SEO対策壱,トンケン経営研究所【高品質・中長期】価格に見合う価値を提供

東京都のSEO会社、トンケン経営研究所 SEO事業部の「1代目SEO情報ブログ」。Tonken SEO情報ブログ壱

毎日、キーワード順位をチェックする事で「何をやる」とSEO のレッドゾーン突入するか見えてくる。

基本的に、SEO のレッドゾーンに入らないSEO対策 をやる必要があるのだが、何がSEO のレッドゾーンなのかは、実際試してみないと分からない。

「検索エンジンスパム」または、「SEO スパム」という言葉を使ってSEO のレッドゾーンを説明されているSEO の専門家は多いが、検索エンジンのアルゴリズム自体が日々変化して行くので、自分で試すのがSEO のレッドゾーンを知る一番確実な方法だと思う。


トンちゃんはSEO対策 者なので、当然知識として「検索エンジンスパム」に何が該当するのか、「SEO スパム」にどんな施策が該当するのか把握している。

SEO のレッドゾーンを「知識」として把握しているが、当てにはしていない。

やはり試す必要がある。

「短期間での大量被リンクはSEO スパムになるのかどうか?」だとか、「キーワード出現頻度(キーワード出現率)が極端に高いとインデックスは削除されるか?」だとかね。


トンちゃんの場合、キーワード出現頻度(キーワード出現率)が、10%を軽く越えるような「長文」のページを沢山持っているが、1位表示だったり、上位表示されているので「キーワード出現頻度(キーワード出現率)が異常に高いからSEO スパムだとか、検索エンジンスパムだとは言えないな」と思っている。


結局のところ、SEO のレッドゾーンは現在上位表示されているキーワードでの順位を日々チェックして行くことで割り出して行くしかないと思う。

あるSEO 施策を行ったら、キーワード順位が大幅に下がったとする。

この場合は「もしかしたら今のSEO 施策はレッドゾーン?」と疑わねばならない。

他の上位表示のキーワードでも同じSEO 施策を行ってみて、順位が大幅に下がるならやはりSEO のレッドゾーンの疑いありとなる。

トンちゃんの場合はこの手法でSEO のレッドゾーンを割り出している。

上位表示されているキーワードが大量にあるので、それらの順位の変動を見ながら、何かがSEO のレッドゾーンで、何がSEO のレッドゾーンには入らないのかを分別していくわけ。

サンプルとなる上位表されているキーワードの数が多ければ多いほど、SEO のレッドゾーン判定の精度は増していく。


「そんな事やってる余裕は無いぞ、トンめ!」とおっしゃる方もいるかと思う。

そういった方々は、「SEO レッドゾーン」では無くて、「SEO スパム」だとか「検索エンジンスパム SEO 」等の言葉で検索されてみると良いのでは?

基本的に、検索して関連度の高い情報を返してくれるのはGoogle検索なのでGoogleでSEO 情報を探す事をお勧めする。

Yahoo!検索(YST)は検索しても関連度の低い情報を返してくる事が多いのでイマイチ^^;。

Google殿と同じバックリンク(被リンク)の評価手法にYSTが変えれば関連度の高いページがYahoo!でも上位表示されるようになるんですがね。

そうなると、大量被リンク供給型のYahoo特化なSEO業者さん達は駆逐される事になるが^^;。

トンちゃんが思うに、SEO 業者にとって本当に上位表示(1位表示)が難しいのはYahooでは無くてGoogleでしょうな。

理由は・・・・。

詳しい事は機会があれば書こうと思う。


さて、話をSEO のレッドゾーンに戻すが、とにかくSEO のレッドゾーンを知る為の一番良い方法は自サイトですでに上位表示されているキーワードでの順位を毎日追っかけて行く事である。

どうしても事前知識が欲しい場合は、「SEO レッドゾーン」では無くて、「SEO スパム」や「検索エンジンスパム SEO 」等でGoogleで検索する事である。

SEO 業界では、「SEO のレッドゾーン」の事を「SEO スパム」だとか、「検索エンジンスパム」と呼ぶので頭に入れときましょう。


「キーワード SEO スパム」「被リンク SEO スパム」「発リンクSEO スパム」等で更に具体的に調べるのもありですな。

「レッドゾーン」というキーワードを使って、情報発信するSEO対策 者は少ないと思うので良い情報にぶつからないかもしれない。

「言葉を知っている」という事が「検索」ではとても重要です。

良い情報を得る為には、「言葉を知る」必要がある。

良い情報を得ている人達は、「言葉を知っている」んですよ^^。

「言葉を知らないと良い情報は得られない」・「言葉を知らないと良い情報は入って来ない」という世の中の事実も「知って」おく必要があります。

これはトンちゃんの「意見」では無く、「事実」ですから。


「言葉を知る」努力をやめたら、そこで試合は終了ですじゃ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

トンちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。