ヨーロッパの旅⑨

テーマ:

ケルンに泊まって、翌日は日曜日で街も静かでした。


天気があいにく雨で、そんな中コブレンツという街に行く為に


列車に乗ります。



tomotomoの日常(本家)


2階建ての電車がやってきました。



tomotomoの日常(本家)


車内は、なんとなく広々としていて、普通電車とは


感じられない雰囲気です。



tomotomoの日常(本家)


今回、父からコブレンツに行く道中の風景がきれいだと


聞いて目指したものの・・・・・



このコブレンツまでは、ライン川沿いに鉄道が走っている


のですが、乗った電車が走っていたのは、少しライン川から


離れた新線だったようで、期待していたほどの風景は


無かったものの、ライン川を見ながらの鉄道の旅ができました。



コブレンツに着き・・・・



tomotomoの日常(本家)


tomotomoの日常(本家)


降りたら土砂降りの雨で、ひとまず駅舎で待機。




tomotomoの日常(本家)


駅の中は、地方都市の駅といった感じでした。



tomotomoの日常(本家)


tomotomoの日常(本家)

雨が止む気配が無いので、傘をさして街を歩いてみましたが


店も少なく、天気が良ければライン川まで歩いて散策と


思ったのですが、予定を変更して引き返すことにしました。



tomotomoの日常(本家)

コブレンツの街は、静かな街という印象でした。



tomotomoの日常(本家)


そして、来るときに何となく気になった、ボンという駅で途中下車。



tomotomoの日常(本家)


これは駅舎ですが、さすがドイツの駅舎という感じです。


街は、日曜日のため店がほとんど閉まっており、


閑散としているものの、歩くと雰囲気がある街並みで


何となく、散策してしましました

tomotomoの日常(本家)




この街に限らず、ドイツは休日はホントにみんな休みで、


どこで昼食を取ろうか困るぐらいでした。



tomotomoの日常(本家)




tomotomoの日常(本家)




tomotomoの日常(本家)


歩いていると、大聖堂が有りました。




tomotomoの日常(本家)


ちなみに、このボンという街はベートーベンの生家が有るところだそうです。


駅では店が開いていたので、昼食を食べて帰りの電車を


待ちながら、駅を散策。



tomotomoの日常(本家)


小さな駅ですが、なんとなく落ち着く感じの駅でした。



tomotomoの日常(本家)

大きな駅ではLEDの行き先案内表示が、


小さな駅では昔ながらのパタパタ方式です。



tomotomoの日常(本家)


伝統ある駅舎と、現代のバリアフリーとの融合キラキラ


上手く溶け合っていて、デザインを壊していません。



tomotomoの日常(本家)


ちなみに、こんな素敵なステンドグラスも有りました。



ボンからケルンに戻り、ケルンからはまたもや


ICEに乗ってオランダアムステルダムに戻りました。



アムステルダム中央駅では、タリスという高速列車


と遭遇。



tomotomoの日常(本家)




tomotomoの日常(本家)


これに乗れば、ベルギーにはもっと早く行けたみたいです・・・。



翌日は最終日、オランダの街をしっかり観光します。



tomotomoの日常(本家)

AD

ヨーロッパの旅⑧

テーマ:



この日もケルンを目指して、前日と全く同じICEに乗車します。



まずは、アムステル中央駅まではピンク色のインタシティーの列車で移動。


tomotomoの日常(本家)


今回は、運転席の真後ろの席が空いており、

ここを陣取りました。


tomotomoの日常(本家)


途中、のどかな風景にのんびり列車の旅を楽しみました。




ちなみに、車内の動画も撮りました。




運転士さんの様子もこんな感じです・・・・



じつに、フランクな感じで運転しており、途中、車内販売員とも


コーヒーを飲み、雑談しながら運転あせw



が、いきなりアクシデント発生!



