SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
サイトボリューム(記事数)を変えずに記事内容だけ差し替えるのも有効なSEO対策 である。

最近、トンちゃんはこのメインSEO ブログの新規投稿を控えていた。
新規投稿は控えていたが、既存のページの記事内容の差し替えは行っていた。
SEO対策 」と関連の薄い記事を減らして、「SEO対策 」と関連性の高い記事を増やす作業をしていた。

その過程で、ページURLそのものを10ページから20ページくらい削除したと思う。
今現在、トンちゃんSEO対策 ブログ内でSEO対策 関連の記事は、だいたい50%くらい。
もう50%はSEO 以外の事を書いている。
RSSフィードの話やブラウザの話や新聞の話など当時自分が重要だなと思った事を書いてきた。
つい最近までは、SEO 関連の記事は40%くらいしか無かったが、それでもビッグキーワード「SEO対策 」や「SEO 」でYahooの100位台まで上がってきたわけだから、40%くらいあれば結構戦えるということにはなる。

SEO (Search Engine Optimization)という視点から見ると、このブログのテーマはあくまで「SEO対策 」なので関連性の薄い記事をサイト内に増やすのはあまり良く無い。
サイト内に「SEO対策 」と関連性の無い記事が増えると、ビッグキーワード「SEO対策 」での順位は落ちてしまう。
検索エンジンはサイト内部のリンク構造を見ている。
「サイト内部のどんなページからリンクされているか?」、「サイト内部のどんなページへリンクしているか?」、こう言った事がターゲットキーワードでの検索順位に大きな影響を及ぼす。

サイト内部の「SEO対策 」と関連性の無いページ群からトップページに対してリンクが張られるとその影響をトップページはモロに受ける。
つまり、ビッグキーワード「SEO対策 」での順位を下げる事になる。

SEO対策 」と関連度が無くても、読者の役に立つ記事だと思うなら書けばよいのだが、増やし過ぎないように意識する必要はある。
サイトテーマに沿った記事と沿わない記事の「比率」を意識する必要がある。
少なくとも50%くらいはサイトテーマに沿った記事を書きたい所だ。

サイトの主たるキーワード(=テーマ)から外れる記事がサイト内に多いと、主たるキーワードでの検索順位に悪影響を及ぼす事になる。
そういう場合は、ページURLは削除せず、記事内容だけテーマに沿った内容へと差し替えるのをお薦めする。
せっかく検索エンジンにインデックスされ兵力となっているページを削除する事も無い。
トンちゃんは20ページ近く削除してしまったが・・・・・^^;。

記事を量産するばかりがSEO対策 では無い。
サイトの主たるテーマから外れるページの記事内容だけ関連する内容へと差し替えるのも有効なSEO対策 である。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。