ドキドキ お金さんとの付き合い方を学ぶ「円流塾」 は現在3期、4期を進行中ですビックリマーク
ラブラブ 愛あるお金さんの循環ゲーム も毎月定期的に開催していますビックリマーク


   ニコニコいつでも、お気軽にどうぞニコニコ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-24 22:54:04

「美しきお金とのパートナーシップ」の方程式

テーマ:■お金の学校
・毎月の収支(フロー)でやりくりして節約を頑張っても、
・今現在の通帳の残高を増やさなきゃと頑張っても、
幸せそうでない方ってたくさんいます。

なぜでしょうか?
そこには、
・自分はこんなふうに生きる!という在り方や
・分かち合える大切な仲間、信頼できる家族や仲間

の存在がしっかりと認識できていないからではないかと思います。

 孤独というのはとても怖いもので、
行動経済学でも
「孤独だと脳の処理能力が低くなってしまう」のだそうです。
孤独だと詐欺にあいやすいというのも、何等かの関係があるとさえ思います。

今までのお客様、
そして円流塾でご一緒している方々を見ていて、
やはり、
「美しきお金とのパートナーシップ」
として3つのポイントがあると思います。

(1)循環:気持ちよく自分のためや他人のためにお金を出して(出し惜しみせず)、堂々と受け取ること
(2)調和:今のゆとり額を認識し、お金のことを家族や大切な人と話す時間を持つこと
(3)自他信頼:自分も周囲の人も信頼して、笑顔で姿勢よく自信をもって過ごすこと

こうして見ると、
お金の金額は、ごく一面を出しているだけなんですよね。
その人の姿勢、お金を動かす際の加速度や時間や人数なども大切な要素になってきます。

なので、「美しきお金とのパートナーシップとして高められることは
循環受取力=自ら大切なことに喜んで出すお金(フロー)の加速度
  ×ゆとりを感じられる額(ストック)とそれを話し合える時間
  ×自他の境なく共に信頼し合える仲間の人数と自分の姿勢

とみることができます。

こうすると、
足りないと口癖のようにいう、孤独なお金持ちは、循環受取力が低く、
価値観を大切に仲間と楽しんで出し惜しみなく過ごしている人は、循環受取力が高い評価になってくるんです。

よく考えると、これらの要素は、
「愛あるお金さんの循環ゲーム」の中にもすべて繋がっております。

ちょうど先週は週2回の開催の中で、皆さんのお金を動かす際の価値観や気持ち、ご自身に対する見方、仲間や大切な人への意識などを再確認しながら、楽しく再確認させていただきました。

・自分のために使いたいお金(自己投資)
・家族のために使いたいお金(家族投資・教育投資)、
・事業や社会のために使いたい・使って欲しいお金(株などの社会投資)、
・自分のハプニングにも対応できるためのお金・ゆとりのお金など・・・

今ある限られた範囲でお金を考えようとすると、
トレードオフが起こり、それが狭い損得勘定につながってしまいますが、

「今あるお金さんに対する捉え方を変える!」ことができると、まさに
行動の視点も変わってくると思います。

愛あるお金さんの循環ゲーム大会
は、毎月、いろんな曜日で開催しております。ぜひ↑↑↑こちらからどうぞ!

AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-15 21:36:00

通貨が変わる時代、今の私たちに大切なことは?

テーマ:■お金の学校
実は、そもそも「お金って何?」ということに関して、
円流塾でお話ししたり、書籍の準備をしています。

が、今、一番悩ましいのが、仮想通貨について。

これはもう、今までの常識や感覚が通用しないんですよね。

以前、円流塾で紹介した「21世紀の貨幣論」(東洋経済)にも、
・経済学を一から作り直す時代(今の経済システムは幸せ・豊かさ・自由・公平を生み出せていない)
・マネーに対する考え方をガラッと変える時にきている
・マネーを国が管理する時代は終わり
・マネーは社会的な技術。マネーを管理するのはあなた・自分自身。
なんてあるんですよね。

仮想通貨もそんな背景で、広がりつつあるようです。

経済産業省も仮想通貨、ビットコインなど取引記録を管理する技術「ブロックチェーン」の調査報告書をまとめて、
「潜在的な国内市場規模は67兆円」と予測しています。
経済産業省の調査書はこちら
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160428003/20160428003.html

