日々、想う。日々、感じる。

いつか福井のためにしっかり働ける人になる。

これが自分の夢。

いつも周りの人々、環境に支えられていることを意識する。

それが大切。

【PR】


テーマ:
最近、CMが好きです。



それも家族の歴史とか家族のつながりを感じられるCMが好きです。



どういった心境の変化でしょうか。



たぶん、、、独身じゃなくなって、誰かを支える、誰かに支えられている、ということを日々実感しているからかな。



だんだんまぁーるくなってきている。



いいことだろうけど、たまにそれでいいんだろうか?なんて悩んでみたり。



でも、自分が考えていた以上に結婚っていいな。



悪いところ見だしたら、嫌になっちゃうけど、良いところ感じていることを認めると多少の悪いことなんて、『まぁ、いいか』ってね。



難しいよなぁ。



口では簡単に言えるけど、認めるって本当に難しい。



認めていることを本人に軽々しく言う間は本当は認めていなかったと思う。



いや、認めていなかった。



その人のよさも悪さも全て『まぁ、いいか』って思えると認めたと思うんだよね。



ホント心がまぁーるくなってと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
初めてハーフマラソンに参加してきました。



21km。



長かった~。




今回は香川のお客様からお誘いを受けて、参加しました。



今まで10kmはちょくちょく走ってきていましたけど、そして、最近、10km走っても体の痛み、膝の痛み、足の裏のマメが無かったから、『いけるやろー』って軽い気持ちで参加OKして、毎週土日着々とトレーニングしてきたけど、全然足りなかった!



本番前に1度くらい20kmを走っておくべきだった!




今回、10kmまでは今までの10kmの記録を上回るスピードで走れて、体力もまだまだ行けるわーって感じだったので、10km過ぎてもペースを落とさず走り続けてました。



10kmが50分そこそこでした。まだまだスピード上げれるって思いました。



これがいけなかった。。



12km過ぎたあたりにあった坂をぐいぐい駆け上がったら、足の裏に違和感。何かびりびりする。



14km過ぎると足の裏の痛みが増してくる。走るスピードが落ちる。



16km。沈没。体力は全然余裕!って感じなのに、足の裏が痛すぎて、500m走ると、500mゆっくり歩く。これの繰り返しで5km。



タイムを2時間切る為にあった貯金10分を一気に使い果たし、そして、最終的に2時間5分。



あかんわー。



走るペースと走り方間違えた!完全に間違えた!



10kmを過ぎてから坂をぐいぐい駆け上がるのは危険や。



次は1km5分のペースで10km走って、坂はゆっくり登るで1時間50分を目指そう!



でも、ホントいい経験になった!



10kmの壁を破って21kmまで走れるようになった!



ハーフと10kmを混ぜながら、しばらく体を鍛えていこう!



いやぁー、今、筋肉痛がホントにしんどい!体が縮まろうとしているのがホントに痛い!



成長痛みたいだ!笑
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
男性の育休取得、時短勤務、在宅勤務を認める世の中が必要だな。



じゃないと安心して子育てなんて出来ない。『男性』というのが重要。
育休2ヶ月取得もしくは在宅勤務をどうにかして会社に認めさせたいなぁ。



男性の育児参加が今後必須だと思う。増税されて、手取りが減っていくなら、それを文句だけ言って
何もしないのはいけない。だから、夫婦お互いに働いていく必要がある。



妻が働く為には、夫が育児に参加するべきで、夫が育児に参加するためには、いろんな働き方や制度を
充実していく、認めていく柔軟な発想が必要。



まぁ、そうは言っても、いきなり育休と全日在宅勤務は厳しいよね、となりそう。
だから、じゃあ、週3日は在宅勤務で、というようなお互いが納得し合える着地点が必要。



そんな着地点を交渉できるそんな制度作りが必要だな。そして、実際に制度作りができる環境。
国の支援だけで、会社は何もしないは、無責任だと思う。
国の制度だけでは、絶対にサポートしきれない。だから、会社が何かしら制度を設けていかない
とこれからの日本の為にならない。日本の為にならないということは会社の為にもならない。



雇用保険を支払って働いている人が現状1年まで(or1年2ヶ月)しか育休を認められていない。
その後は特に何もないんでは、やっぱり今の世の中だと仕事を辞めてまで子供を生もう、という
ところまで考えが行きにくいんじゃないだろうか。
(時短が認められてはいるけど、時間が少なすぎる。あと、年齢という縛りが厳しい。)



これから男性がどれだけ子育てに参加するかで世の中が変わりそう。
男性も子育てすることが当たり前で、男性が子育てするから、また新しいビジネスが生まれるん
じゃないかなって思う。



『男性視点で生まれたサービスが少子化を救う!?』そんなことになったら嬉しい。



どんなに行政が制度を作っても活かされなかったら意味がない。
だから、誰かが無理矢理でも前例を作るか、仕事に支障が大きくない制度を会社内に作るかが必要。
組織に所属していると、周りの意見、周りの影響は絶対に無視できない。そこをどうするか。
まずは身近なメンバーの意見を聞くことからだな。



行政がこんな制度あります!って言っても、それは制度として、大きくて、それを社会に、会社に
どうやって取り込んでいくか、どうやって浸透させていくかが見えない。



そこを改善することが出来るビジネスがあると世の中の『子育て、教育、少子化』というところが
面白く、楽しく動きそう。



もっと社会に休暇を取りやすい環境を!そして、もっと気軽に子供のことで『すまん!』って言える
環境を作っていくことが社会を巻き込んだ少子化対策になりそうだ。
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
家を建てる予定はまだまだ無いけれども。


家を建てるなら、全てを管理できる家がいいなー。


電気、ガス、水道の使用量。


太陽光、風力など自家発電の発電量、蓄電量。


現在の蓄電量でどれくらいの時間、不自由なく電気が使えるのか。


水道、ガスの配管の消耗量。


各種機器の交換時期。



そして、それを月単位、年単位で確認はもちろん。



前年度比較、同年代世帯比較。



何の使用が多くて、どう改善するといいのかも教えて欲しい。



まだまだあるけど、こうやって出していくとどれも出来ないことはないな、と。



いや、すでに出来ているけど、知らないだけかも、と。



こうやってちょっと妄想するといろんなことが浮かんでくる。



仕事のちょっとした息抜きです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
最近、思い込みが多いんだなってホント感じる。



逃げないだろう、死なないだろう。



安全だろう、出来るだろう。



いろんなところにいろんな「~だろう」があるなって思う。



自分自身も仕事、私生活で無意識に「大丈夫だろう」「問題じゃないだろう」って思ってる。



これが平和ボケってことなんだろうな。



いつも危機意識を持つ必要はないと思うけど、思い込みで勝手に自分の中でセーフなラインに事象を移動させるのは良くないなぁーって思う。



どれもが当たり前じゃなくて、どれもが不変じゃない。



そういう意識を持たないと、なぁなぁになったり、マンネリになったり、関係が悪くなったりするんだろうな。



いかん、いかん。



みんながそうだから~って思って、何も考えないと、突然身の回りに何か起きたら対応できないな。



ちゃんと、考える意識を持たないとなー。



自分が見ている一つ一つがどうしてそうなんだろう?って考えることが出来たら楽しいかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード