2010年09月30日(木)

菅内閣と政治の深み

テーマ:徒然なる想い
菅新内閣、支持する? ブログネタ:菅新内閣、支持する? 参加中

私はどちらでもない 派!

本文はここから

トナカイの独り言-Line

 政治ほど難しいテーマはないのですが、ブログネタに 『菅新内閣、支持する?』 というテーマを見つけたので、少し書いてみます。
 わたしは時々、心が淋しくなったり、冷たくなったりするメールやメッセージを受け取ることがあります。その大部分が、政治や政治家について書いた時なので、とても恐ろしい分野だと感じていることを断っておきますね。

 支持するかしないかという問題の前に、まず新政権誕生時に、何を感じたかを書いてみます。
 小泉さんが首相になってしばらくしてから、徐々にですが、「自民党政権に未来を感じなくなっていく自分」がいました。最初は大きな期待を抱いていたのですが。
 そんな変化の原因は読んでいる本やニュースからの情報にあるのでしょう。あえて云えば、「官僚の体制を、自民党では変えられないのでは…」と感じはじめたからです。
 やがて、マスコミの論調が、「自民党でなく、民主党に」 という方向に変わったように感じます。
 マスコミはあられもないほど「小泉さんの自民党」を応援していたのに、いつしか「民主党で政権交代へ」という論調に変わっていました。それがいつかはわかりませんが、確実に変化がありました。もちろん、わたしより先にマスコミが変わり、それに引っ張られる形で、わたしの気持ちが変わっていったというのが事実かもしれません。

 そんな風に乗り、民主党政権が誕生しました。
 新政権誕生には期待感もありましたし、躍動感もありました。
 しかし民主党政権が誕生してからの歩みは、落胆の積み重ねで、悲惨としかいいようがありません。
 事業仕分けも見かけ倒し。
 わたしにとって一番の落胆は沖縄の基地問題でした。「最低でも県外」といっていた民主党はどこに行ってしまったのでしょう。
 沖縄問題イコール日米安保の問題であり、日本国が早急に向かわなければならない問題だと、わたしには信じられます。だから沖縄問題をスタートにして、アメリカとの関係を変える必要があると考えてきたからです。

 そんな大切な沖縄問題が、首相交代ということで曖昧に押し流されてしまいました。
 菅さんなら何かしてくれるのでは…とも思ったのですが、「鳩山さんの辞任で解決済み」などという答えは拍子抜け以外の何物でもありません。わたしのなかで、彼のイメージが大きく損なわれた瞬間でした。
 しかし、奥深い政治の世界ですから、そんな対応の裏側に二重三重に意味があるのかもしれません…。

 世界的な動向に目を向けると、「没落を続けるアメリカ」と「興隆を続ける中国」という図式があります。
 日本経済はすでにアメリカより中国との取引量が多いと聞きます。
 そんな中で起こった尖閣諸島の問題の裏側にどんな意味があるのでしょう。大きな力の押し合い、引き合いが、その事件の裏側に隠れていそうな気がします。

 単純に考えると、中国に近い小沢さんでなく、日和見的な菅さんが首相になったことで、一気に日米安保の強化を企てているようにさえ思えます。
 小沢さんが首相になっていたら 「アメリカから離れ、中国に接近する道」を歩みはじめたのでは…とも思えます。
 日本の官僚組織のほとんどが、アメリカの軍産複合体の息がかかっていると聴いたことがあります。だから小沢さんが首相になって中国に近づくと、一気に支配力を失う構図になったのかもしれません。
 そうならなかった今こそ、中国への不信感や反感を、日本国民の中に強化する作戦に出たのかもしれません。
 …あくまでもわたしの妄想ですが…。

 つまりこれまでのところ、市民運動から生まれた菅さんという政治家に、もっともっと期待したいのですが、残念ながら支持できるようなことをやってくれないというところでしょうか。

 日本という国にはいくつかのタブーがありますが、今こそ、そこに手をつけるべきと感じています。
 沖縄問題への国としての取り組みが、そのきっかけとなるといいですね。
 沖縄問題イコール日米安保なのですから、そこに手をつけ、アメリカとの関係を再構築すべきと考えます。
 その過程で、アメリカに押しつけられた日本憲法をもう一度考え直す必要があるでしょう。

 日本人にはこんな想いがすり込まれていないでしょうか?
 「中国人はずるい」
 「アメリカには正義がある」
 こうしたイメージが、どこから自分のなかに生まれているのか、これをチャンスにもう一度思い返してみることも大切でしょう。
 
 菅内閣を支持したいのだけれど、なかなか支持できないというのが、わたしの率直な感想です。
菅新内閣、支持する?
  • 支持する
  • 支持しない
  • どちらでもない

気になる投票結果は!?

政治家ブログポータル
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■小沢起訴

今日の夕方に一報が入りまた日本の政治は激震、民主党も内閣も揺れますね。
彼が有罪か無罪か?という以前に事実があって、ただそれが立証されるかどうか?事実であっても立証できなければ無罪と言うのが裁判です。彼自身は実力者です。自民党の古きよき時代も申し子です。ある意味、彼しか日本を救えないという思いも感じていますが、時代にそぐわなかったり、いろいろな影の力によってうまくいかなかったりするのが政治なのでしょう。
今回起訴されても、たいしたことにはならないでしょうが、議員辞職へ追い込まれる可能性は高いでしょう。検察も不祥事でなんともかっこ悪いような感じですが、この小沢起訴においては威信をかけてやるでしょう。まあ二度も不起訴とした相手にどう判断をするのか?見ものです。
期待をしています。
それにしても日本国の司法、法務は弱いですね。

1 ■国際観

まず中国民主国家ではありませんから民主主義とか自由貿易とか日本のルールは当てはまりません。友好といいながら一般市民のごく一部でしょうがテレビで見られるようにあの反日感情、行動です。基本的には中国の皆さんの中には反日感情はあるんですよ。日本人はアメリカにもヨーロッパにも(オランダ)ロシアにも、中国にも韓国にも反感ってほとんど持っていないでしょう?でも歴史的にとか感情論、戦争論的には許されない行為をされているのです。両成敗でも痛み分けでもないのです。
アメリカの正義とはなんでしょう?利権を獲得するための戦争もしくは経済制裁等でしょうか?
自分で得ることが出来ないから奪う事しか出来ないのが大国の姿、歴史です。
土を耕し、魚を取り、農耕民族の我々は自力のパワーがある。手元にあるものを分け合ったり助け合って生きるものが脈々とある。対して大国は欲しければ奪うのです、倒してでも奪い正義の力を振りかざす・・・正義なんてなるのでしょうか?ベトナムも朝鮮も湾岸もイラクもどんな正義があったでしょうか?大国の正義とは圧倒的な制圧力しかありません。日本が物量で負けた。精神では負けていない。その精神さえも大国は骨抜きにした。それが憲法です。
日本は脱大国すべきですが今の首相はじめ民主党では???歴史認識をしっかり改めて統一してからやってほしい。戦争認識からしてバラバラです。社民党でも共産でもいいですよ。日本を自力で歩けるように出来るならばやってほしい。
そして国民は一丸となって国家を守るために戦うのです。声を上げるのです。必要ならば人の壁となって立ちふさがってもいいのです。沖縄の人々のように人間が手をつなぎ思いをひとつにして囲めば止まります。
中国の尖閣問題、ロシアの北方領土、どちらも取られてしまいますよ。負けてしまいますよ

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。