2007年07月16日(月)

ジャパンマスターズ 2007

テーマ:水泳の話

 “ジャパンマスターズ 2007”に参加してきました。

 なんと参加選手数6682名。これは延べ人数ではなく、純粋な参加者数です。

 4日間に渡り、東京の辰巳国際水泳場でおこなわれました。

  
Japan2007

 わたしがエントリーしたのは日曜日の50m自由形と、月曜日の50mバタフライ。


 日曜日の朝は、開場時間ぴったりの8時くらいに着きましたが、台風のせいでしょうか、すでに開門されていました。主催者の暖かい心遣いかもしれませんね。入場してみると、観客席はすでにいっぱい!

 月曜日は7時40分くらいに着きましたが、会場前はものすごい数の選手たちでいっぱい!

 両日の朝とも、マスターズ水泳の勢いを見せつけるような風景が、そこにありました。


 IDカードがなければ入れない管理システムや、応援者や撮影者もすべてIDやゼッケンによる許可制で、まるでワールドカップのようなコントロール。  


 50m自由形は4日間のなかで最大のイベントです。

 なんと参加者3000人。

 わたしの参加した男子の組数は150組。女子に至っては164組という膨大な数です。


 雑誌やホームぺージで見ている有名選手たちもたくさん参加されていました。


 2007年度日本マスターズ水泳短水路大会の記録からみると、わたしは50m自由形で7位くらい…。 そのため、ジャパンは順位でなく、タイムをメインにおいて参加しようと考えていました。昨年度、長水路でかろうじて27秒台を出せたので、なんとかゆとりを持った27秒台を出したいという目標でした。

 結果は27.66。しかも驚いたことに、優勝できました。

 …と言っても、優勝はラッキーです。有名選手二名が棄権されたので、転がり込んできたような…。

 タイムも、わたしにとってはよいものでしたが、ジャパンマスターズの優勝記録としてはもの足りない記録だったのではないでしょうか。

 そんな事実を物語るように、55才からのクラスでは、わたしと同郷で現日本記録保持者の滋野文夫さん、そして自由形の巨人・尼崎弘之さんの対決もあり、見応えもタイムも、50才代より一回りも二回りも上の試合がおこなわれました。

 しかし、なんと言ってもジャパンマスターズという大試合の優勝なので、やはり嬉しいです。


 応援してくださったみなさん、そしてトレーニングに力を貸してくれたみなさん、ほんとうにありがとうございます。これからも、ゆっくりですが、あきらめずに続けますので、よろしくお願い致します。


 月曜日の50mバタフライは4位。これは実力通りの順位だと考えます。


 自由形もバタフライも、もう少しで生涯ベストに手が届きそうなところまでやってきました。

 どんな種目でもいいのですが、なんとか今年中に生涯ベストを出したいですね。

 来年は世界記録保持者で現年齢別世界チャンピオンのバーンズさんと、強豪の荒木さんが、わたしの年代に移動されます。ですから、もう順位をねらっても、あまり意味がありません。バーンズさんは50m自由形を24秒台で泳がれ、最初から相手になりませんから。


 しかし、水泳選手として、わたしのように恵まれていない人間でも、「あきらめない、頑張りすぎない」で続けていれば、けっこう先まで進めることや、みんなが思うほど年にも関係ないことを少しでも表現できたら嬉しいです。

 それに「いつか25m自由形の日本新記録を!」はあきらめていませんよ…。



 今日は新潟や長野に大きな地震がありました。そして、数日前にはショックな連絡があったりと、精神的動揺の大きななかでの大会となりました。きっと、このジャパンマスターズを思い出すと、地震やショックな連絡を、一緒に思い出すことでしょう。



 実は、ジャパンマスターズ2007 には、もうひとつのクライマックスがありました。

 それはもう一年以上もメル友としてすごしてきた高橋大和さんとの出会いです。

 大和部屋というホームぺージに引きつけられ、一気に読んでからファンレターを出してしまいました。それから、何度もメールを交換してきました。

 そんな大和さんに、ジャパンマスターズ会場でお会いしようということになったのです。

 お互いに携帯番号を交換していたのに、忘れっぽい自分は電話機を白馬に置いてきてしまいました。そこで、フォトグラファーの工藤さんの電話を拝借し、相談の結果、初めて会う場所はマスターズ会場にある「雑誌“スイム”のブース前にしましょう!」ということになりました。

 大和さんはスイムに載ったばかりでしたし、わたしもスイムの編集部にうかがったばかりなので、知り合いの多いところで会いたいと思いました。緊張しないように…。


 大和さんの第一印象は、まさにわたしの予想通りビックリマーク

 もちろんスイムなどで写真を拝見していたこともありますが…。

 「30分くらい、お茶でも飲みながら話しましょう」

 そう言って話に熱中し…、気がついたら4時間がすぎようとしていました。


 内容を文章に落としたなら、きっと200ページくらいの哲学書のような水泳の本ができあがったことでしょう。しかも、かなりおもしろい本になったに違いありません。

 わたしは、大和さんをずっと知っていたような、不思議な感覚にとらえられました。

 もしかしたら前世で、すでに親しい友人か、兄弟だったのかもしれませんね。

 またこれから何度もお会いすることになると思いますし、それがとても楽しみです。


 いろいろな意味で、意義深いジャパン・マスターズでした。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■おめでとうございます♪

お疲れさまです(*^_^*)優勝おめでとうございます!(*^▽^*)

4 ■無題

お疲れさまです!優勝おめでとうございます(*^_^*)すごいなぁ♪

3 ■おめでとうございます

優勝おめでとうございます。とても素敵なことですね。これからも楽しみにしております。

2 ■さすがです

根っからのスプリンター魂が爆発しましたね。優勝おめでとうございます。お見事!
私など、もう28秒が切れないので、とてもトナカイさんのライバルになんてなれません。
あれだけ練習したつもりでも、400frは4位。ラスト50はもうろうとするスタミナのなさです。まだまだ未熟です。
大地震がおきて、東京にいる仲間が帰ってこれるか心配です。人生の不条理への思いを深くしています。
それだからこそ、レースでは一瞬でも輝いていたい。お互いに人生半ば、これからです。輝いていられるようスポーツを楽しんでいきましょう。
栄光を手にされ、本当におめでとうございました。

1 ■試合

お疲れ様でした!!
優勝すごいですよ☆たまたまだけじゃ無理なことです。
おめでとうございます!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。