2018年1月10日(水)、高島屋のバレンタインチョコ「アムール・デュ・ショコラ」プレス内覧会にお声がけいただき、参加してきました!

高島屋のバレンタインチョコイベントは初参加だったので、どんなチョコに出会えるかとても楽しみでした。

気になるチョコをご紹介しますね!

 

MINA HANDMADE CHOCOLATES(ミナ・ハンドメイドチョコレート)

会場に来ていたミナさん。ギリシャ出身でベルギーでお店を開いています。

 

ギリシャの素材にこだわって作られたショコラは日本初、高島屋限定の詰め合わせ。

 

トリュフを試食させていただいたところ

 

とても爽やかで軽やか。口の中でホロリと溶けるチョコは繊細でした。

今更ですけど、トリュフは冷蔵してカチンカチンよりも、常温でホロリと溶ける方が美味しさがわかりますね。

甘さを抑えて作られており、ショコラティエールらしい繊細なお味でした。

 

【高島屋限定】ル・ヴァン・ドゥ・グレス(ミナ・ハンドメイドチョコレート)

 

Maison Chaudun(メゾン ショーダン)パヴェ ア ロランジュ

こちらはオレンジの風味が付け加えられたもの。爽やかな風味も感じつつ、濃厚なカカオが美味なチョコでした。

 

パヴェ ア ロランジュ(メゾン ショーダン)

 

ちなみにメゾン ショーダンの「パヴェ」はとても人気が高く、「パヴェ ノワール」はネット販売開始から即日で完売、「パヴェ オレ」も翌日完売しておりました。

 

BENOIT NIHANT(ブノワ・ニアン)

こんなところでブノワ・ニアンに出会えるとは思ってもいませんでした!

ワタクシ、チョコは詳しくないのですが、唯一こちらのチョコだけは存じておりまして、知らない人ばかりが集まる会場の中で知り合いを見つけたかのような嬉しい気持ちになりました。(笑)

 

初めての出会いは2013年。某百貨店で日本初上陸ということで興味本意で購入。それがとても美味しかったんですよね。チョコ以外の余計な味がなく、純粋にチョコが楽しめる。そこに惹かれ、2015年2016年にも買ったりしてました。

 

久々に口にするブノワ・ニアンのチョコはダークで、大人の味。とても美味しかったです。時間のあるときにゆっくり味わいたい。

 

BENOIT NIHANT(ブノワ・ニアン)

 

Benoit Chocolats(ブノワ・ショコラ)

キャラメリゼしたアーモンドスライスの食感で人気の「キャラモンド」がボンボンショコラになった一品。

ホロっとするかと思いきや、細かなカリカリのキャラメリゼが楽しく、ふわっとした口どけ。

 

パッケージがかわいく、商品名はそのまま「KAWAII」。

見た目もお味も遊び心のある楽しい感じの一品でした。

 

Benoit Chocolats(ブノワ・ショコラ)

 

Patrick Roger(パトリック・ロジェ)

家帰ってから、サイトでチェックしたらこれだけ別格でお値段高く「あっ、もっと味わって食べるべきだった」と思った一粒。

それもそのはず、30歳の若さでM.O.F.(フランス国家最優秀職人)を受章したフランスのトップショコラティエ、パトリック・ロジェ氏が作り出すプラリネなのでした。

 

こちらもとても軽い食感で、クランチ感が楽しく、それでいて所々塩が効いており、遊び心が感じられました。

 

Patrick Roger(パトリック・ロジェ)

 

↑ここまでが「自分へのご褒美」的なチョコのご紹介

ここからは友チョコや会社配りチョコをご紹介♪

 

<アムール・デュ・ショコラ×リトルグリーモンスター>限定ショコラBOX

リトル・グリー・モンスターとコラボしたショコラ!

 

プレス内覧会では彼女たちが出演しておりました。(私は会場に遅れて到着したため、フォトセッション時間には間に合わず・・・)少し曲を歌っていて、とても美しい歌声でしたよ。

 

ボックスには2種類あり、A(ブルーベリー3個、ビター2個、オリジナル缶バッチ)タイプと

 

B(フランボワーズ3個、ビター2個、オリジナル缶バッチ)タイプがあります

 

オリジナルの缶バッチが付いていて可愛いですね!