ドイツに入る手前のあたりで、列車が故障して動けなくなってしまい、


立ち往生涙



旅にトラブルは付き物だから、どうなるのか見守っていたら・・・




どうも、いろいろ手は尽くしたがダメみたいで、列車の電源を


落として復旧してみたものの、警報が鳴りやまず、結局、列車は


途中の駅でうちきりになってしまい、降ろされてしまいました㊦㊦




全く、ローカルな駅で降ろされてしまい、いつ救援の列車が来るかも


言葉がわからないので、アナウンスの内容が理解できず、とりあえず


この駅で待つことに・・・・・・・・



tomotomoの日常(本家)

止まっていた列車も、すぐに行ってしまい、乗客はこのまま


待ちぼうけ状態・・・・・。



tomotomoの日常(本家)



いつ、救援の列車が来るか分からないので、駅からあまり


離れないようにしつつ、駅のキオスクでパンと水を購入し、


食料はとりあえず確保(´v`)



結局、1時間半ぐらいで後続のICEが臨時停車してくれたため、


これに乗ってケルンを目指します。




tomotomoの日常(本家)

フランクフルト行きだったので、これにそのまま乗って


フランクフルトまで行ってしまおうか迷いましたが、予定通りに


ケルンで下車。



tomotomoの日常(本家)

遅れに遅れて、ケルンに着いたのが15時半になってしまい、


これでは何をしに来たのか分からないので、日帰りのつもりでしたが、


急遽、予定を変えてケルンに泊まる事にしました。



宿を探さなければいけませんが、駅前に手ごろな値段のホテルが


有って、空きを聞いたら空いていたので迷わずチェックインほてる



駅ナカと言ってもいいくらいの駅のそばに有り、廊下からは


駅のホームが良く見えて、絶好のロケーションでした目




tomotomoの日常(本家)


tomotomoの日常(本家)


ちなみに、大聖堂も部屋からバッチリ見えます。




tomotomoの日常(本家)


泊まるとなったら、気が楽になったので、列車に乗って



デュッセルドルフまで行きました。




tomotomoの日常(本家)




特に目的は無く、ガイドブックに出ていたのでちょっと


行ってみました。



tomotomoの日常(本家)


行きの列車は、コンパートメントの車両に乗りましたが、



tomotomoの日常(本家)


実にゆったりと出来て、他の部屋もほとんど乗っておらず、


このまま乗ってどこかに行ってしまいたい気分でしたが



tomotomoの日常(本家)



けっこうあっという間にデュッセルドルフに着いてしまいました汗


デュッセルドルフの街は、何となく都会的であまりしっくりこなかったので


駅前を少し歩いてまたケルンに戻りました。



tomotomoの日常(本家)


ケルンに泊まり、翌日はライン川を見にコブレンツという


街を目指します。







AD

ヨーロッパの旅⑦

テーマ:



ケルンでは、勘を頼りにあちこち歩き回りました。



tomotomoの日常(本家)


ケルンは観光客でとても賑わっており、街も活気が


有りました。


どんな感じかと言うと・・・・・





と、まあこんな感じです。



いろんなお店が有って、果物を売っているお店や・・・



tomotomoの日常(本家)


パイを売っているお店、ミツバチが止まっているのには


ウケましたキャッ☆




tomotomoの日常(本家)


なんとなく、自分が思い描いていたヨーロッパの街という


感じがしてケルンは好きです。




tomotomoの日常(本家)


tomotomoの日常(本家)


ケルンの駅は大きく、ホームにいると色々な列車がやってきました。





tomotomoの日常(本家)


中でも、なんだかレトロな列車が・・・・



tomotomoの日常(本家)

どうも、ドイツ国鉄の古い車両みたいで、イベント列車みたいでした。



tomotomoの日常(本家)




この日は、あっという間に時間が過ぎてしまい、


またICEに乗ってオランダに帰りました。



tomotomoの日常(本家)



