2012年10月29日(月)

第8回日本海マスターズ

テーマ:水泳の話
ポジティブ?ネガティブ? ブログネタ:ポジティブ?ネガティブ? 参加中

All About 「コーチング」小さな諦めから自信回復する方法
All About 「コーチング」ポジティブ思考が不幸を招く


 第8回日本海マスターズ水泳大会富山に参加してきました。
 第2回から参加しているため、もう7年連続でこの大海に出場していることになります。
 水泳を再開してから、「もうそんなになるのか」 という感慨すら覚えました。

 昨年あたりから今年にかけて、泳げば泳ぐほど記録を落とす自分がいました。それが、ようやく記録的な底を打つことができたようです。ほんの少しですが、復活の兆しが見えました。もちろん、それは嬉しいことです。しかし、今回はそれ以上の収穫として 「泳ぐことが嬉しい」 と素直に感じられました。

 水泳の練習は単調で苦しいものです。
 わたしが通っているスイミングスクールの待合室のポスターに、こんな文章が載っています。

 逆転するのは、きつくて、
 きつくて、きつくて、きつくて、きつくて、きつくて、
 すごく気持ちいい。

 これを読むたびに 「ほんとうに水泳って、そうだなあ」、と思います。
 だから、よく 「なんでこんなことを続けているのかなあ」 と自問自答することもあります。
 いっそ、スキーを止めてから、打ち込んだ方がよいのでは…などと思ったこともあります。
 正直に書くなら、ネガティブとポジティブの間を揺れ動く自分が、常に存在しているのです。

 少し前になりますが、ポジティブとかネガティブとか、スポーツ関係者の間でさんざん議論された時代がありました。最初はネガティブ思考はいけないという話から始まり、そうでもないという話が出てきたり、少し脱線してペップトークの話に変わったり、紆余曲折してきたようにも思います。

 わたしの家内は、ここ数ヶ月水泳については絶好調で、泳ぐたびに生涯ベストを更新しています。ところが、よく聴いてみると、ネガティブな発言がとても多いです。
 いっぽう、わたしの周りにいる超人とも云える人たちには、もの静かな人もいらっしゃいますが、総じてたいへん明るく、ポジティブと云える生き方をしている人が多いようです。

 その理由は、彼らが、一往に恵まれているからなのでしょうか?
 スーパーマンとも云える彼らですが、よく尋ねて見ると、誰もが仕事の悩みや健康の悩み、人生の悩みを抱えていらっしゃるとわかります。だから、恵まれているからポジティブな訳ではないのです。彼らは、ただ、それらの悩みに潰されることなく、それを押し返すだけのエネルギーを持った方たちのようではあります。


 昨日の日本海マスターズで、70才代の岩本光司さんが世界新記録を達成されました。
 岩本さんは、あの東京オリンピックのポスターの中で、バタフライを泳がれている方です。わたしが受ける印象は、物静かな人格者と云ったところでしょうか。
 昨日も試合前、岩本さんは長い時間プールに向き合って、静かに座っていらっしゃいました。

 そんな彼が泳ぎ終わり、掲示板を振り返り、世界記録を確認し、片腕を挙げたとき、全身から喜びが伝わってきました。プールから上がり、世界記録の表彰を受ける時、彼の表情から静かな達成感が伝わってきました。
 その時、「ポジティブって喜びの感情なんだ」 と思いました。

 あの達成感と喜びは、彼の限りない、それこそ60年を超える厳しい努力の上に成り立っています。だからこそ、周りの人に、深く貴重なものだと、納得させる何かを持っています。

 わたしは記録が落ち続けるのを、とても気にしていました。
 いつか、また自己新を出したいと願い続けてもきました。そうできればもちろん嬉しいですが、そうならなくても努力を続けたい。
 昨日の大会のどこかで、それを意識したのです。

