格安SEO対策会社 トンケン経営研究所 【高品質・中長期】 東京都

外さない被リンク獲得代行。東京の格安SEO会社。顧客サイトのYahoo・Google上位表示実績(1位等)多数。トンちゃん3代目メインブログ。Webコンサル(SEM・集客・戦略)


テーマ:
Yahoo検索ユーザーがターゲットならYahoo関連検索ワードでキーワード選定をしたほうが良いです。

Yahoo関連検索ワードというのは、Yahooの検索結果画面の一番上と一番下に表示される複合キーワードのリンクの事です。

2010/3/7 現在、Yahoo検索にて、「SEO」で検索するとYahoo関連検索ワードとして検索結果の上部に「SEO」の複合キーワード「Yahoo SEO」や「SEO テキストリンク」が並んでいます。

格安SEOサービス会社 東京のトンちゃん 検索エンジン対策

検索結果下部には、「SEO」の複合語として「Yahoo SEO」や「SEO テキストリンク」や「バックリンク SEO」が並んでいます。

格安SEOサービス会社 東京のトンちゃん 検索エンジン対策

Yahoo関連検索ワードというのは、貴方が検索した単一キーワードとの組み合わせでYahoo検索ユーザーによって頻繁に検索されるいる複合キーワードの事です。
貴方が「SEO」という単一キーワードで検索すると、Yahoo検索ユーザーが実際に直近で「SEO」と組み合せて検索した検索クエリ(SEOの複合キーワードの事)が検索結果上部と下部に表示されるわけです。

このYahoo関連検索は需要そのものなので、この複合キーワードでYahoo検索で上位表示を達成すれば確実にYahooの検索ユーザーは貴方のサイトにやってくるようになります。

Google検索にも、検索結果画面にYahoo関連検索ワードのような複合語のリンクが表示されますが、こちらはGoogle検索ユーザーの需要ベースのリンクでは無いのでGoogle検索ユーザーの「需要」を調査する上では使えません。
Google検索ユーザーの需要を調査したいなら、Google Adwordsのキーワードツールを使いましょう。

但し、このGoogle検索のGoogle関連検索の複合キーワードでGoogle検索にて上位表示を達成すれば、やはりYahoo関連検索ワードでYahoo上位化を達成した時と同じように「Google検索ユーザー」が実際に貴方のサイトにやってくるようになります。

しかし、注意して頂きたいのは、Google関連検索の複合語でYahoo検索で上位表示してもYahoo検索ユーザーにはリーチ出来ない場合が多いという事です。
Google関連検索の複合語は、「需要」では無いからです。
Google関連検索の複合語は、Yahoo検索ユーザーの「需要」で無いばかりか、Google検索ユーザーの「需要」でもありません。

このGoogle関連検索の複合キーワードでGoogleにて上位表示すれば、それなりの数のGoogle検索ユーザーにリーチ出来ますが、同じ複合語をYahooで上位化させてもYahoo検索ユーザーが検索する「言葉」で無いなら、Yahoo検索ユーザーには全くリーチ出来ないわけです。

なので、Yahoo検索ユーザーがターゲットで彼らにリーチしたい場合は、Yahoo関連検索ワードの複合語でYahoo検索にて上位表示を目指す必要があります。

Yahoo SEO

>>Yahoo SEO
>>Yahoo SEO対策
>>Yahoo SEO


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。