さて、長い長い私のパラグアイ日記に
おつき合いいただいた皆様。
今まで本当にありがとうございました。

この2年間がこんなに記事に困らなかったのは、
というよりむしろ書きたいことが多かったのは、
ひとえにパラグアイという南米の未知の国と
私の任地ピラポ市のみなさまのおかげと思っております。

このようなシステムを作ってくれた日本政府、JICAに
大変感謝しています。
また、そこで、出会ったすべての皆様にも
改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

ありがたいことに、
この2年間の活動をJICAの皆様に評価していただき、
恐れ多くも天皇両陛下にご接見賜る機会もいただきました。
2年間の活動を短い時間でしたが、
皇居にご招待いただい、直接両陛下にご報告ができたのです。

30年弱の私の人生で一番の「誉れ」であったと言えます。
同時に、育ててくれた両親、兄弟、家族にも
感謝をせずにはいられませんでした。

ここで「男・日本語教師がゆく!!JICAで派遣編」は
終了といたします。

しかし、私はここでは終わりません。
この記事は2014年4月29日、
奇しくも昭和天皇の誕生日に書いております。
場所はベトナム社会主義共和国の首都ハノイです。

「男・日本語教師イチ」は、
今後様々な形で活動をしていきます。
このブログで書けないことも多いのですが、
書けることはどんどん発信していきます。

今後もお暇な方はおつき合いください。
よろしくお願いいたします。


2014年4月29日(火)
ベトナム社会主義共和国ハノイ市のとあるカフェにて。
AD

コメント(2)