箱の中に応募ハガキが入っていたら、アタリ!直筆色紙がもらえるそうですよ〜

ネットではA、Bタイプがセットになって販売しています。(1人2セットまで)

 

アムール・デュ・ショコラ×リトルグリーモンスター 限定ショコラBOX

 

HENRI CHARPENTIER(アンリ・シャルパンティエ)

会社で配る用とかだと、チョコよりも個包装された焼き菓子の方が重宝しますよね。

 

販売数世界一として2015年から3年連続「ギネス世界記録」に認定されたアンリ・シャルパンティエのフィナンシェ。

 

チョコレートの味が濃厚でとても美味しかったです

こういうの会社のお菓子や小腹が空いたときにピッタリなんですよね。(笑)ご挨拶などのお土産、お持たせにも良さそうです。

 

アンリ・ショコラ・アソート Lボックス

 

PATISSERIE YANAGIMURA(パティスリー ヤナギムラ)

薩摩の本格焼酎蔵とコラボレートした人気の鹿児島のパティスリーヤナギムラのボンボン。

 

今年は鹿児島アツいですからね。大河ドラマ始まりましたから。全国のお父さんが見てるのではないでしょうか。(我が家も見ています。)

「鹿児島の焼酎が入ってるチョコなんだって!」とか言いながらお父さんにプレゼントしたいですね。焼酎好きな方にピッタリ。

 

中にはリキュールがたっぷり入っておりまして、でもすごくお酒!という感じではないです。

ビターチョコにリキュールが混ざり合い、遠くの方で焼酎らしいコクのようなものを感じます、上品な味わいです。

私は「紅東印」と「宝山」を試食しましたが、他にもいろんな焼酎のボンボンがあり、9個入りで販売しています、高島屋限定。

 

【高島屋限定】薩摩の宝プレミアム

 

Mary's Chocolate(メリーチョコレート)ショコラーシカコレクション

メリーから、可愛らしいマトリョーシカをモチーフに作られたチョコ。

写真撮り忘れちゃったんですけど、パッケージがとてもかわいくて、3体のマトリョーシカにチョコが入ってるんです。

 

中のチョコも美味しく、流石はメリー。

食べ終わってもパッケージが缶でできたマトリョーシカなので飾っても良いかもですね!小さなお子さんにも喜ばれそう。

 

以上、高島屋のバレンタイン「アムール・デュ・ショコラ」プレス内覧会のご紹介でした!

 

普段だと、自分用(高くて美味しいチョコ)、旦那さん用(手作り、見た目重視)、会社用(コスパ重視)と用途がハッキリしていて、それ以外のチョコに目がいかないし、1箱で買うとお高いから、なかなかアレもコレもと試すことができないですけど、こういう内覧会だといろいろ試食できて良いですね。

 

今年は高島屋で買おうかな〜。毎年激戦と聞きますから、空いてる日にちを狙って・・・さて、いつが空いてるかな・・・(笑)

 

高島屋のバレンタインデー

 

2ヶ月前にソウルに行った時泊まったホテル「フォーポイントバイシェラトン ソウル南山(Four Points by Sheraton Seoul, Namsan)」です

実際に泊まった時の感想を書いていきます〜

 

ソウル駅から徒歩約4分というアクセスの良さ!空港鉄道からは少し距離あります。地下鉄駅から繋がっており、とても便利な場所に位置しています。

 

ホテル1階左側のビルにコンビニやカフェがあり、とても便利です。お食事は周辺ちょっと閑散感ありますが、駅方面に向かえば何かしらあります。

下の階層はオフィスで、19階がホテルロビーになっています。

 

さて、お部屋ですが、我々はツインルームでした。(部屋番号2209)

新しく綺麗なのが良いですね!

 

部屋の景観なのですが、お昼頃にチェックインし、今部屋案内すると景色がそんなに良くないとのこと。じゃあ待てば良い景色の案内してもらえるの?と聞いたら、約束はできないとのお返事。

 

とりあえず荷物だけ預け、夜ホテルに帰ると、実際に用意してくれたお部屋は・・・

ソウル駅が一望できる長めの良いお部屋でした、お姉さんグッジョブ!

大きな駅ですね!

 

朝撮った景観。ソウルの栄えてる逆側を見てるんだと思うんですけど、結構民家があるんですね。

日本で言うところの東京駅みたいなもんだと思うから、駅近くの民家は意外ですね。

 

窓際に細身のテーブルと荷物置き場

空調はされてたものの、自分たちで調節するのはあったような、なかったような・・・11月末行った時はすごく寒いというわけではなかったし、特に部屋が寒いということはなかったです。

 

テーブルに備え付けてある電源は日本のコンセントも入ります。

(すでに夫氏が持参のUSBアダプターを挿してる)これでスマホが充電できますね!

