ドキドキ「お金のメンタリスト通信」 は、こちらからどうぞビックリマーク 
ドキドキお金さんとの付き合い方を学ぶ「円流塾」 は現在4期を進行中ですビックリマーク
ドキドキ愛あるお金さんの循環ゲーム も毎月定期的に開催していますビックリマーク


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-21 21:54:27

被災地での生き物調査、行ってきました!

テーマ:--自然とのつながり

子どもたちが理系の世界へ進みはじめ、

私自身も自然の循環や生態系にとっても興味が沸いていたので、

今回、夫を誘って行って来ました!

 

アースウォッチジャパンの「被災地での生き物調査」

 

チームに分かれて、時間をきめて定点観測。

大自然の中で、こんなふうに大きな虫取り網を、ぶんぶん回す経験も初です!

 ↓↓↓

 

 

いやぁー!貴重な体験でした!

被災地の復興の様子を垣間見ながら、

自然の中で、様々な生物の動きをみれることは、

ものすごい発見でもあります。

 

チヨウは、自然の生態系を調べるのにとってもわかりやすい調査対象だそうです。

エサとなる植物との関係、気候などなど・・・

 

こうして、

自然の叡智・神秘を目の当たりにすると、人間のその自然の一部で生かされていると思ってしまいます。

自然のなせる業、チヨウの模様だけでも、美しくてすてきですよね。

 

これは、カラスアゲハ↑。 黒地でも青い光沢がとっても美しいです!

すばやい動きなので、捕まえるのも大変ですが、

網で捉えてすぐ、三角紙に挟んで持ちかえり、まだ生きているんです!

山形大学の横山教授は、

生きているチヨウをこんなふうにも手にとってわかりやすく説明してくださいました。

 

こちらは、採取したチヨウの種類や特徴をレクチャーしてくださる様子。

東北大学大学院の河田教授、 山形大学の横山教授から、直々に

教えていただけるなんて、これもホント貴重な体験です。

ありがとうございます<m(__)m>

 

 

こちらはアオスジアゲハ↓。人間が捕まえるというのを察知すると、

超特急で高度を上げて木々の上まで飛び回ります。

飛び方や方向は予測ができず、そのパワーには脱帽です。

ちなみに、このアオスジアゲハさんは、

調査時間外に採取したものなので、間近で見せてもらったら、自然に逃がしてあげました^^。

薄い三角紙のすきまを開けるだけで、バタバタとものすごいエネルギーなのです!

 

こちらはモンキチヨウ↓

表と裏の模様も、こんなにまじまじと確認したのは初めてですし、

 

黒と白がハッキリしたゴマダラチヨウ↓の高くすばやく飛ぶ力にも感嘆です!

 

これらの写真のチヨウは、みな生きている状態です。

そして、

自然に触れていると、自分の本来の思考や行動が改めてわかったりするなと思いました。

(人間のエゴや、地球環境に対して犯してきてしまった安直さなども・・・)

 

私自身は、人間の心理や行動経済学のほうに、興味がシフトしているので、

チヨウと人間の関わり方が、

なんと、株式投資と似ていると思えてしまいました(笑)。

 

え?と思われるでしょうが、

成虫をおいかける短期投資と、

卵・幼虫・蛹・羽化と温かく見守る長期投資に

例えることができると。。。(笑)

 

お金のメンタリスト通信にもそのあたりを書いているので、

よろしかったら見てみてくださいね。

⇒お金のメンタリスト通信はこちらからどうぞドキドキ

 

ちなみに、チヨウを捕まえるのもすごい運動で、だんなは一生分のチヨウを追いかけた・・・と言っておりました。

でも、まだいろいろな地域の自然の調査に興味が増して、

次なる調査にも参加するかもです^^。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-07 23:15:00

親との価値観の違いをどう克服する?円流塾の参加者さんの意義深い質問から

テーマ:■お金の学校
「親のお金の価値観に縛られて、
自分のお金についても罪悪感を感じるなど、
親の影響を受ける人が多いと思う。
どうしたら、そこから変わることができるのでしょうか?」


円流塾もちょうど5回目くらいの開催で、
なかなか深い質問と気づきを投げかけてくださいます!

頭ではわかるけど、
気持ちの中で、なかなか・・・・
ということも多いと思います。

その質問に対して、
親の価値観との違いを受け入れられるきっかけの一つとして、
私は、
歴史を遡り、親の生きた時代背景の違いをより身近に感じることも大切だと思っています。

そもそも、この頃って・・・
世の中がこんな流れだったんだよね。


それがわかると、
自分の親だけを見るのではなく、
親を取り巻く社会情勢や政治・経済にも、視野を広げることができ、
その時代に必要だったことと、
今の自分に必要なことの違いが容認できるようになると思う
のです。

私たちの親や祖父母の世代は、
貨幣価値がとってもとっても不安定な時代を過ごし、
倹約と貯蓄が奨励された時代に生きていたんですよね


もし、自分がそこにタイムスリップしたとしたら?

私自身の両親との価値観の違いなども含めて、
「お金のメンタリスト通信」で紹介しています。
よろしかったら、↑↑どうぞ^^

そして、現在、「お金さんのそもそも事典(仮称)」にも着手しています!
これについては、またご報告しますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-24 22:15:29

哲学入りファイナンシャル・プランニング

テーマ:■お金との付き合い方
「吹田さんの話はなんだか哲学が入っていて、普通のFinancialではないですね。」
先日、お客様から言われて、ああ、やっぱりそこかぁと思いました。
(私もそこを追究しているところです)

他にも、経営者さんから「哲学が語れる人と一緒にやりたい」と言われて、
今の時代は、哲学・在り方・信念のところにフォーカスする人が増えているなと感じています。

つまり、
「ファイナンシャル・プランニング」にも哲学が必要になってきているんですよね。

始めに哲学からしっかり入っていれば、
目先の金額や条件などに振り回されたり、
環境変化にも慌てることがなくなるでしょう。

ちょうど、先日紹介してもらった中国古典の『大学・中庸』を読んで、
「おおお!」と目からウロコの言葉がありました。

それは、
=====
「モノには本末あり」「徳は本なり、財は末なり」
=====
という言葉です。

大学・中庸


「本末転倒」という言葉もありますが、
「本」は根本で、大事な部分、そして「末」は末端。

財・お金は末端、結果として得られることなんですよね。
徳が「本」というのは、人徳、「人としての在り方」なんですね。

私たちが本来の在り方に根差した行動をしていると、
財、つまりお金は後からついてくる・・・。

「本末転倒」とは、まず財から考えて意思決定してしまう、損得勘定で動いてしまうということも指しているのではないか・・・と思わず苦笑いしました。

ここに気づいて、ファイナンシャルプランニングを一貫してできるかどうか、
ものすごく試されているように感じています。

「愛あるお金さんの循環ゲーム」は、
自分の「根本」にしっかりとフォーカスするためのゲームです。
ただいま、ご自分の事業への投資についても反映できるように改良しております!
今後は、その改良版でお楽しみいただけます!
http://www.reservestock.jp/page/event_series/16300

「お金のメンタリスト通信」でも、
本末転倒にならないための第一歩をお伝えしていますので、
ぜひぜひどうぞ!

↓↓↓こちらからどうぞ

お金のメンタリスト通信


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。