☆毒親育ち☆から愛され妻に♡しまこの幸せ楽ちんメソッド

毒親育ちだからこそ愛するダンナ様から
永遠に めちゃめちゃ愛される妻になれます
夫婦が整えば子どもも動き始めます

出会いから28年間、愛され続け姫あつかいされる為の心の筋トレ伝えます♡


テーマ:
私に会ってくださった方々は
「私は怒りを原動力にして生きてきました。」

…と お話するとビックリされます。

でも、自分で自分を振り返る時
やはり怒りに突き動かされているんです。

深夜に失礼します。
しまこです。


お話会を開くようになって

「親のことを こんな風に他人と話していいなんて思いませんでした。」
「初めて友だちに話した時に 逆に批判されて 深く傷ついてから 誰にも話せなくなりました。」

そう おっしゃる方が多いです。

私の開く会は 言いっぱなし…聞きっぱなし…

そうだね、それ!あるあるやね。

最後は笑って 

…いろいろあるけど、頑張ろうね。

そう言い合ってお別れする会です。

また、会える方もいます。
その時だけの方もいます。

ギリギリまで迷って 来られない方もいます。


みんな みんなOKです。

話す相手を間違えて傷ついている方が
とても多い中…

安心安全に、話せる場所が必要なんだと
心から思うのです。

そんな お話会を開けたのも
なぜ、傷ついてきた人々が さらに傷つけられなければならないのか!?

…そんな『怒り』からでした。



そして…ひとつ…思うのです。

私はもう大人な娘の母親です。

つまり、毒親に関しては
子どもの立場にも 母親の立場にも立てるのです。

そして…親になって 毒親問題に否定的な方に出会うたび

『自分が毒親と呼ばれるのではないか?』
という恐れを感じているのでは?
…を、感じるのです。


今夜の記事は2014年9月の記事です。

~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~

今日も重い内容の記事を読んでくださって

ありがとうございます

ここでは 私独自の意見を書かせていただいています


コスモスコスモスコスモスコスモスコスモス


私は自分自身の体験を
長い間 夫である彼にも言えませんでした

特に2度目の父からの虐待
実の母から 殺されかけた事は

聴く側の彼にも辛い思いをさせてしまう
...と 迷いが多く

なかなか 切り出すことが出来ませんでした


けれど それが出来てからが
本当の毒親からの卒業だったと
今だから思うのです

決して他人に言ってはならない事
家族の恥
自分の罪

と 思い込まされていたせいもありますが


他人に言えなかった一番の理由は 

聴き手からの批判...でした


日本は親子神話の国です
親孝行が 当たり前の国なんです

なので どんなに酷い親でも
子どもの事を本当は愛しているし
子どもも それを分かってあげないと...

『だから 貴方も いつまでも拗ねていないで  もう親御さんを許してあげてね』

こう言って微笑まれると
もう 何を話しても無理...

と 毒親育ちの者は 語れなくなるのです


でも 私は頑張って話すべきだと思っています
他人に話せるのは すごい事なんです
決して他人に言えなかった事を話せる
...という事は

自分から 離せた...と言う事だから


誰にでも自己紹介のように言えるようには
私もまだ なれていませんが

話せて...離せて...過去の一部として
ただ そこにある...を目指せたらいいな
...と思っています


でも これは 人それぞれです
ずっと ご自分の中に秘めたままでいいと思う方もあるでしょう

また 話せたとしても それがいつかは
人それぞれです

どうか ご自分を責めない事を一番に考えて
欲しいと思うのです


また もし 貴方が毒親育ちではなく
こんな場面に出くわしたなら

ただただ聴いてあげて欲しいと
願います


ちなみに うちの彼は
何も言わず ギュッと抱きしめてくれました

しばらくたってから

何かあるとは ずっと思ってたけど
生きていてくれて ありがとう

そう言ってくれました


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「毒親」 の記事

テーマ:
智子さんと お話してるうちに
私も広島に行きたくなりました!!

