2007年01月31日(水)

ひとを “嫌う” ということ

テーマ:本の話

 久しぶりに、かなりまじめな本を読みました。

 タイトルは『ひとを嫌うということ』。

 「嫌い」をまじめに追求した本です。

 著者が、たいへん身近な人に嫌われ、それを解決するために書いたものと考えることもできます。


ひとを“嫌う”ということ/中島 義道

¥500

Amazon.co.jp


 あまり多くはありませんが、わたしも人を嫌いになったことがあります。

 しかし時と共に、嫌いになった理由の裏側に、自分の嫌いがみえてきたり、自分の嫉妬がみえてきたりすると共に、「嫌い」が薄れていく場合が多いようです。


 しかし、なかなか解決できない「嫌い」もあります。

 たとえば、会ったこともない人から嫌われるケースです。

 アマゾンには一般の方が書かれる書評が載りますが、拙著のいくつかに書かれたものには、強烈な「嫌い」が漂っています。でも、それを書いた人には会ったこともないのです。

 また、人伝えに、自分の悪口を聞くことも時々あります。この場合、言っている人を、わたしが知っている場合は少なく、知らない場合が多いです。会ったことも、口を聞いたこともない人から、悪口を言われる。これを、どうしたらよいのでしょう。なかなか解決する方法をみつけることができません。

 もし知っていたら、「わたしのどこが悪いのか?」を、たずねることもできますが…。

 そんなことを悩んでいたら、数年前よい言葉を発見しました。

 それは田中元首相が言ったという言葉です。

「誰かからワシの悪口を聞くようになったら、『また田中が頑張っている』と思ってくれ!」

 頑張ると、きっと誰かが悪口を言う。そんなふうに考えると、少しは楽になります。


 しかし、傷が深いこともあります。

 たとえば、わたしの「モーグル・テクニック・バイブル」に、徹底的にだめ出しした書評が、アマゾンに載っています。

 しかし、そこに書かれた内容を使って、わたし自身が全日本選手権に優勝したり、プロモーグルで優勝したりしたことは事実ですし、海外有名選手のテクニックの多くが、彼らとの対話のなかで書かれたことも事実なのです。それをダメだと言われても、記録は消すことができません。

モーグル・テクニック・バイブル―基礎から世界のトップテクニックまでを完全解析/角皆 優人

¥2,100

Amazon.co.jp


 この本を書いたときから考えると、わたし自身のテクニックが変化していることも事実です。

 時代によりスキーそのものが変化したりもしています。たとえばモーグル・テクニック・バイブルの撮影に使ったスキーは、190cmと195cmでした。それはルールで、男子190cm以上と決められていたからです。カーヴィングスキーなどというものは存在していない時代でした。宙返りも禁止の時代です。


 時代の変化や、技術の変化は永遠に続きます。そんな状況のなかで、昔の技術や方法をとり上げ、現代の常識で裁かれるのは、納得が行きません。こうした技術書の寿命が短いのは、そこに理由のいったんがあるからでしょう。

 ほんとうは新しいモーグル・テクニックにかんする本を、わたし自身が出したいのですから。…誰か、出版してくださいませんか?


 もしかしたら、いつか「流れ星たちの長野オリンピック」を、わたし自身が消したいという時が来るのかもしれません。

 変化は続きますから。

 しかし、そうした変化を考えても、できることなら、素晴らしい 『何か』 を残したいと願っています。

 それを読んだり、見たり、知ったりした人たちが、少しはわたしのことを「好き」になってくれる何かを、いつかは創りあげてみたいと願っています。


 『ひとを嫌うということ』の著者も、ほんとうは自分の愛する人が、「どうしたら自分をもう一度愛してくれるのか」を考えながら、そして心から願いながら、この本を書いたような気がします。

 どこかに誠実さと、愛情を感じる 『嫌い』 を追求した本でした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■お久しぶりです。

フッとツノカイさんのことを思い出して読ませていただきました。
今わたしはアメリカのソルトレイクにいます。景色がよく雪もあり最高です。
時々思い出すんです。 白馬のウィングでツノカイさんが「あなたのスキーの目標が達成できたら、あなたは幸せになのでしょうか」・・・ たぶんそのとき 幸せってなんですか?っていう質問をしたような記憶があります。
この言葉を時々・・・けっこう思い出すんですよ(笑)

人の悪口って嫉妬が原因のケースが多く思います。実際に私も言う立場も言われる立場にもなったことがあります。 
今、憧れていた海外の女の子ライダーと滑る機会があってライバル&お手本のような感じです。
でもいいな、いいなっと思うことは多々ありますが嫉妬でマイナスに思うことはなくとても良い刺激として受け止めてます。
今年のOFFシーズンは、本当に辛かったんです、でもその時期があったお陰で今マイナスをプラス思考にもっていけるような考え方が出来るようになってきました。
今シーズンは初経験なことばかりです。言葉が通じなくて大変なこともあるんですが、なんでも初体験!何事も勉強勉強っとおもって楽しんでます★
また白馬に遊びにいきます。
ナイスバディーはそのままで★お元気で♪

3 ■技術論だけでは伝わらないものが・・・

「モーグル・テクニック・バイブル」の土台となった、角皆さんの著書「コブ斜面レベルアップ・ブック」に15年前に初めて出会ったのがきっかけで、モーグルを始めました。その熱いメッセージには、読むたびに勇気づけられてきました。家で、電車の中で、スキー場で、何度も何度も読み返し、今ではページもバラバラになってきましたけど、宝物です。

2 ■私もAmazonのコメント読みました。

あのコメントを書いた人はなんであそこまで辛辣な評価をしたのでしょうか・・・?本を1冊読みさえすれば飛躍的にモーグル技術が上がると思っていたのでしょうか?その辺はナゾですが,3強時代を知るという意味でも私は1冊持っておきたい本だと思いました。

1 ■お返事おそくなりました

はじめまして、以前プログに投稿いただいたシャ-レです。
もっと早くおじゃましたかったのですが、遅くなってしまいました。

長くヨーロッパアルプスに住んでおりまして、今はスイス、ベルナーオーバーランドにいます。
スキーは深雪専門で(笑)、アールベルクのザンクトアントンで知り合いの教師から訓練を受けたのが懐かしいです。
しかし今年はヨーロッパも雪不足で大変です。

田中角栄さんの話、素晴らしいですね。
日本の未来を真剣に考えた数少ない政治家でしたが、まさにそれゆえ、失脚させられました。
が。
人は妬み、自らを高めるのではなく、相手を引き下ろす事に力をそそぐものです。
ともかく、今後のご活躍願ってます。
またお邪魔させていただきます。

お仕事等でいらっしゃるさいは是非ご連絡ください。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。