SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
サイト内部の変更後インデックス内容が更新されてもSEO 効果は直ぐには出ない。
SEO 効果がすぐに出る場合もあるが、多くの場合は直ぐに順位が上がるという事は無い。
なぜか?
検索アルゴリズムに対するリバースエンジニアリング(逆行分析)を封じるためだろう。

サイト内部を変更して、検索エンジンがそれをクロールしてインデックス内容を更新する。
それが順位に直反映するなら、検索エンジンのアルゴリズムを知る事など、朝飯前という事になる。

現実はどうかと言えば、効果のあるSEO の内部対策を施すと、逆に一定期間順位を落とす事がある。
この一定期間が一カ月だったり、三か月だったり、半年だったりするので、SEO対策 人はそれに惑わされてしまうわけだ。
SEO対策 業者トンちゃんは、この効果的SEO対策 を施した後に順位が降下する現象をショッチュウ経験しているので、別に順位が落ちてもそれで慌てる事は無い。
「おー、検索エンジンめ、またリバースエンジニアリング封じをやっとるなぁ」と思うだけだ。

今行ったサイト内部の変更が検索エンジンにクロールされインデックス内容が更新された時点で直ぐに順位に反映されるなら、SEO対策 なんて誰でも出来るものになってしまう。
しかーし、現実は甘くなく、効果的な内部SEO対策 を施す事で逆に一定期間、順位を落とす事があるわけだ。

ここで、一般的レベルのSEO対策 人は焦るわけだ。
「しまった!逆効果のSEO対策 をやってしまった!」等と言って^^;。

逆効果のSEO では無いんだな。
検索エンジン会社がそのSEO対策 人に、SEO効果が無いように思わせているだけで。
ちゃんと、その方は効果的な内部SEO対策 をやっているわけだ。
しかし、その一般レベルのSEO対策 人は目先の順位に翻弄されて、またサイト内部の変更を元に戻してしまう。
だから、狙ったキーワードで1位が獲れない事に気付いたほうが良い。
目先の順位変動で右往左往していて、どうして激戦区で1位が獲れようか?
獲れるわけがない。

もっと、大きく見る必要がある。
大きな視野を持って順位変動を見ないと何が効果のあるSEO手法か見えなくなるだけだ。
SEO対策 というのは、検索エンジン会社との心理戦に近いものがある。
先に動いたほうが負けだ。
検索エンジン会社が負けることは無いが・・・^^;。

「動かざる事山の如く」。
以前、このブログで口にした言葉だ。
経営者やSEO対策 人なら、必ず身に付けていなければいけない能力だ。
戦国時代、あの織田信長が最後まで戦う事を避けた相手、つまり武田信玄が身に付けていた能力。
「風林火山」。
SEO対策 でも、経営でも通じる兵法である。

「効果的な内部SEO対策 を施した結果として順位が降下してもそこで動いてはいけない」
動くから、貴方は負けるのだ。

効果的な内部SEO対策 が効いてくるのは、半年後かもしれない。
「だったら、それまで待て」ということ。

私の経験上、言えることは、効果的SEO対策 が効くまでの期間は一定では無いということ。
すぐ効果を出ることもあるし、半年後くらいにいきなり効いてくるケースもある。
常に一定期間後にSEO 効果が測れるのであれば、SEO対策 なんて誰でも出来る簡単なものになってしまう。

もう一度、繰り返す。
「待つ事が出来ないなら、貴方はSEO 戦線でたぶん負ける」

すぐにSEO対策 の効果が出ると思うなかれ。
貴方が検索エンジンに対してSEO対策 を行うように、検索エンジン会社もSEO対策 人に対してSEO 封じの対策を講じている事を忘れちゃいかん。
今回の記事のキーワードは「リバースエンジニアリング封じ」。
SEO対策 業者トンちゃんは、この「リバースエンジニアリング封じ」を念頭に置いてSEO対策 を行っている。

狙ったキーワードで1位を狙うなら、この「リバースエンジニアリング封じ」を意識してSEO対策 をやると上手く行くはずである。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SEO対策 を行う場合は、レピュテーション(Reputation)を意識せねばならない。
レピュテーション(Reputation)というは、日本語にすれば「世評、評判」という意味。
特にSEO対策 では、レピュテーション(Reputation)を「世評」の意味で使う。

世評というのは、社会における評判のこと。
検索エンジンは、この社会がどう貴方のページを評しているのか?を重視する。
SEO対策 」について書いたページを、社会が「アクセスアップ」についてのページと評すれば、貴方のページのトピックは「SEO対策 」では無く、「アクセスアップ」となる。
つまり、貴方が「SEO対策 」について書いたページが、「SEO対策 」では無く「アクセスアップ」というキーワードで検索エンジンで検索された時に上位化されるようになる。

貴方が、キーワード「SEO対策 」でページ内部を最適化させたとしても、検索エンジンはそのページを「アクセスアップ」のページと解釈する。
それくらい、レピュテーション(Reputation=世評)が貴方のページのトピックに大きな影響を及ぼすのだ。
検索エンジンにとっては、貴方が自ページをどう評するかよりも、社会(他のWebページ達)が貴方のページをどう評するかを重視するのだ。

実際、これは現実社会でも同じだ。
貴方が、「私はSEO対策 の達人だ!」と自称しても、社会がそれを認めない限り貴方はSEO対策 と達人では無いのだ。
この考え方を検索エンジンも取り入れている。
貴方のページが何のページなのかを判断する上でレピュテーション(Reputation=世評)を参考にするのだ。