なので…うふふ♡押しかけちゃいます♡

しかし…智子しゃん💦
ハードルが めちゃめちゃ高~い
ありがとうございます💦💦💦
めちゃめちゃ照れます💦💦💦


さてさて♡

結婚ってね… 楽しい事なんです。

世界でただ一人、自分がパートナーに選んだ人と一番近くで一番密接に
毎日の生活を暮らせる事なんです。
みなさん、結婚された時 そう思ったでしょう?

またぁ!!靴下ぬぎっぱなし!!
…ってムカムカする時…

思い出してみて?
彼の洗濯物を洗濯できる幸せ~♡

って…昔は感じなかった?

(私は洗濯機が回るのを ずっと眺めてた時期があります♡)

そうしてね…結婚は ただ一人選んだ人を 
精一杯、幸せにしてあげよう…。
そう努力する事でもあるんです。

日常にうもれて

あの時の私…が見えにくくなっちゃったら

思い出させてくれる場所に、行きましょう?

智子さんの『ゆっちさんを囲むウフ会』は
きっと そんな時間になるに違いありません。

たくさんのご夫婦を幸せに導いてきた
ゆっちさん♡と智子さん♡

お二人のウフ会に 御一緒できる私も
ワクワクで幸せです。

21日♡智子しゃんのメルマガから募集します。
気になる方は登録♡登録♡

よろしくお願いいたします♡♡♡



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
過去記事でアメンバー限定公開していたものを
再度公開しています。

しまこです。
こんばんは。

もう、私の中ではアメンバーにする必要が、無くなってきた今日この頃ですが

アメンバー限定記事だからこそ いただいた大切なコメントは公開できません。

なので、一部公開という形で
私の 振り返りも兼ねて書いています。
よろしくお願いいたします。

これは2014年10月の記事です


~~~~~~~~~~

『家族とは何か?』



また 虐待児のニュースが巷で流れていますね


家族って...なんでしょうね


血の繋がりでしょうか?


私は 継父に育てられたので

二言目には 
「継父だから躾が出来てないと
世間に言われないように」
と 言われて それはそれは厳しく育てられました

もちろん 親のマイルールなんで
理不尽で意味が分からないルールです
しかも 毎日親の気分でルールは変わります

第一 継父という状況になったのは 
私のせいではないにも かかわらず...です


けれど 母は
「お前が なつくから お父さんは ほって置けなくなって再婚になったんよ」
などと そんな事覚えてるはずもない私に
てい良く責任転嫁して

「だから 逆らうなよ 家族の平和はお前の責任じゃけ」
という 呪いをかけました


妹が産まれた時 私は八歳でした
小さな妹が 可愛くて可愛くて幸せ一杯だった時に
「男じゃないけ意味がないっちゃ...
じゃけど お前は姉じゃけ しっかり面倒み
第一 お前はホントの家族じゃないんやけ 
親に逆らったら施設入れるけね」

これを 両親から言われました
(どんだけ 逆らわれるのが怖いねん...)


まぁ そのせいで グレたくともグレられず
ただ ひたすら大人に早くなりたいと
それまでの我慢だと 生きていた日々でしたが


あの頃

話を聴いてくれる人が欲しかったな

話せないかもしれないけど

聴いてくれるかも?と思える人が欲しかった



裸足で家の外に度々 出された事

痛いと泣くと 余計に殴られるので
この時間が一刻も早く通り過ぎるのを 
何も感じない様に心を閉じて待っていた事

夜中に何度も 今夜こそ...と...思った事



子供の頃の私にとって家族とは
逃れる道のない地獄でした

そこから どうすれば逃げ出せるのか
誰もそんな事 教えてくれない

大丈夫?ときかれて
大丈夫じゃない...と答える虐待児は いないのです

どんなに 傷ついていても
子どもは 親が大好きなんです

今のうまく行ってない状況は
自分のせいなんだ...
子どもは そう思い込むんです

大人になったら

そういう事 忘れないで欲しい



家族って

子どもにとっては 世界のすべて

他には生きていく場所とか無いんだから
大人が勝手に作る家庭を せめて精一杯頑張ってよ

血の繋がりより 相手を大切に思い 
お互いの自由を認め合える人の集まりが

家族だと  ...そう決めて欲しい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。