2008年06月09日(月)

200m個人メドレー

テーマ:水泳の話

 秋葉原でたいへんな事件のあった昨日ですが、わたしは長野県マスターズでした。

 ほんとうに平和でなければ、水泳どころではありませんし、もう少し不況が進むと、日本のスポーツ人口すら大きく落ち込んでしまうのではないでしょうか。


 そんな平和と社会の安定の象徴でもあるマスターズ水泳に参加してきました。

 会場で声をかけてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 選手宣誓の簾田さん、ご苦労さまでした。若々しくて、とても生きのいい宣誓でしたよ。



 わたしは何を血迷ったか、200m個人メドレーにエントリーし、ずいぶん前から緊張し、本番も緊張しながら泳いできました。

 高校時代の得意種目で、長水路で2分30秒台中盤くらいで泳いだ種目。


 36年ぶりの2個メでしたが、まったくダメでした。

 短水路の自己記録から30秒落ちの2分58秒でした。

 スプリントの記録は落ちていないので、なんだか泳げるような気になっていましたが、やられました。やはり、思い込みとは恐ろしいものです。

 毎日1万メートルくらい泳いでいたときと、1日置きに2000メートルくらい泳いでいる今とが同じであるわけはないのですが、なぜか50メートルの記録が落ちていないので、「泳げるのではないか?」と思ってしまったのです。反省です。


 2年前やられた100メートル以上にやられました。

 加えて、2個メで体力が尽きたわけではないのですが、50メートルのレースも完敗で、やられっぱなしの一日になりました。

 収穫は、今のような練習で200メートルは泳げない事実に気づいたことです。


 さて、帰りながら、いろいろ考えてみました。

 頑張って時間を創り、200メートルを泳げるようにトレーニングするか、それとも従来のわたしらしい練習を続けるか。

 そんななか、富山県マスターズで荒木さんが2分14秒で泳がれたと知りました。バタフライの柳澤さんも17秒だったそうです。お二人とも、わたしの生涯ベストより早いタイムでした。

 彼らと対抗したい訳ではないのですが、自分の願う記録をめざすには、毎日最低2時間半くらい練習時間を創る必要がありますね。

 また、もし200メートルを泳げるようになったなら、身体能力的にみて、スキーに対して良くない影響もでるような気もします。関節が柔らかくなりすぎたり、瞬発力の低下など…。

 やはり、自分の得意分野であるスプリントに徹したほうがよさそうですね。


 今週は出張が続くので、しばらく悩んでみます。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■お疲れ様です!

昨日は、多くの失敗をしてしまい、16秒と言う最低の結果でしたm(_ _)m

練習し直します。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。