まさに今までのお金に対する国の政策も変わり、
人々の価値観も、管理の視点も、ガラッと変わっていく時代なのだと思います。

そんなときどうするか?
それは、私たちの「生きていく姿、在り方」をどれだけ深く、しっかりと描いて、
それに合わせた道具としてお金・通貨を動かせるかということだと思います。

今の時代に、私たちが心しておきたいことをつづっている
お金のメンタリスト通信
ぜひご覧くださいませ
http://www.reservestock.jp/subscribe/43015


AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-05 12:10:10

貯蓄魔の副作用

テーマ:■お金の学校
連休前は、円流塾&愛あるお金さんの循環ゲームなどが複数並行し、
またまた素敵な方々とのシェア&学びの機会を有難うございました。

ちょうど「寄付」の仕方などにご興味をもって、ゲームに参加してくださる方がいらしたり、
単なる資産運用などではなく、自分に向き合ってお金と生き方をじくり学びたかったーと
言って円流塾に参加してくださる方がいらしたりと、
私もたくさんの気づきをいただいています。

それにしても、最近多く聞くのは、
「貯蓄しないとダメだと思ってました・・・」という声。
本当にそうなのでしょうか?老後が大変とか・・・?

実は、我が家もちょうど
娘の就職活動や、息子の2時間かけての大学通学をきっかけに、
そろそろ巣立つ準備をしている今、

私の中から湧き出る想いは、
 ↓↓↓
「私自身の老後は何とでもなる!それよりも、
今、可能性に満ちた人たちに、私が体験・会得したものを伝えきることが何より大事。
それができなかったら一番後悔する!」
というところに行き着いています。

なので今回は、
貯蓄をしなきゃと罪悪感を感じている方などに、
貯蓄魔の副作用として出てくる「孤独」

についてお伝えしようと思います。

**********
「あの人、お金貯めてるよね」
と言われたら、あなたは嬉しいでしょうか?

私自身は、実はあまり嬉しいとは感じないほうなのですが、いかがでしょうか?

真面目な印象とかは良いとは思うのですが、
「貯めても貯めても、不安が増長してキリがない人」
も私はたくさん見てきました。

「貯めなきゃ貯めなきゃ」と思ってしまう人の思考は、こんなかんじです。

・老後の年金は当てにならないし、今のうちから老後のために貯めなきゃ。

⇒だから、付き合いなども無駄は削り、質素倹約でいく。

・老後の病気や介護になったら、だれにも迷惑かけたくない。

⇒だから、その費用も自分で準備しなくちゃ。見守りサービスも?お墓も?永代供養料も・・・まだまだかかる。

・お金など資産が増えると、今度は税金がかかってきちゃう。
⇒税金なんて払いたくないから何かいい方法ない?でも納税資金も貯めなきゃ。

いかがでしょうか?
ここで一つ気づかれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

はい!それは・・・
自分以外の人との関係性が全く出てきていない!
ということです。

まさに「孤独」まっしぐらなんです。

そして自分の中から何かを生み出して解決しようというのでなく、
お金、しかも外部の相場による金額で解決しよう
とする。

でも!それで本当に解決できるのでしょうか?
そのお金、金額でさえ、今後何十年の間に物価水準が変わるなど、
経済環境の変化に振り回される可能性がある点を私は危惧しています。

じゃぁどうするか?

金額、つまり外的な相場感に頼らない、自分の中から見出せる価値を高めておくこと。
それは周囲のお仲間との関係にもつながり、「幸せ度」にも影響します。

自分が提供できる価値をどれだけ今から身に付けておけるかどうか・・・
そこにお金さんの使い方などもフォーカスしていくと人生の終わりに後悔することはないと思うのです。

**********
お金さんを自分のために大切に使い、周囲へ循環させて分かち合える動かし方、
これらは、私自身も、身を以って実践していますので、またご報告しますね。

毎月のゲーム大会、「愛あるお金さんの循環ゲーム」
参加者のみなさん自身が主体的に決めてスタートしてからお金の動きを体感します。

また
円流塾「美しきお金とのパートナーシップ
参加者さんとの対話で、
その時に旬の大切な情報や学びが加わってきます。

また皆様にお会いできる機会を楽しみにしております!

AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。