2012年06月04日(月)

今年初の水泳大会

テーマ:水泳の話
 昨日、今年初の水泳大会となる長野県マスターズ・スイミング・フェスティバルに参加してきました。
 結果は散々…というほどでもありませんが、決してパッとしたものではありません。
 反省点がたくさんあることを実感しました。
 …ということで、以下は自分にむけての戒めです。

 まず昨年から続く、体調管理のまずさが問題です。
 昨年のスキーシーズン直前、二週間以上も寝込みましたが、スキーシーズン開けも、まったく同じ症状に陥ったことが問題です。これで本来泳ぎこむべき5月に、ほとんど泳げない状態になってしまいました。
 要するに一日一日を頑張ることが目標になってしまい、その後の休息や回復を考えに入れられていないのです。『大丈夫だろう』 という甘い予想で行動しているのですが、決して大丈夫ではないのです。結果、エネルギーと時間の大きな無駄遣いになっています。それだけ余裕のない毎日をすごしているともいえます。
 成長期にある若者なら、それでも良いのでしょう。しかし初老という年になると、それではやっていけません。やはり、もっともっと練習と休養のバランスを考え、体調を崩す以前に回復期を置くべきです。
 根底から練習方法の見直しも必要でしょう。

 試合当日の集中力も、甘かったです。
 いろいろ試してはいるのですが、早く試合当日のパターンを作る必要があります。


 こうしたことを考えていたら、わたしの必要としていることが、現代の日本社会と似ているような気がしてきました。
 なぜなら日本の社会はどうみても、成長期から成熟期へと移行してしまっているからです。
 そんな時に成長、成長と頑張ってみても、体調を崩す原因となる場合が多いもの。
 調整や体力配分が、成長するためにも、より大切となってくる段階なのかもしれません。

 期せずして増税問題で 『税の分配』 が問題とされていますが、同じように 『体力の分配』 を真剣に考えないと、体調を崩すばかりか、怪我とか故障というより大きな危機に見舞われてしまうかもしれません。

 成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)/波頭 亮

¥819 Amazon.co.jp

 昨年は久々に良いタイムを出せた長野県スイミングフェスティバルでしたが、今年はダメでした。昨年はこの大会をピークに下降線に入ってしまったので、今年はここから上昇曲線に持っていきたいです。そのための方策を、じっくり考えてみます。
 次の試合は三週間後になります。
 それまでコツコツと努力を積み上げます。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:頑張ってますね

>ALAさん

 ご連絡、ありがとうございます。
 柳澤さんから荒木さんの泳ぎをお聴きしておりました。28秒台とは素晴らしいですね。
 わたしはまず、29秒台をコンスタントに出せるようトレーニングしていきたいと考えています。
 近頃、頑張ると体調を崩すので、そのあたりの改善が最初になりますね。
 お互い傷を持つ身ですが、まだまだ前に行きたいものですね。
 お会いできる日を、心から楽しみにしております。今度は柳澤さんたちと食事でもご一緒したいです。よろしくお願い致します。

1 ■頑張ってますね

ご無沙汰してます。
東洋電子で結果は拝見いたしました。
謙遜なさってますが、ずば抜けていますね。
結果に満足しないのはご自身に厳しいのでしょう。いい覚悟だと思います。
私も同じ日に富山短水路大会でした。
100バタは4秒台のベストでした。
50バタでシンペーさんと隣あわせの真剣勝負。
28.71でタッチの差で勝つことができました。
実はぜん息を患いまして、苦しい中でのレースでした。
病気と闘いながら頑張っていこうと思います。
トナカイさん、「試練は乗り越えてこそ」です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。