見れば「発リンク」「被リンク」「キーワード」の最適化がBing(ビング)検索での上位化のポイントになる事は間違いない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。