■tomoko blog

中西とも子の日々の活動や、思い、お知らせをタイムリーにブログで発信します。


テーマ:
櫻井よしこん&清水 勉さん&田中康夫さんの豪華キャストが箕面へ。

1月27日(土)、住基ネットを考える会(準)が主催して行なわれた講演会は、約900人余の市民が参加して盛況でした。3名の講師がジャーナリスト、法律家、自治体の首長経験者というそれぞれの視点から住基ネットの問題他について講演され、あっという間に2時間が過ぎました。

櫻井よしこさんは「1000億円もかけた制度」だが、「行政効率のメリットもまったくない」と厳しく指摘。制度導入時から接続を拒否した矢祭町を例に、「接続しなくても何ら町民は不便を感じていない」とし、当事者意識にもとづく価値観で行政の在り方を決めるべきで、総務省の言いなりにならないためには市民の力が大事だと力説されました。

日弁連の清水 勉さんは「セキュリティーに問題はない、とした大阪高裁には不満である」とし、「不正に使われてもわからない。このような仕組みは駄目」「これは地方自治の問題であり、地方財政の問題でもある」とし、この制度の膨大なムダと嫌な人・わからない人を巻き添えにして税金を使うのは民主主義にも反する。このことについて議員は表向きの内容のない議論ではなく、しっかりと論じるべきであると、箕面市議会のあり方にも釘をさされました。

最後に前長野県知事の田中康夫さんは、「住基ネットはムダな公共事業」「消費者の視点が欠落している」とし住基ネットは自治事務であるから、引越しすればまた新たにカードを作らねばならないことを例に、問題の一部を紹介しました。独特の表現でたびたび会場を沸かし、あっという間に所定の時間が終了しました。

3名の講師の方々三様のお話でしたが、共通していたのは住基ネットは「税金の無駄」であり市民ひとりひとりが意思表示を行えば、道は開かれる、ということでした。

最後に講演を聞いていた藤沢市長も「地方と国、個人と国家の問題である」との認識であると挨拶。
意義深く、中身の濃い講演会となりましたが、今後どう取り組んでいくかが課題であると思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

tomoko-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。