2007年01月28日(日)

鬼から仏へ

テーマ:水泳の話

 久しぶりに水泳の話題です。

 わたしは高校時代、“鬼”と呼ばれる先輩コーチに絞られました。恐怖の合宿では100m×100本みたいな練習をよくやらされましたガーン。1500m×5本なんてのもありましたね。

 決してそんな練習を、わたしが自発的にやっていたわけではありませんm(_ _)m。

 そんな鬼コーチが今は仏となりはてなマーク、“Buddha Coach (仏陀) の独り言”というブログを書かれています。右にあるブックマークから行くことができますが、誰あろう群馬スイミングスクール・ヘッドコーチ小茂田さんです。全日本チャンピオンを何人も育てられています。そんな仏陀コーチの実績から推測すると、わたし相手に失敗したトレーニング内容を、しっかりと吟味されて選手を育てられたに違いありません。

 そんな小茂田さんとリレーを組みましたニコニコ

 “群馬県年齢別水泳選手権大会ビックリマーク


 高校時代なら信じられないようなことが、実際に起こるものですね。

 ちょっと…ほんとうはだいぶ…嬉しかったですニコニコ

 しかも、昔一緒に泳いでいた仲間たち数人にも再会でき、ほんとうに楽しかった。

 最初、小茂田さんからこの大会への出場を誘われたとき、ずいぶん迷いました。なぜなら、スキーシーズンまっただ中だからです。ただでさえ忙しいスキーシーズン。加えて、スキーシーズン中、わたしの体調は決してよくないのです。時間と体力がなくて、食生活も乱れ、裸など恥ずかしくてみせられません…。


 しかし、今年は体調を維持することが自分に課した課題の一つでもあり、出場することにしました。すると、ちょうど水泳雑誌“スイム”さんから取材依頼もあり、素晴らしいタイミングとなりました。何といっても、「水泳雑誌に載ること」は、子ども時代の自分の夢でしたから虹

 朝一発目のメドレーリレーで、わたしが担当したのは三泳のバタフライ。一泳は元全日本チャンピオンの日向さん、二泳は高崎高校の山田先輩、小茂田さんがアンカーで、優勝。


 次の種目は100m個人メドレーで、タイムは1:16:21。いちおう大会新記録でしたが、11月におこなわれた信越マスターズからは1秒落ちのタイム。でも、スキーシーズン中なので、自分では満足なタイムでした。


 さて、いよいよ自分にとって試金石となる50m自由形。

 今回は両隣とも20才以上年の違う選手たち。

 『…うまくひっぱってもらえるといいな…』

 結果は27:36秒。

 最初、自分のタイムだと思えませんでした。「たぶん28秒くらい?」などと思っていたので、昨年のベストより速いタイムで大会新を出せるとは予想していませんでした。

 実は最初の呼吸で十分に息が吸えず、ちょっと苦しいレース展開だったのです。だから、「もしかして28秒中盤?」などということも頭をよぎっていたのです。

 「あそこで、息が吸えていたら…」

 「スタートはトレーニングの甲斐あって、とてもよかったし…」

 ああ、妄想がはじまりそう。スキーシーズンに入ってから、あまり泳げていなかったので、かなり嬉しかったです。

 雑誌スイムの取材は個人メドレーで受けましたが、こちらの50フリーを撮っていただきたかったような…。

 スキーシーズンになると、いろいろと身体に問題が起こりますが、今年はまだ大丈夫です。これも水泳のおかげでしょうかはてなマーク

 そういえば、15年ぶりくらいに会った小茂田さんは、わたしが高校生の頃と、まったく変わっていませんでした。若い若い! それとも、35年前が異常に老けていたのでしょうか!? 小茂田さんを見ていると、わたしもまだまだ行けそうに感じました。 


 大会が終わると、群馬スイミングの選手のみなさんと、食事をご一緒しました。

 水泳の日本チャンピオンクラスがずらり…。

 水泳で、こんな席に座るとは思っていなかったので、たいへん光栄でした。

 しかし、驚いたのはその先。スキーの話題で、大いに盛り上がったのです。特に元全日本2位(50フリー22秒台)という清水選手がジャン-リュック(リリハンメルオリンピック・モーグル競技ゴールドメダリスト)大好きで、今のモーグルスキーヤーなら知らないようなことをたくさん知っていて、びっくりビックリマーク ジャン-リュックおたくと言えるほど…。

 「やっぱ、スキーはフリースタイルでしょうアップ」という話になりました。

 また、ハンサムな背泳の大選手(山梨帰りのツッキー)は近頃、飛び込みに凝っているそうで、宙返りとひねりの話に熱中。わたしも、ひねり宙返りにかんしてはうるさい方(プロフィールの「特技」参照)ですから、真剣な会話になりました。

 たぶん、このあたりで大事な電話がかかってきたらしいです。が、まったく気づかず、テーブルはフリースタイルスキーと宙返りとひねり、時々水泳テクニック論でワイワイ、ガヤガヤを通り越し、ワーワー、ギャーギャービール

 あとで着信を見て、びっくり!! 


 …というわけで、人生には辛いこともいろいろあるけれど、おもしろいこともたくさんありますね。

 もちろん、水泳の革命的トレーニングも、しっかりと仕入れてきました。

 あとはただ泳ぐだけなのですが、それが…。

 いいや、今シーズンは最低、週二回泳ぐぞ~星


 余談ですが、奧利根 F-style School とノルンのウォータージャンプに、これから水泳の大選手たちが出没しそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。