思い通りには進まない…

テーマ:
お久しぶりです。



前回の投稿が東大OPの2日前くらいですから、1ヶ月くらいぶりの投稿になります。



OP、実戦が終わったら自己採点結果とかを含めて書こうと思ってたのですが、OPで失敗して凹んでいて、ブログどころではありませんでしたね、、(笑)



まずはそのOPの失敗について書こうと思います…



OPの日は、試験が午後からだったので、午前は少し寝溜めして、まったりして少し最終確認の勉強もしつつ過ごしていました。



1発目の国語は試験中とにかくトイレに行きたかったものの(笑)、可もなく不可もなくという感じで終えました。



次の数学です。



僕は、試験が始まったら一応全ての問題に目を通して、その後は基本的に1番から解いていきます。これは浪人してから確立したやり方で、東大の数学はほとんどの場合1番が簡単な部類の問題で、また、前半に簡単な問題が寄せられていることが多いからです。




今回もその進め方でやったのですが、まず1番の解法が浮かばなくて。たぶん緊張していたんだと思います。あとからみたら、解法は何通りもあり、楽な方法が思いつけなくても式を立てて機械的にやるやり方でも十分に時間もかからずいけるはずだったのですが、、、試験中は何回戻っても解けませんでしたね…



1番はとばして、2番は確率だったので、普通に解きました。⑶がちょっと複雑で、答えにも自信持てず、次に移ることにしました(実際、⑶は間違ってました、、)。




ところが、次の複素数が上手くいかない。⑴からして詰まってしまいました。普通に処理するだけだったのに、、何か上手くやろうとしてそればかり考えて、普通にやるという脳がなかったんだと思います。




その後の問題もどれもモヤモヤした感じになり、どれも完答ができない時間が続き、1時間半が過ぎた段階で、2しか答案を埋めていないという、、




そこでもう気が動転しちゃって、そこからはパニクったまま答案用紙に書けることをかきまくって、試験終了。焦った状態だったので、解けるはずの問題もことごとく途中でミスしてました。部分点は狙えると思うのですが、、




ここまで失敗するのも初めてだったのでびっくりしました。こんなこともあるんや〜と呆然としちゃってました(笑)。



たぶん、実力は上がってきてると実感していたからこそ、できてない状態に動揺してしまったんだと思います。



やはり、1完ずつ積み上げていくしかないと思います。特に序盤はむやみに焦るのではなく、丁寧に1完、2完と進めていくしかないなと思いました。



焦っても何もいいことがないので、心にゆとりを持って、というのを意識していきたいです。



…ということで、OPは最悪な結果が返ってくると思うので、嫌な気分ですが、しっかり受け止めます。



自己採点は
国語40
数学40
物理25
化学35
英語80
という感じです。(物理で、対策が手薄だった電磁気と、原子がガッツリ出たので、そこで大量失点してしまいました…秋模試までは英数に比重を置いてきて理科はやや後回しという位置づけでやってきたので、そろそろ理科にも比重を傾けているところです。)



実戦の方は、OPの数学の反省を活かして、また、理科の大量のミスを洗い出して対策することで、同じ失敗は繰り返さずいけたかな、と思います。




自己採点は
国語40
数学64
物理28
化学36
英語90
という感じ。数学はとにかく序盤は丁寧に落ち着いてを意識して、最低限の2完は達成できたのでそこはよかったです。今回は駿台にしては簡単で、5問くらいは普通に手がつけられる問題だったと思うので、もうちょい上手くやれたかなと思います。




英語は簡単だったので、英作次第ですが、90台に乗ってるといいなあ〜




秋模試が終わり、残すところの模試はセンタープレと、本番直前の東大プレテストのみとなりました。とりあえずは、センタープレで目標突破できるように頑張ります。




秋模試が終わったので、過去問演習も徐々に取り入れています。といっても、授業に追われてあまり進めてないのですが、、




冬休みに入ったら、テキスト復習と並行して、ガシガシ解いていく予定です!(テキスト復習の進捗にもよりますが(^^;;)




それでは、また〜^ ^

AD