ちなみに、帰りの車内ではちょっと一杯、ビールと


ソーセージで夕食代わりにしましたビール




tomotomoの日常(本家)


シンプルで美味しかったですね~食事




tomotomoの日常(本家)


アムステルダム中央駅に着いたのは遅くなってしまい、


すぐにスキポール空港に行くローカル線に乗り換えて


ホテルに戻りました。



tomotomoの日常(本家)

翌日も気に入ってしまったケルンへ向かいます。
AD

ヨーロッパの旅⑥

テーマ:

列車はケルンに到着しました。



tomotomoの日常(本家)


ケルンは初めて訪れましたが、思っていたより近代的な


駅でビックリしましたほえ~




tomotomoの日常(本家)


駅前は広場になっており、オープンカフェもあったりと


それぞれが思い思いの時間を過ごしているかんじです。



駅の中にも色々な店が有り、まずはソーセージの店。




tomotomoの日常(本家)


他にも、立ち飲みのバーみたいな店や、中華・ドイツ料理・


ハンバーガーなど、いろんな店が有りました。



ドイツでオススメなのは、このようなサンドイッチの店。



tomotomoの日常(本家)


ちょっと高いけど、味はバツグンですキャッ☆




そして、駅を降りると目の前にはケルンの大聖堂がそびえ建っております。





tomotomoの日常(本家)



駅前にこんな巨大な大聖堂が有るのに感動ニコちゃん




tomotomoの日常(本家)

角度を変えて見ると迫力がありますね~




tomotomoの日常(本家)


工事をしていて、足場が架かっているところも有りました。




tomotomoの日常(本家)


大聖堂の中はこれまたステキでした。



tomotomoの日常(本家)


ステンドグラスがきれいで、感動しましたね~おぉ!




tomotomoの日常(本家)




tomotomoの日常(本家)


大聖堂の上にも登れたようですが、時間も無かったので


中を散策して出てしましました。




tomotomoの日常(本家)


この後、ケルンの街を散策します走る人


ヨーロッパの旅⑤

テーマ:

3日目は、今回の目的?ドイツへ向かいますドイツ


空港駅からアムステルダム中央駅までローカル線で移動し、


ここからはフランクフルト行きの高速特急に乗り換えます。



tomotomoの日常(本家)


アムステルダム中央駅の駅舎は、日本の東京駅のモデルにもなった


建物でもあります。


ホームがドーム状に覆われており、旅行気分を高めてくれます。



tomotomoの日常(本家)

乗る列車は、ICEという日本で言うと新幹線のようなものです。



tomotomoの日常(本家)


以前にドイツに行ったときには乗車する時間が無くて、


今回はこれに乗るのを楽しみにしておりましたニコ




tomotomoの日常(本家)


車内は革張りのシートで高級感の溢れるインテリアです。



ちなみに、今回は1等のユーレイルパスを使用しておりますが


座席の指定をしておらず、窓の上の部分に座席の予約が入って


いる場合は、乗車区間がデジタル表示されており、そこは予約席


と一目でわかるようになっております。


なので、表示が無い席は予約しないでも座れるという


ドイツらしい合理的なシステムなのです。



なので、運転席に近い先頭部の席を確保(´v`)

tomotomoの日常(本家)


一番前に座ると、こんな至近距離で運転席を見る事が出来ます目




tomotomoの日常(本家)


出発したら、検札を受けてからビッフェに行ってみました。



tomotomoの日常(本家)


車体にはBord Bistroと書いてあります。


車内はこんな感じであります。



tomotomoの日常(本家)


まずは、ビールを頼みますビール
tomotomoの日常(本家)

瓶で出てくるのがイイですね~




メニューが良く分からず、パスタらしきものを頼んでみましたが・・・
tomotomoの日常(本家)

これはイマイチでした・・・・・・・



そうしているうちに、目的地のケルンに到着です



tomotomoの日常(本家)