2006年07月01日(土)

記録

テーマ:水泳の話

 今日の水泳は特別でした。

 小川村ビッグランド水泳部の若者たちと一緒に、練習してきたのです。十代前半の若者たちです。

 「みんな、ありがとう!」

 彼らが、明日の競技会に備え、スタートダッシュをトレーニングするのに参加しました。


 先日おこなわれたマスターズでの「25m13.3秒」という記録に、かなりがっかりしていたので、自分では秋の大会にむけたトレーニングとも考えました。


 ここで、誤解してほしくないことがあります。それはわたしが記録に挑戦しているわけではないということ。他人に勝とうとも、自分に勝とうともしていません。まず、わたしは健康で元気な体が欲しくて泳いでいます。加えてスキーという職業にプラスになるように泳いでいます。何よりも、実感としてまだまだ25mなら12秒台、50mなら27秒台で泳げると感じているから、そのスピードで泳ぎたいのです。


 手動計測とはいえ、今日はすべて12秒台、なかには12秒前半も出ました。

 正直、ほっとしています。

 なぜなら、自分では「まだまだ12秒台で泳げる」と感じているからです。自分の体感(身体意識)と現実に差が出ることは危険です。水泳ならただ遅くなるだけですが、スキーでは大怪我にもつながりかねません。そして、自分は「12秒台で泳げる」と感じていたにもかかわらず、先日は13秒以上もかかってしまったからがっかりしたのです。マスターズの試合直後、「やはり、年なのかな…」などとも考えました。

 わたしの自己ベストは11秒台後半ですが、それは水泳の専門トレーニングに打ち込んでいた時のこと。それこそ、一日に1万メートルくらい泳いでいた時のことです。現状のトレーニング量や環境を考えると、そこまでの記録を出すことはできないでしょう。しかし、学生時代のように、まったく社会や仕事からのストレスがなく、一日にかなりの時間を費やせるなら、きっと11秒後半も可能でしょう。志を持ったなら、自己ベスト更新も可能だと感じています。


 今日は手動計測であること、そしてマスターズではスタートが悪かったこと。そんなことを考えると身体意識と現実は、それほど遠くありませんでした。短距離ですから、スタートの占める要素がいかに大きいかという事実も、久しぶりに実感しました。

 また、近いうちに若者たちと一緒にトレーニングしたいです。

 みんな気持ちのいい少年たちでした。

 またよろしく!

 ビッグランドのみなさん、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■ブログ読ませていただきました

また来させていただきますね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。