ドレミの歌。

テーマ:
我が家の長女も春が来たら三年生になる。

我が家の長男も春が来たら年長さんになる。

我が家の次男も春が来たら年中さんになる。

つい2週間ほど前に一番下の次男のオムツがようやく取れた。次男は、なかなかオムツが取れなかったのだが、最期は妻の壮絶なカミナリによりあっけなく卒オム。
毎回妻自身も自己嫌悪に陥るくらいのカミナリを子供達に落とすのだが、ことごとく効く。
妻には申し訳ないのだが、妻のカミナリの落とし方は大変参考になる。重すぎるほどの愛が詰まったカミナリは、かならず子供達の成長に良い効果があると思う。セノビックなんかより、何かのサプリなんかより、ケロッグ コーンフロストなんかより、ずっとずっとグーーレイトォーーー‼️だと思う父です。

そんな父(私)はと言うと。こないだ。

最近、長女が鍵盤(けんばん)ハーモニカをやたらめったら吹きまくっている。
3、4曲しかレパートリーないくせに、
しかもサビ的な所しか吹けないくせに、
その3、4曲をずっとリピートで延々と吹いてくる。

そのレパートリーの1つに「ドレミの歌」があり、姉の伴奏に合わせて下の弟2人も一緒になって歌ってる。なんとも平和な光景だ。

ドーはドーナツーのドー。
レーはレモンのレー。
ミーはみーんなーのー・・・。
ファーは・・・。

ずっとやってる。

ドーは。
レーは。
ミーは。

俺は飽きた。歌詞に飽き飽きした。だから、「ソ」の所であるワードをブッ込んだ。

すると、

子「ドーはドーナツーのドー、」
子「レーはレモンのレー、」
子「ミーのみーんなーのーミー、」
子「ファーはファイトのファー、」
俺「ソーはソースのソー」、
子「マーはマヨネーズのマー」、
子「カーはかつお節のカー」、
子「アーは青のりのアー」、
俺「ホーはホットプレートのホー、」

ゲラゲラ笑いながら上手くアドリブを効かせて繋げていく3人の子供達。

「ホ」が終わった後みんなで一斉に大笑い。

そう、前日の晩御飯は「お母さん特製のお好み焼き」でしたー。

チャンチャン♫
AD
トムトムキキルからほど近い「札幌ドーム」で偶然居合わせた私の母に勧められるがまま、わざわざタクシーに乗ってまでスープカレーを食べに来てくれたイタリア人、女性、2人組。


1人は日本語ペーラペラ(以下、ペラペラさん)。もう1人はアーリガットーゴッザイマースとかろうじて言える程度の生粋のイタリアン(以下、生粋さん)。


ペラペラさんから話を聞くとこうだ。

ペラペラさんと生粋さんの2人はSMAPの大ファンで遠くイタリアから応援していたのだが、解散のニュースを聞きつけ「これは一大事」と緊急来日。SMAPの足跡を辿る旅の途中で、かつてSMAPがライブをした札幌ドームを見学に札幌へ来たという。過去にテレビの生中継でSMAPが立っていた「札幌ドームの展望台」で悦に入っていた所、私の母に話かけられ「スープカレーはもう食べたのか?」という問いに対し「マダデース。」と返答。
「この近くに私の息子がやっているスープカレー屋があるから時間があれば行くといい」と教えられ、トムトムキキルに来てくれた。

と、いうわけ。

このエピソードから察し取れる大きなポイントは2つ。

・イタリアのSMAPファンの行動力ハンパねえ。

・自分の母ちゃんの「旅先で出会った人情たっぷりおばちゃん」っぷりもハンパねぇ。


そんなこんなでペラペラさんと生粋さんは「チキンレッグと野菜のスープカレー」と「野菜がたくさん入ったスープカレー」をそれぞれ注文し、

途中、客席に置いてある冷蔵のショーケースから勝手に「瓶ビール(サッポロクラシック)」を取り出して飲もうとする、いかにも外人さんらしいお茶目な一面を見せ、

スープカレーを完食し「ボーノ!」の一言。本場の発音。

アリガットーゴッザイマース!と私、


お会計時に日本語を話せない生粋さんが、なかなかツウな支払い方をしてきた。

生粋さんのお会計は「野菜カレー」と「瓶ビール」だから1,630円。

生粋さんはなんと2,130円を出してきた。

これには私もスタッフもビックリ。

外国人って横柄な人ばかりじゃないんだな、って思った矢先、

ラストオーダーも終わって最後の会計となった生粋さんの会計、

レジに500円玉が残ってない。

せっかく500円玉一枚を受け取ろうとした生粋さんに対し100円玉五枚を渡そうとした矢先、

レジに100円玉四枚しか無い。

結局100円玉四枚と50円玉二枚の計六枚ものダラ銭を渡すハメとなり、

なんだかとてもいたたまれない気持ちになった。という話。
AD

イタリア、女性、2人組。

テーマ:
一年弱ほどご無沙汰しているまっちゃんです。



あれよあれよという間に一年なんてすぐ過ぎちゃう。

またちょいちょいブログ書いてみようっと。



先日、トムトムキキルにイタリア人の観光客女性が2人組で来店した。



なぜこんなマニアックなスープカレー屋に!?



さか上る事、イタリア人来店の30分前。



店主まっちゃんの母(60)から電話が来る。



母「今札幌ドームにいるんだけどさ、イタリアから観光に来てる女の人2人組に声かけたから!もしかしたらトムトムキキルに行くかも知れないからその時はよろしく!ブチッ、ツー、ツー、ツー。」



俺「ん?札幌ドーム?イタリア?2人?日本語は?」



とりあえず待って見る。



30分後。



イタリア人、女性、2人組、タクシーで来たッーーー‼️







なんだ?母ちゃん!あんた、何をした?





続く。





AD