2008年12月13日(土)

体裁を繕うこと

テーマ:まじめな話

 わたしは20才代の前半から30才代の頭まで、ロータリークラブで通訳として働いていました。

 主にカリフォルニアと群馬、新潟の交換留学生の間に立ち、彼らをいろいろなところに引率したり、彼らの会話を訳したり、交流のお手伝いをさせていただきました。この経験は、ほんとうに素晴らしいもので、チャンスを与えてくださったみなさまに、いくら感謝しても足りないほどです。


 そんな通訳の経験中、とても困ったことが一つありました。

 それはたくさんの日本人大学生が、「東京のマンションに住んでいる」と発言したことです。

 マンションは英語で大邸宅を指します。

 英語でマンションに住んでいると言ったら、少なくても部屋数が二桁あり、少なくともバストイレだけで4個所はあるような建物になります。玄関にロータリー型の車止めがあり、二十台くらいの車が止められる家です。もちろん水泳用のプールはあたりまえ。室内温水プールを完備しているところも多いものです。

 だいたい、大学生はどんなことがあっても、北米ではマンションに住みませんね。マンションは富豪の住まいであり、その子息たちのものではありませんから。


 とても困ったマンションという言葉の使い方ですが、誰が何のために流行らしたのでしょう?

 集合住宅を意味するアパートという言葉が、日本ではいわゆるうさぎ小屋の代名詞となりました。そこで、やや高級感のある集合住宅を販売する際に、誰かが考案した呼び名なのでしょうか?

 しかし、このマンションという語を使うことで、たくさんの誤解が生まれてきたことは、あまり知られていません。


 こんな言葉の使い方を、体裁を繕うと云うのでしょうか。

 通訳するわたしは、このマンションを必ずアパートと訳しました。アパートメントという言葉を聞き分けた日本人大学生が、「アパートじゃないっ」と口を突っ込むこともしばしば。そのたびに「英語でマンションとは…」と説明を繰り返しました。


 かつてアインシュタインが日本に来たとき、彼は日本人を絶賛しました。

 「地球に日本人がいることこそ、神が存在する証拠だ」とまで云ったそうです。そして、アインシュタインが讃えた日本人は「質素を好み、虚栄や体裁ではなく、ほんとうの価値を知る国民」だったとのこと。


 そんな日本人も、1980年代の土地バブルで虚栄心にふくらみ、2000年代の金融バブルで強欲にふくらみ、2008年の金融バブル崩壊で、進む道を見失っています。

 アメリカの資本主義経済はまったく行き詰まってしまいました。それはもう10年も前から、わかっていたことです。

 これから先を見たとき、もし手本にする国があるとしたら、わたしはスイスやスウェーデン、フィンランドあたりではないかと思います。今回の金融恐慌の影響もあまりなく、独自の道を歩み続け、一つの形を見せてくれています。彼らにも問題は山積みでしょうが、国家破綻などという危機ではありません。

 それを思ったとき、ふとこれらの国に共通点があることに気づきました。

 それはスイスやスウェーデン、フィンランドはとても美しいということ。

 自然という観点からも美しい国なのですが、それ以上にきれいで清潔な国なのです。まずゴミが落ちていません。次に家がきれいで、清潔です。ほとんどの道具や家財が整然と片づいています。

 そんな意味でも、かつての日本は美しい国でした。

 今はどうでしょう。

 わたしは観光で有名な白馬村に住んでいますが、道の端々に缶コーヒーが捨てられ、コンビニの袋が散乱しています。

 きっとアインシュタインは今の日本を讃えることはないでしょう。

 金融バブルの崩壊を期に、世界中がより美しい国を模索してくれることを祈りたいものです。


強欲資本主義 ウォール街の自爆/神谷 秀樹

¥746 Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

自由と勝手は違います。自由はアナーキーとも違います。法を守り安全で住みやすいことを言います。プライバシーを主張する前に義務を果たせ、生活やルールを守れ。自分がしている事が自分勝手なだけで周りへの迷惑は考えない、気がつかない、分からない、そんな日本人が多いようなこの頃。殺人者にも言い分がある?仕方ない?今までの育てられ方やイジメにあったから仕方ない?司法は一体どうなっているのか?
法の平等なんてないですね。死人に口なし、加害者(容疑者)を保護してどうするの?加害者の家族に不利にならないように?危害を加えられないように保護?では被害者の保護は?犯行の前後は心身喪失だったから・・・当然でしょう。正気で犯行を犯す人なんていませんから。
でも大抵の犯行は実は冷静に実行されているのです。自覚しています。
後悔もするし反省もする。でも罪は消えない。償わないとならない。
アメリカもイスラムに対して罵声を浴びようが靴を投げられようが今後少なくとも何十年と刑期を全うしなくてはならないのでしょうね。
日本は被爆国なのに当事者を許し、洗脳教育を受け、自己否定、告白を強要され、安保の名の下に吸収され言いなりになっている。金融も経済も全ていいように振り回されている。
日本は体裁は良いけども主体性がない。
日本は最もアメリカにとって脅威の国なのだ。国民性、民族性からいってもアメリカは日本が怖い。だから牙を抜かれ精神安定剤を飲まされおとなしくしろ、とコントロールされている。戦争になったら助けます?一番先に放棄されますよ。敵に占領されてから連合軍か国連軍の後からヤアヤアとやってきますよ。日本の独立、国民の奮起を願う。

1 ■無題

日本人は、かつて日本は世界の中でも唯一といって良いくらいの民族国家でした。天皇、神の元に、戦後の1964年頃までは光り輝いていたのです。独自の価値観、生活観、宗教観などが維持されていたのですが工業国家に傾斜するに伴い価値観がモノに移ってしまい心を大事にしなくなってきてしまった。現在ではほんの40年50年まえには残っていた本来の日本人を見ることはほとんどありません。お金はなくても生活には困らない。食べるものには不自由しない。助け合い生きていく・・・人間の原点はそこではないか?
生きる力はそこにあるように思います。
私は何をどう植えて育てるか、なんて全然分かりません。考えてみれば何も知りません。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。