検索エンジンにインデックスされている他のWebページ達が、貴方のページをどう評するのか?(レピュテーション=世評)で貴方のページのトピックが決まる。
もっと正確に言うと、貴方のページに向けてリンクを張っているページが、貴方のページをどう評しているか?で、貴方のページの主たるテーマ(=キーワード)が決まる。
レピュテーションを考える場合、貴方のページのリンク元になっているページでどう評されているかを見るわけだが、大きく見ると三つに分けられる。

1,リンク元のアンカーテキスト
2,リンク元のタイトル
3,リンク元のコンテンツ部分(要はページテーマ)

実際、SEO業者 のトンちゃんはもっと細かくレピュテーションを細分化して分析しているが、一般のSEO対策 人はそこまでやる必要は無いので詳しい事は書かない。
検索エンジンのアルゴリズムは、レピュテーションを分析する時に少なくとも上記の三つをリンク元ページで見ている。
アンカーテキストやタイトルやコンテンツ部分でどう貴方のページについて評しているかを見ているのだ。

ついでに言っておこう。
検索アルゴリズムは日々改良を加えられているわけで、上記三つだけでもそれぞれをどれくらい重視するのか?の比率は変わっていく。

検索精度を高める為に、アンカーテキストの評価を高める必要があると検索エンジンの中の人が判断すれば、アンカーテキスト部分のキーワードが貴方のページのトピックに大きな影響を及ぼすようになる。
検索精度を高める為に、タイトル部分の評価を上げる必要があると検索エンジンの中の人が判断すれば、タイトル部分のキーワードが貴方のページのトピックに大きな影響を及ぼすようになる。
「んー最近は、SEO スパムがすごいなぁ。よしっ、アンカーテキストの評価をゼロにしよう!」と検索エンジンの中の人が決定すれば、アンカーテキスト部分のキーワードは一切貴方のページのトピックに影響を及ぼさなくなる。
ここに、今書いた上記三つのケースは今後起こり得る事である。

ちなみに、SEO 業者であるトンちゃんがGoogleやYahooやBingの検索エンジンの担当者だったら、SEO スパムを駆逐する為にある条件を満たすアンカーテキストの評価をゼロにするでしょうな^^。
これを実行すれば検索精度が大幅に上がる事も分かっている。
その条件が何のかは内緒。
これもまた、今後起こり得る事なので^^。
SEO 業者なら検索アルゴリズムの今後の変化を先読みして動かないと駄目ですわな。
検索アルゴリズムが改良される度に自動で自サイトの順位が上がって行くようなSEO対策 が重要だ。
基本的に検索アルゴリズムは、改良・改善の方向で進化してきているので。
しかし、YST(Yahoo検索)に関しては、検索アルゴリズムの改悪もあり得るので要注意^^;。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
サイトボリューム(記事数)を変えずに記事内容だけ差し替えるのも有効なSEO対策 である。

最近、トンちゃんはこのメインSEO ブログの新規投稿を控えていた。
新規投稿は控えていたが、既存のページの記事内容の差し替えは行っていた。
SEO対策 」と関連の薄い記事を減らして、「SEO対策 」と関連性の高い記事を増やす作業をしていた。

その過程で、ページURLそのものを10ページから20ページくらい削除したと思う。
今現在、トンちゃんSEO対策 ブログ内でSEO対策 関連の記事は、だいたい50%くらい。
もう50%はSEO 以外の事を書いている。
RSSフィードの話やブラウザの話や新聞の話など当時自分が重要だなと思った事を書いてきた。
つい最近までは、SEO 関連の記事は40%くらいしか無かったが、それでもビッグキーワード「SEO対策 」や「SEO 」でYahooの100位台まで上がってきたわけだから、40%くらいあれば結構戦えるということにはなる。

SEO (Search Engine Optimization)という視点から見ると、このブログのテーマはあくまで「SEO対策 」なので関連性の薄い記事をサイト内に増やすのはあまり良く無い。
サイト内に「SEO対策 」と関連性の無い記事が増えると、ビッグキーワード「SEO対策 」での順位は落ちてしまう。
検索エンジンはサイト内部のリンク構造を見ている。
「サイト内部のどんなページからリンクされているか?」、「サイト内部のどんなページへリンクしているか?」、こう言った事がターゲットキーワードでの検索順位に大きな影響を及ぼす。

サイト内部の「SEO対策 」と関連性の無いページ群からトップページに対してリンクが張られるとその影響をトップページはモロに受ける。
つまり、ビッグキーワード「SEO対策 」での順位を下げる事になる。

SEO対策 」と関連度が無くても、読者の役に立つ記事だと思うなら書けばよいのだが、増やし過ぎないように意識する必要はある。
サイトテーマに沿った記事と沿わない記事の「比率」を意識する必要がある。
少なくとも50%くらいはサイトテーマに沿った記事を書きたい所だ。

サイトの主たるキーワード(=テーマ)から外れる記事がサイト内に多いと、主たるキーワードでの検索順位に悪影響を及ぼす事になる。
そういう場合は、ページURLは削除せず、記事内容だけテーマに沿った内容へと差し替えるのをお薦めする。
せっかく検索エンジンにインデックスされ兵力となっているページを削除する事も無い。
トンちゃんは20ページ近く削除してしまったが・・・・・^^;。

記事を量産するばかりがSEO対策 では無い。
サイトの主たるテーマから外れるページの記事内容だけ関連する内容へと差し替えるのも有効なSEO対策 である。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。