 ポジティブもネガティブも、同じ感情の振り子の上にあります。
 もしかしたら、片方に大きく振れるほど、反対にも大きく振れるのかもしれません。

 でも、振れない振り子は動かないように、生きると云うのはポジティブとネガティブの間を動き続けることなのでしょう。そして、両者があるからこそ、どちらも存在できるのでしょう。
 時にポジティブに、時にネガティブに、どちらも受け入れ、これからもわたしは歩んでいこうと思えるようになりました。

シッダールタ (新潮文庫)/ヘッセ

¥420
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:ほめすぎです。

>岩本光司さん

 岩本さんからご連絡をいただき、光栄です。
 わたしの家内もそうですが、あの日の岩本さんから、ほんとうにたくさんの刺激をいただきました。
 ありがとうございます。
 松本さんや岩本さんを見ていると、人生がまだまだおもしろくなりそうに信じられ、嬉しくなります。
 これからも素晴らしい泳ぎを見せてください。
 よろしくお願い致します。

5 ■ほめすぎです。

私は決して物静かな人間ではありません。
ただレース前で緊張していただけです。
それより角皆さんの様に表現力豊かな文章を書ける方がうらやましく会う前から尊敬していました。記録の件ですが松本さんの存在が色々な麺で大変 大きいと思います。これからもお付き合いのほどよろしくお願いします。

4 ■反発心

私の水泳の先輩でもあるT田さんが年齢に反比例して泳いでやる、タイムを落としてたまるか、といっていたのをいつも心に刻んでいます、レース3日前は夕食を腹6分目、禁酒・・・レース前日に300~500グラム体重が落ちればベスト、レースが終ったら腹いっぱい食べてうまい酒を飲むんだよ~と。今はなき国体30歳以上の自由形で3位に入賞した時のことでした。私は前日も当日もおいしい宿の食事をたらふく食べて、軽く一杯飲んで体重が1キロ増えていました。もう16年前の話ですが今でもこのときの事はキモに命じています。私はついつい食べ過ぎてしまう、体重コントロールが出来ません。地方に行くとおいしいものが多いので前日は食べてしまいます。当日の朝食も食べ過ぎてしまいます。普段は朝が牛乳だけか食べない事が多いのに・・・選手として本当にちゃんとしなきゃ、と反省します。年齢に反比例して体重を落としていき、タイムを上げていこう、戻していこう、もう一度ベスト出そう、と。10年前に記録に戻りたい、と思っています。

3 ■無題

日本海マスターズお疲れさまでした!
少しずつの復活…いいと思います!
自分もいいタイムではなかったですが、まだまだ挑戦する機会はあるので、修復してまたレースに生かしていきます!

2 ■無題

私も長い間、ネガティブな結果が続いてきました。 これがポジティブ方向へ向かって折り返してくるのかと思うと、この振り子を止めるわけにはいきませんね。
復帰前に良いお話を聞けました。
ありがとうございます。

1 ■どっちでもないと

私は思います。戦場での生き残るのは我先にと勇敢に飛び込んでいく奴ではなく臆病な人間だといいます。なぜなら血気盛んに動いたり余計な動きや声や音を出す奴は真っ先に標的にされるからです。息を潜めて静かに戦況を見ながら臆病なくらい慎重に動く奴ほど実は生き残り成功するのです。勝手に動いたり音を出したり、まして天皇陛下万歳などと声を上げて突っ込んでいく奴は勝手に行け、と思います、そして頼むからそれは部隊から離れた場所で勝手に1人玉砕をしてくれと祈ります、我々が巻き添えを食ってしまったらたまりません・・・スポーツでもどちらかと言うと強い人ほど静かな方が多いように感じます。見るからに周囲を威嚇して強いぞ、と鼓舞するほど実は・・・。サムライも本当に強い剣士は静かです。ヤアヤア・・・としないで黙って一閃・・・カラテ家もすれちがいザマに相手が倒れる、という交差法が極意だといわれています。どっちでもいいので男は黙ってガッツポーズ、ですね。ベストが出たらレースが終ってクールダウンする時に水に飛び込んで水中でやったーと叫ぶ・・・出てきたらさりげなくスマイル・・・こんな人が私の周りには多いですね。日本人的で控えめでいいですよね

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。