日本の美を描く日本画家 宝居智子 Diary -カザフスタンで日本画制作-

日本画家、宝居智子のブログ。
現在カザフスタンで日本画を描いています。日本の美(日本の植物や人物)をテーマに作品を制作しています。近年日本の植物生態や四季は大きく変化し続けています。消えゆく日本の美しさを守りたいと思い展示活動をしております。


日本画家 宝居智子

日本画の伝統的な技法を用いて、
日本の美と自然、人物を描く日本画家。


作品テーマ

消えゆく日本の美を描く

「日本の美」をテーマに、古典絵画より現代に受け継がれる日本伝統文化を重んじ、現代人の描く古典絵画を目指し制作をしております。

現代では油絵のように岩絵の具を厚塗りで描いた作品が多く、古典技法による日本画作品を描く方が少なくなってきました。これは明治以降、西洋画の影響により日本の絵画が発展していったと考えられます。私は生まれ育った日本の美しさや歴史、文化をこよなく愛しております。それ故に伝統的な日本絵画にこだわりがあるのかもしれません。

日本画は日本の四季や生活と非常に強い関わりがあります。日本にははっきりとした四季の変化があり今日に至るまで多くの日本画家が四季折々の花や鳥や風景、日本の文化を描いてきました。しかし、地球温暖化の影響により、花の開花時期の変化や、海水の温度上昇による珊瑚礁の白化、日本には生息していなかった動植物の増加、日本の美しく安定した四季は日々早いスピードで変化し続けているのです。四季が変化をすると、気候と密接に結びついてきた伝統行事などにも支障が生じてきます。日本人の好きな桜も、このまま温暖化が進み2100年までに2~3度温度が上昇するとしたら、2050年頃までには鹿児島県の西部などで開花はなくなり、千葉県、神奈川県、北九州市の一部や九州南部、四国南部などでは、咲いても満開に至らず散ってしまうと予測されています。

私は美しい日本を守るためにも、日本画の伝統的技法、日本の文化を受け継ぎ理解し、絵の道を精進していきたいと考えております。


--------------------NEWS--------------------

■個展■

万画廊にて開催

2014年8月2日~8月10日

花蝶画の新作と、ひまわりギャラリーでの個展で発表をしましたカザフスタンの子どもたちの作品を展示致します。


■個展■

カザフスタンにて開催

2014年 9月

■個展■

カザフスタンで開催した個展を日本でも巡回して展示致します。

2014年11月12日~11月18日
伊勢丹浦和店にて開催

■二人展■

2015年新春

伊勢丹新宿本店にて開催

---------------------------------------------
日本画家 宝居智子


=====================================================================

 ■>>ホームページ   >>プロフィール【Profile】   ■>>作品【Work】

=====================================================================

連絡先

nihongahokyo@yahoo.co.jp



読者登録の方はこちらからどうぞ

$画家 宝居智子BLOG              


テーマ:


夢見草-鬱金桜- 60.6x72.7cm 雲肌麻紙・岩絵具・金箔

T o m o k o H o k y o S o l o E x h i b i t i o n
宝居智子日本画展「花蝶絢爛」


期間: 11月12日(水) ~ 18日(火)
時間: 10:30-19:30 (最終日17:00終了)
場所: 伊勢丹浦和店 7F= プチギャラリー
作家在廊:11月17日(月)以外10:00~17:30まで(14日金は13:00~在廊予定)



浦和駅西口徒歩一分


この度、9月23日より一カ月間カザフスタン共和国初代大統領博物館の国際プロジェクト「文化と対話」の枠組の下、在カザフスタン日本大使館の主催により、カザフスタンでは初めての日本画展を開催いたしました。
個展では6324人の来場があり、124回のツアーと28回のテーマ別ガイド、3回の日本画ワークショップが実施されました。
今回展示をされた作品は、11月12日より伊勢丹浦和店にて発表いたします。

絢爛豪華な日本画作品をお楽しみください。









AD
いいね!した人

テーマ:






Dear all who visited my solo exhibition,



Thank you very much to visit my solo exhibition this time. It was my honor that I could hold my exhibition in the prestigious museum in the Kazakhstan. (the museum of first president of the republic of Kazakhstan).

It was my first solo exhibition in the foreign country from Japan, and I was afraid that everyone don’t like Japanese painting so much, however I’ve received a lot of heartwarming comments from everyone, and felt really happy.

In addition, I could hold workshop of Japanese painting separately from solo exhibition, and during this workshop, I studied a lot of things from everyone.

I still have to study more about Japanese painting since I cannot satisfy my work some time, and it brings me a complex every time.

I know it is difficult to overcome this complex, however I also noticed during solo exhibition this time, to achieve it should be my goal.

I would like to move forward with my complex. This solo exhibition is unforgettable for me that I learned these things through the whole exhibition period.

Kazakhstan is my 2nd motherland for me. I’ll study Japanese painting more so that I can hold solo exhibition again in my this favorite country, Kazakhstan.



At the end, I would like to express my deepest gratitude for the people in Japanese embassy in Kazakhstan and in the museum of first president of the republic of Kazakhstan who supported my solo exhibition very much, as well as I would like to express my deepest appreciation for the people who visited my solo exhibition!



Sincerely yours,

Tomoko Hokyo


この度はカザフスタン初代大統領博物館という名誉ある会場にて個展を開かせて頂きまして誠に有難うございました。

海外では初めての個展だった為、日本画を皆さんにどう感じて頂けるか不安な気持ちで一杯でしたが、皆様から素敵なご感想を多く頂き大変嬉しく思っております。

また、今回の個展では作品を観て頂くだけでなく、日本画のワークショップも開催させて頂き私自身とても勉強 になりました。

私は画家として未熟な点が多く、コンプレックスだらけです。このたくさんのコンプレックスは画家の仕事をする上で永遠に続くかもしれませんが、今回の個展で新たな目標ができました。コンプレックスがあるからこそ前に進めるのだと今は思います。それに気づかせてくれた今回の個展は私にとって一生忘れられないものとなりました。

私にとってカザフスタンは日本の次に大事な国です。また愛するカザフスタンで個展が出来るよう、これからも画業を精進していきたいと思います。

最後に、今回個展を主催して下さった在カザフスタン日本大使館、初代大統領博物館、会場に来て下さった皆様に心より御礼申し上げます。



宝居智子



写真は今回の展示でお世話になって皆様と、日本画のワークショップに参加した学生たちです。


AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード