2009年02月26日(木)

父親

テーマ:感動

 もう二日前の話になりますが、今シーズン初めて英語でレッスンをおこないました。

 受講頂いたのはアメリカ人の元フィナンシャルプランナー。42才の長身でとてもハンサムな男性でした。

 さまざまな話をしているうち、「どうしてエアレッスンを受けたいと思われたのですか?」と聞くチャンスがありました。

 すると、次のような答えが返ってきたのです。

 「…実は、ティーンエイジャーの息子と、うまくコミュニケーションがとれていないのです。いろいろと方法を考えたり試したりしたのですが、あまりうまく行かず、『息子が大好きなスノーパークで一緒に遊べたら、息子も心を開いてくれるのではないか…』と、そう考えたのです」

 しっかりとわたしの瞳をのぞき込みながら、こう話してくれた彼の言葉に、深く胸を打たれました。

 反抗期の息子と会話するため、エアレッスンに入ったお父さん…。


 どれだけの日本のお父さんが、そこまで考えるでしょう。

 ふと、アメリカの底力を見せつけられたように感じました。

 アメリカはたくさんの問題を持つ国ですが、こうした人がいることも事実なのです。


 そんな彼に、こう聞いてみました。

 「今回の世界的な金融不況はどれくらい続くと考えますか?」

 すると、次のような答えが返ってきました。

 「みなさんが考えているより、傷はずっと深いのではないでしょうか。この傷はアメリカの醜い面が招いてしまった不幸です。アメリカの悪いところ、強欲や、金権主義などが、停まることを知らず進んだ結果です。たぶん多くの人が言っているような1年での回復は難しいと考えます。1年は今より悪くなり続け、最低でも2年以上の不況が続くでしょう」


 こんな倫理観が高く、家族想いの人が、フィナンシャルプランナーを務めていたと云うことも、アメリカの不思議ですね。

 ちなみに、奥さんからはこう云われたそうです。

 「フィナンシャルプランナーをしているあなたは、幸せに見えないわ。もう仕事はやめるべきよ。愛するあなたには、なにより幸せでいて欲しいから…」


 日本にも、人生を真っ向から見つめるこんな家族が増えて欲しいものです。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「感動」 の記事

コメント

[コメントをする]

4 ■無題

アメリカの誰かが今年終盤からは回復基調?回復と見せかけといて実は裏では傷が膿んでいるのではないか?日本も本当に傷んで来るのは来年以降ですよ。安易に楽観的コメントはして欲しくないですね。危機なんだから国はいわば国民の父ですよ・・・毅然として行かないと外国の母に目を奪われてはいけませんよ。
アメリカは巧妙に隠すからね、日本の政治家も分かっているはずなのに・・・アメリカはいざ、極東地域で戦闘状態になったら日本を囮にして自分は他国と同盟を結び再び日本を占領下に起きます。取引条件にされて終わりですよ。
そう思うのは間違いではないと思います。
だから自力をつけて、兵糧攻めにも耐えうる力を蓄えていかないと補給を断たれたら、前大戦での敗走と同じになってしまう。国土を自給率100%に回復させていきましょう。父の威厳として・・・

3 ■無題

奥が深いお話しで・・・父親というのは一家の柱、家族の支えです。日本においてはすっかり枯れていますがね。家族を束ねるのが父親、家族の幸せとは家族がひとつに温かく生活する事。
私は自分の子どもの寝顔を見ていると涙が出ます。ずっとずっと一緒にいたい・・・俺が先に死ぬけども、俺の分までしっかり生きろ、と。
特に息子には毎晩願いを込めています。
世界経済の傷が1年やそこらで癒えるはずがない。今だって茶番劇みたいな事をしているようにもおもう。何か隠してないか?もっとあるだろう?
日米安保や在日米軍問題もロシアとの北方問題も北朝鮮問題も裏があるんだろうな~って。
日本は領土を切り売りしてきた。日本はアメリカに日本の心を売った。日本特有の文化を壊させた。ロシアには北方を売った。何の利権を得たのかな???日米安保の裏には日露安保があるんだよ???両てんびんかけてるのかい?日本は・・・
中国、北朝鮮、韓国にも今や領土主張されたり水利権も奪われたりしたら日本はどんどん独立国ではなく属国家になってしまいますね。だからグアムではないのだけども日本も極東のアメリカだと言われるんです。そんなことを私は高校生の頃から考えてきた。今もますますそれは深まっている。
日本の父親、家族を束ねる父親、本当はカカア殿下のほうが会社も家族もうまくいきますがあえて、父親はそうは言っても最高指揮官です。

2 ■英語で

専門的な事を伝えられる語学力が素晴らしいです。
私も見習いたいです。
上からではなく、子供の目線に立って、考えようとしょている姿は、胸がぐっと来ます。
私も未熟ながら、Nちゃんのママコーチを続けて行こうと思います。

1 ■素敵ですね☆

素敵なお話ですね☆
息子を想うお父様の想いに私も心を打たれました。
奥様の想いにも心打たれます。
愛する人がそばにいても、たとえ遠くに離れていても、
幸せでいてほしいと願うことは、形はどうであれ、「本物の愛」なんだと想います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。