☆リアルDASHな暮らし☆

        


里山田舎暮らし、自由気ままな旅・お出掛け・・・

人生を楽しむ  サラリーマン奮闘記♪


テーマ:

村では先週の土日あたりに、野生の藤の花が盛りでした。

 

この時期になると藤の群生が至る所で見られます。

 

 

 

車を走らせ、流しの写真ですが盛りの野生の藤を捉えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の藤の花です。

 

春の柔らかな緑の中に一際目立つ薄紫色の花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高い木に巻き付くその姿は迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期の光景は、藤の花の薄紫色に一時占領されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の藤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、私は藤の花があまり好きではありません。

 

なぜなら、野生の藤の本当の正体を知っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の藤の正体は、宿主の木を棚に、自らを繁栄させる寄生植物そのものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて寄生した宿主を、じわりじわりと年月を掛けては絞め殺して枯らしていく絞め殺し植物です。

 

 

 

野生の藤の真の正体を知ってしまうと、決して綺麗だなんて思えなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

邪悪な真の正体とは裏腹に、その妖しさが生み出す魅力は人々を引き付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤や葛の様なツル性の植物の繫殖力は恐ろしものがあります。

 

日頃、DASH山での雑草との戦いの中で、ツル性の植物には一番手こずります。

 

 

 

 

地中深く根を張るし、節から分根をしていくので退治は至難の業です。

 

やがては豆状の種を沢山生らせては大地に放ちます。

 

なので藤や葛には良い思い出がないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな藤ですが、やはり大棚の藤の花は圧巻ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウの様な甘い匂いが辺りに漂います。

 

今年も藤の花の季節がやって来たと実感する瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の藤の花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来年、その姿をお目に掛けたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)