SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
SEO対策 を意識したURLの階層の分け方って分かりますかね?
結構、簡単ですよ。
サイトを作る時、いちいちSEO対策 を意識して制作している方は殆ど居ないでしょう。
商売でWebサイトを運営していない限り必要無いですからね、SEO対策 は。

商売でWebサイトを運営している方は、Webサイトを構築する前の段階からSEO対策 を意識してサイト設計を考えないと駄目ですぞ。
商用サイトを設計するに当たって一番大切なのは、その商用サイトのテーマ。
その商用サイトは「何をテーマにしたサイトなの?」という質問に一単語なり二単語程度で答えられるのがベスト。
私なら、サイトのテーマは「SEO 」だったり、「SEO対策 」という所ですわ。
貴方のサイトのテーマは何ですかね?

それに答えられたら、そのキーワードを貴方の商用サイトのドメインに含めましょー。
私なら、ドメインはこんな感じになる。
seo .com」
このドメインをトップページにするわけですな。
「http://seo .com/」

で、そこからはSEO対策 を3分割して、「YahooのSEO対策 」「BingのSEO対策 」「GoogleのSEO対策 」というテーマに分けると。
URLにすると、こんな感じ。
「http://seo .com/yahoo/」「http://seo .com/bing/」「http://seo .com/google/」
このURLを見れば一発で分かるでしょう、テーマが。
「http://seo .com/yahoo/」なら「SEO対策 を扱った企業がYahooについて論ずるんだな」と。
「http://seo .com/google/」なら「SEO対策 を扱った企業がGoogleについて語るんやなぁ」と。

「YahooのSEO対策 のHITSアルゴリズムについてのページ」なら、「http://seo .com/yahoo/hits.html」となるわけ。

例えば、YahooのSEO対策 について書くからと言って、「http://seo .com/yahoo-seo /」というディレクトリの切り方はしないほうが良い。
「http://seo .com/yahoo/」これで十分であるし、これが正しいディレクトリの切り方になる。
ルートディレクトリ「http://seo .com/」の部分でSEO というキーワードを含んでいるのだからこれで検索エンジンに十分伝わる。
さらに、サブディレクトリで「http://seo .com/yahoo-seo /」等と切るのは少しシツコイといえる。
「yahoo-seo 」などという切り方をしなくても、「yahoo」で十分。
seo 」をテーマにしたサイトの「yahoo」に範囲を絞って論じるんだろうなと、検索エンジンは理解するので心配する必要は無い。
検索エンジンは馬鹿では無いので。
URLの階層の一つ一つをしっかり見ているから変な事はしないほうが良い。
「http://seo .com/yahoo/」で十分だし、こちらのほうがシンプルで気持ち良いでしょう。

ドメインにはサイトのテーマたるキーワードを含める。
ディレクトリでは、テーマ内で範囲を絞ってさらに具体的なキーワードを設定する。
さらに下位の階層に位置するファイルでは、より具体的なキーワードを設定すると。
これが、SEO対策 を意識したURLの階層の分け方ですじゃ。
シンプルでしょう?^^v
シンプルだけど、これが最良のURLの階層の分け方ですわ。
シンプル・イズ・ベストで行きましょう。

URLの階層が深くなるほど、テーマが絞られて行くようにディレクトリやファイル名を設定すると良いでしょう。
上の例なら、「SEO >Yahoo>HITS」という順番でテーマが絞られて行くのが分かるでしょう。
逆に言うと、URLの階層が浅いほど、テーマの範囲が広くなるわけです。
URLの階層が浅いほどディレクトリのキーワードは抽象的になり、URLの階層が深いほどディレクトリのキーワードは具体的になるとも言えるでしょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。