日本の美を描く日本画家 宝居智子 Diary -カザフスタンで日本画制作-

日本画家、宝居智子のブログ。
現在カザフスタンで日本画を描いています。日本の美(日本の植物や人物)をテーマに作品を制作しています。近年日本の植物生態や四季は大きく変化し続けています。消えゆく日本の美しさを守りたいと思い展示活動をしております。


日本画家 宝居智子

日本画の伝統的な技法を用いて、
日本の美と自然、人物を描く日本画家。


作品テーマ

消えゆく日本の美を描く

「日本の美」をテーマに、古典絵画より現代に受け継がれる日本伝統文化を重んじ、現代人の描く古典絵画を目指し制作をしております。

現代では油絵のように岩絵の具を厚塗りで描いた作品が多く、古典技法による日本画作品を描く方が少なくなってきました。これは明治以降、西洋画の影響により日本の絵画が発展していったと考えられます。私は生まれ育った日本の美しさや歴史、文化をこよなく愛しております。それ故に伝統的な日本絵画にこだわりがあるのかもしれません。

日本画は日本の四季や生活と非常に強い関わりがあります。日本にははっきりとした四季の変化があり今日に至るまで多くの日本画家が四季折々の花や鳥や風景、日本の文化を描いてきました。しかし、地球温暖化の影響により、花の開花時期の変化や、海水の温度上昇による珊瑚礁の白化、日本には生息していなかった動植物の増加、日本の美しく安定した四季は日々早いスピードで変化し続けているのです。四季が変化をすると、気候と密接に結びついてきた伝統行事などにも支障が生じてきます。日本人の好きな桜も、このまま温暖化が進み2100年までに2~3度温度が上昇するとしたら、2050年頃までには鹿児島県の西部などで開花はなくなり、千葉県、神奈川県、北九州市の一部や九州南部、四国南部などでは、咲いても満開に至らず散ってしまうと予測されています。

私は美しい日本を守るためにも、日本画の伝統的技法、日本の文化を受け継ぎ理解し、絵の道を精進していきたいと考えております。


--------------------NEWS--------------------

■個展■

万画廊にて開催

2014年8月2日~8月10日

花蝶画の新作と、ひまわりギャラリーでの個展で発表をしましたカザフスタンの子どもたちの作品を展示致します。


■個展■

カザフスタンにて開催

2014年 9月

■個展■

カザフスタンで開催した個展を日本でも巡回して展示致します。

2014年11月12日~11月18日
伊勢丹浦和店にて開催

■二人展■

2015年新春

伊勢丹新宿本店にて開催

---------------------------------------------
日本画家 宝居智子


=====================================================================

 ■>>ホームページ   >>プロフィール【Profile】   ■>>作品【Work】

=====================================================================

連絡先

nihongahokyo@yahoo.co.jp



読者登録の方はこちらからどうぞ

$画家 宝居智子BLOG              


テーマ:

個展のお知らせです。
今回帰国が出来ないのですが、日本で個展を予定しています。作家不在ではありますが、足をお運び頂けたら幸いです。
個展の詳細と、恥ずかしながら作品テーマも記載しました。


宝居智子 個展
-野に咲く命とカザフスタンの子どもたち-
T o m o k o H o k y o S o l o E x h i b i t i o n





2014年8月2日(土)~8月12日(火)
※会期中無休(11:30-19:30) ※最終日は17時終了
東京都中央区銀座1–23–2 GINZA上野ビル1F
〒104–0061
TEL/FAX(03)5250–3667
http://www.yawoyorozu.com   man@yorozu07.x0.com
※会期中無休(11:30-19:30) ※最終日は17時終了


[個展開催にあたって]
 万画廊さんでの個展は今回で二回目の開催となります。
この度の個展では、野に咲く草花と、今年春の個展にて発表をしたカザフスタンの子どもたちを展示致します。
今まであまり制作をしなかった「野芥子(ノゲシ)」「春紫苑(ハルジオン)」「白粉花(オシロイバナ)」などの帰化植物を一部作品に描きました。

[作品テーマ]
 私は「日本の美」をテーマに作品制作に励んでおります。日本画は日本の四季や生活と非常に強い関わりがあります。日本にははっきりとした四季の変化があり今日に至るまで多くの日本画家が四季折々の花や鳥や風景、日本の文化を描いてきました。しかし、地球温暖化の影響により、花の開花時期や、海水の温度上昇による珊瑚礁の白化、日本には生息していなかった動植物の増加、日本の美しく安定した四季は日々早いスピードで変化し続けているのです。四季が変化をすると、気候と密接に結びついてきた伝統行事などにも支障が生じできます。
 私は美しい日本を守るためにも、日本の伝統的技法、日本の文化を受け継ぎ、絵の道を精進していきたいと考えております。








今後の展示予定です


右矢印今後の展示予定



※掲載の記事、写真、作品等の全てのコンテンツの無断模写・転載を禁じています。

 Copyright Tomoko Hokyo.

 All rights reserved. No reproduction or republication written permission.






---------------------------------------------
日本画家 宝居智子HP
いいね!した人
PR

テーマ:

先日はカザフスタン大統領の誕生日のため、カザフスタンは三連休でした。

アティラウから飛行機で4時間で首都のアスタナへ移動し、アスタナから車で2時間半でバラボエという湖畔の美しい地へ国内旅行へ行きました。




地図上の西側の下が現在住んでいるアティラウ。東側の黄色く表示されているのが首都のアスタナ。アスタナの上にあるロシアに近い地がバラボエです。


砂漠が多く水の少ないカザフスタンにとって、バラボエは人気のリゾート地です。



イメージ的には箱根の芦ノ湖のような雰囲気でしょうか。



水着を着て泳いでいる方がたくさんいました。

ロシアから車で旅行に来る方も多いそうです。



森林、岩、湖のコントラストがとても美しく、自然を楽しむことができました。





この石のまわりを、願い事を思い浮かべながら7回まわってコインを石に投げると願い事が叶うと言われています。


アティラウでは味わえない大好きな自然に触れることができ、良い絵が描けそうな力が湧いてきました(^O^)



今後の展示予定です


右矢印今後の展示予定



※掲載の記事、写真、作品等の全てのコンテンツの無断模写・転載を禁じています。

 Copyright Tomoko Hokyo.

 All rights reserved. No reproduction or republication written permission.






---------------------------------------------
日本画家 宝居智子HP










いいね!した人
PR

テーマ:

女子美術大学の進路説明会等で卒業生として掲載されました。






今後の展示予定です


右矢印今後の展示予定



※掲載の記事、写真、作品等の全てのコンテンツの無断模写・転載を禁じています。

 Copyright Tomoko Hokyo.

 All rights reserved. No reproduction or republication written permission.






---------------------------------------------
日本画家 宝居智子HP
いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード