格安SEO対策会社 トンケン経営研究所 【高品質・中長期】 東京都

外さない被リンク獲得代行。東京の格安SEO会社。顧客サイトのYahoo・Google上位表示実績(1位等)多数。トンちゃん3代目メインブログ。Webコンサル(SEM・集客・戦略)


テーマ:
SEO格安 サービス会社 トンちゃん経営研究所>

前回の記事「ヤフー検索で「Yahoo SEO対策」1位と「Yahoo SEO」1位のアクセス数と難易度の違い 」は、カテゴリ「とんちゃんSEO活動日記」に入れておいた。
昔のトンちゃんなら、間違い無く「Yahoo SEO対策」カテゴリに放り込んだだろう。
このページは、キーワード「Yahoo SEO対策」やキーワード「Yahoo SEO」を連呼している為、Googleでは比較的簡単に「Yahoo SEO対策」や「Yahoo SEO」で上位化させられる。

個人的な見解だが、GoogleのSEO対策は意味を理解するセマンティックSEOからは程遠いと思っている。
いまだに、キーワードSEOが通用するのがGoogleである。
LSI(Latent Sematic Index)を重視するのは貴方の勝手だが、まだまだGoogle検索はそんなセマンティックなレベルには達していないというが私の見解だ。
GoogleのSEOにおいては、今でもセマンティックSEOでは無く、キーワードSEOが重要である。

検索エンジン会社の人間が口にする理想と、実際の検索エンジンの現実の間には大きな乖離がある。
繰り返すが、今でもGoogleで通用するのはキーワードSEOだ。
セマンティックSEOで無ければ通用しなくなるのはまだまだ先。

前回の記事は、セマンティックな視点で見れば「Yahoo SEO対策」や「Yahoo SEO」については何も語っていない。
キーワード「Yahoo SEO対策」や「Yahoo SEO」を連呼しているだけだ^^;。
GoogleでセマンティックなSEOでなければ通用しないなら、前回のページを「Yahoo SEO」や「Yahoo SEO対策」というキーワードで10位内に押し込む事は不可能なはずだが、現実のGoogleはキーワードSEOが通用するので10位内に押し込む事は可能である。
10位内というか1位を取る事も可能である。

話を戻すが、前回の記事は当然意味の上では「Yahoo SEO対策」や「Yahoo SEO」を論じたページでは無い。
ただのトンちゃんのSEO対策の活動日記である。
しかし、キーワード「Yahoo SEO対策」や「Yahoo SEO」が連呼されている為、Googleでは容易に上位表示されてしまうのである。

GoogleのSEO対策では、キーワードSEOとセマンティックSEOのバランス考えながら実作業を行う必要がある。
現状は、「キーワードSEOを重視しつつ、セマンティックSEOにも配慮する」といった感じでGoogle対策を行った方が上手く行くだろう。

Google SEO
Google SEO対策
Google SEO



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。