SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱


テーマ:
キーワード「濃いSEO 」の2位から12位迄の11ページ全て独占してみた^^v。
名付けて高密度集中戦略!(笑)
「濃いSEO 」は商用キーワードでは無いので、独占もそんなに難しくは無い。
イヤ、待てよ、SEO 関連のキーワードはSEO 業者にとっては情報発信の仕方次第で全て商用キーワードとなり得るか^^;。
一応申し上げておくが、Yahooで上位独占をする場合と、Googleで上位独占をする場合ではSEO の戦略も戦術も変えていく必要がある。
もっと具体的ににいうとサイト設計フェーズから変えて行く必要がある。
上記例は、Googleでの結果であり、Googleでのケースよ。
Yahooでの上位独占ならトンちゃんはSEO の戦略も戦術も全て変えていきまっせ。

「濃いSEO 」という、たいしたキーワードでないが、検索結果の1ページ目の9割を占拠したわけだから、ボチボチじゃ。
だけど、1位が取れて無いのが残念。
さすがに、お相手さんは強い~^^;。

高密度集中戦略・・・。
要は、トンちゃんのSEO 技術を駆使して、商用キーワードの検索結果ページの上位を独占して売上を上げて行きやしょうって戦略ですわ。
仮に検索需要が少ないスモールな商用キーワードであっても上位独占すれば売上上がりやすくはなりまっせ。

問題は、高密度集中戦略で上位を占有してもそれを維持出来るかどうかですじゃ。
SEO 業者の多くは、「上位表示させます!」とは約束するが、「上位表示させてそれを維持します!」とは約束せんよね。
ここで、SEO 能力の差が出るわけね。
どんな商用キーワードでもよいから、継続して見ていてごらん。
上位を維持し続けているページと、一時的に上位表示されてその後下降していくページに分かれるから。
一時的に上位表示させるなんて簡単さ。
目をつぶっていても上位表示が出来るとは言わんが、目を開いていたら出来そうだ(笑)。
問題はその「上位表示状態を長期で維持出来るのか?」だ。
ここが、SEO対策 人としての腕の見せ所ですじゃ。

先程のキーワード「濃いSEO 」でも同じ事。
ずーと、観察してるとね、一時的にせよ1ページ目に来るサイトがあるのね。
でもにぇ、上位を維持する事は出来んのよね。
それらのページは。
トンちゃんのページと弟子のページ達の「力」によって下位へと弾き飛ばされます(笑)。

SEO対策 人は「上位表示をさせる為のSEO 能力」を磨く事は大事だよ。
だけんどね、それだけじゃなくて「上位を維持するSEO 能力」も磨かんとWeb上で売上を上げ続けるのは難しくなるでしょうな。
まっ、Webのプロモーション手段はSEO を駆使した検索エンジンからの集客だけにあらず。
色々な、インターネットのプロモーション手段をミックスして戦い抜けば良いんだが、それでもやはーり、通常のオーガニック検索(検索結果リストの広告リンク部分を除いた検索アルゴリズムに従って表示される部分)で上位を維持出来たら心強いもんでごわす。

プロモーションについてもちっと言うとですな、売上を上げるのに何もWeb上のプロモーションだけに限定する事も無いわけでござんす。
Webサイトで売上を上げるというビジネスモデルであっても、Web上でのみプロモーションを行うという戦略をとる必要は無いわけです。
Webで無い現実世界のプロモーション手段もミックスして戦って行くべきだと思っておりやす。
これはSEO 業者だって同じですじゃ。
売上(=収益)と利益を上げるのに、Web上のプロモーション手段のみに拘る必要は無いって事。
おっと、SEMの範囲から話が飛び出そうなんでこのへんで止めます。

話をWebのSEO対策 に戻しますが、SEO をアウトソーシングする時は、「上位に留まり続けるSEO 能力」があるSEO 業者さんを選ばんと駄目っちゅう事を覚えておいてください。
特に、意思決定をする立場の経営者・企業家・マネジャーさんは資金を溝に捨てずに済むように「検索結果の上位に留まり続ける能力がそのSEO 業者にあるのか?」を基準に見極めてください。
検索アルゴリズムを理解していないと、まーず上位の維持は無理でっせ。
競合ひしめく商用キーワードではの話ですがね。

競合がひしめかない非商用キーワードなら、一度上位表示されれば、基本的にはずーと上位維持は可能かもしれませんがね。
可能「かも」としたのは、サイトの運用の仕方によっては可能で無い場合もあるからです。

最後に申し上げておきますが、SEO対策 は一度施したらそれでお終いではありません。
検索エンジンのアルゴリズムは「あれ」を評価するので、継続的なSEO 作業が必要になります。
一時的な上位表示にはSEO のランニングコストは掛かりませんが、上位表示を「維持」するのであればランニングコストは掛かります。
SEO対策 を一度やればランニングコストが掛からない!」等という幻想を抱くのはその方の自由ですが、SEO の「幻想」とSEO の「現実」は違いますんで、SEO はランニングコストが掛かると覚えておきましょう。
キーワード広告への出稿で費用が掛かるように、SEO でも費用は掛かるのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。