2011年04月25日(月)

2011年日本マスターズ水泳短水路長野大会

テーマ:水泳の話
 今年初の水泳大会に参加してきました。
 大地震のため「参加者は少なめか」と思いきや、例年通りたくさんのスイマーが勢揃いしていました。
 会場は意欲に溢れた方々の活気と熱気にあふれていました。

 今年の冬、練習量を大きく減らし、練習方法を変えたわたしですが、やはりそう簡単に結果にはつながりませんでした。
 25メートルのバタフライと自由型に出場したのですが、バタフライはそこそこ、自由型は非常に悪い記録でした。やはりどんな物事も、しっかり時間とエネルギーをつぎ込まない限り、結果につながらないことを再確認したように思います。結果への簡単なショートカットは存在しないのでしょう。
 スキーシーズンも残り二週間なので、だんだん水泳につぎ込むエネルギーを増していきます。
 昨年のような不完全燃焼のシーズンにならないよう泳ぎを積み重ねていきます。

 自由型のタイムに心底がっかりしたわたしですが、嬉しいこともありました。
 昨年度のマスターズ水泳ランキングを観ると、50メートルバタフライ(長水路)で1位になっていたのです。年間ランキング1位というのは初めてのこと。やはり嬉しいです。25メートルバタフライ(短水路)もランキング2位となっていました。

 「スキーがなければ、もっとタイムがあがるはず…」と考えてしまうこともありますが、わたしの場合はスキーがあってこその水泳と感じています。水泳のように体格や体型の影響するスポーツばかりやっていると、自分の短所に目が行きすぎて、辛くなってしまうかもしれませんから。
 一喜一憂せず、これからの水泳シーズンをすごしていきたいものです。

 以下は本の話です。
 以前に本の話を書いてから、4冊の本を読みました。
 英語のものを2冊。翻訳を1冊。日本語を1冊です。
 そのなかで、いちばんおもしろかったのが以下です。 

 アメリカとともに沈みゆく自由世界/カレル・ヴァン・ウォルフレン

¥1,890 Amazon.co.jp

 前回読んだカレル・ウォルフレンもとてもおもしろかったですが、こちらもたいへん興味深い内容でした。
 これからの世界における日本の立ち位置を考えるためにも、地震以後の日本を考えるためにも、たいへん参考になるお薦めの本です。
 今年の25冊目でした。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■ショートカット

ではありませんが以前より1000m練習を自分のスタイルとしてきた私ですが最近は更に700mとか600mでレースに向かうこととなっています。10分足らずの練習で何をできるの?アップ200mメイン200mスピード200mダウン。これがベースです。足りない事は承知ですが仕事で忙しいときや停電で泳ぐ時間がないときにはこのくらいしか出来なかったのです。5分しかない時は200m個メのみで10日間の時もありました。大事なのは毎日水に入ること。たとえ5分でも毎日泳ぐ事で感覚は磨かれます。そして200mの中で4種目泳ぐ事で少なからず筋肉も張りますし息も上がります。ラスト50mはそこそこスピードを上げますので・・・大事に大事に200mを感じながら泳ぐのです。意欲も十分、丁寧に水の感覚とつかみを感じながら泳げます。月に20日以上泳げれば100m種目までなら対応できるでしょう。200m以上だと1回200とか500では厳しいですが800~1000m出来るならメインをアップ200、メイン400~600スピード100、ダウン100でいけると思います。少ない距離での練習はショートカットではなく効率だと思います。500mでもいいと思いますよ

1 ■ドンマイ・・・

なかなか初戦と言うのは結果が出しにくいものです。長年やっていると前回うまくいった練習をしていても今回は出ないとか、昔と同じ練習をしたからといって同じようにタイムが出るわけでもなく常に試行錯誤です。自分の体力やバランスも変わるし環境も変わるので水泳のメニューにはレシピもマニュアルもありません。でも確かなのは自分自身の感覚と自信です。これさえやっておけば大丈夫という準備とレースを想定したペース練習さえ出来ていれば大丈夫だと思います。私も今回は準備不足でペースが上がらなかったのですが次にはしっかりやりたいです。
筋力だけ上がってもタイムは上がらないし難しいですよね。でもトナカイさん、泳ぎの技術が上がっていますから安心してください。25m競技はコンマ3秒~5秒が良し悪しを左右します。飛込みがいつも通りならコンマ3秒ずつ良かったと思います。お互いに頑張りましょう

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。