Wi-fiも各フロアーごとに飛んでおり、スピードも早く、さすが韓国。

 

机には時計もありました。

 

備え付けのポットやコップ、マグ、粉末系飲み物、(ベッドサイドにある)ペットボトル完備。

 

冷蔵庫は何も入っておらず、自由に使えます。

 

壁にはテレビが。たぶんケーブルテレビで、NHKもありましたよ〜

私は割と付けっぱなしで、これのおかげでK-POPの名前「Apink」や「TWICE」を知ったのでした。

(音楽番組で良いなと思った曲が流れた時スマホで撮って、グーグル翻訳でスキャンして訳した)

 

使い捨てスリッパもある!ありがたい。

 

引き戸を引いてバスルームへ。

トイレ周り清潔感あり

 

シンプルでスタイリッシュなデザイン、良いですね。

アメニティ系は、歯ブラシなどはありました。(私は備え付けのものは使わないのでちょっと記憶がないです、すみません)

 

お風呂はシャワーのみでした。

シャンプーやコンディショナー、ボディソープは備え付けで補填タイプ。

 

タオルや予備のトイレットペーパーはシンクの下にありました。

 

部屋の位置的に、部屋と部屋の間に位置する場所でしたが、お隣りの音が聞こえる等はなく、夜静かでした。

飛行機が深夜発早朝着だったこともあり、耳栓することなくグッスリ眠れました。

 

そして、翌日は朝食ブッフェ。ロビー階(確か19階)左側のレストランへ。

 

ブッフェは朝6:30〜10:00まで。我々はギリギリの時間に行ったため、最後ガラガラでしたが結構混んでました。

ビジネス系のホテルとのことでしたが、お客さんはファミリーやカップルなどが多い印象。逆にビジネスマン風な人はあまりいなかったです。土日に宿泊したからかな。

 

ブッフェの品揃えは充実していて良かったですよ!

 

卵調理サービスはきちんと列を作って待つ光景も。

しかし、中東?西洋人っぽい人が割り込んできて、ガツガツ頼んでお店側もそれを断らないのは良くなかったですね。

 

料理はいろいろあったので、好きなものを選べたのは良かったです。

 

私がチョイスしたもの。

サラダ多め、卵はオムレツにしてもらいました。

 

すごく豪華!というわけではないけれど、充実していて満足。リーズナブルな印象。

私的には、k-pop的な感じのクリスマスBGMがかかってたのがとても良かったです。あ〜韓国って活気あるな〜と思いました。

 

フォーポイントバイシェラトン ソウル南山の感想まとめ

 

・ソウル駅に近くて便利、適当に出かけてもソウル駅に戻って来れば良いからすごく楽

・新しくて清潔感ある

・少しランクが上のビジネスホテル感あり

 

「駅近い、ソウル駅どっから帰ってきても分かりやすい」という地理的条件が一番の良さに感じました。

シェラトンと言っても高級感やホスピタリティー漂うという感じではなく、シンプルに必要なものを心地よく揃ってる、という感じでした。

 

フォーポイントバイシェラトン ソウル南山(楽天トラベル)

 

※開発元の株式会社ログバーが実施した、音声翻訳機「ili(イリー)」の体験モニター企画に参加し、韓国を訪れました。開発機の第2世代「ili」を一足先にお借りし、飛行機と宿泊のみ手配していただきまして1泊2日韓国・ソウルで現地テストしてきました。

GODIVA2018の福袋いただいたよ

テーマ:

明けましておめでとうございます!

 

年初め、実家に帰りましたら、実姉がゴディバの福袋をくれまして。ありがとうございます♪

 

さて、気になる中身ネタバレはこちら!

左上から、バー ダークラズベリー、パール ミルクチョコレート カプチーノ、ニューイヤー アソートメント R(8粒)。

左下、クッキー アソートメント、ニューイヤートリュフ アソートメント(6粒)。

 

ニューイヤートリュフ アソートメント(6粒)が豪華!

左上から、トラディッショネル、アメール、アモンド ミエル、左下がキャラメル サレ、プラリネ アモンド、プラリネ ブラジリエンヌ。

 

食べるのもったいないけど、一番初めに食べました。(笑)

トリュフ美味しい!大人の味ですね。

 

ニューイヤー アソートメント R(8粒)には「ゴールド」と名前の付いたシリーズのチョコ6種と

「カレ」というソリッドなチョコの組み合わせ。

 

クッキー アソートメントはダークチョコレート、ミルクチョコレート各4枚の8枚入り。

そう言えば、会社のお歳暮でもゴディバのクッキー配られました、繊細で美味しいですよね。

 

バー ダークラズベリーと

 

パール ミルクチョコレート カプチーノは手軽に食べれそう。

以上、5点のチョコレートが入ってました!

 

また、入ってた袋はエコバッグになっていて

 

中側は防水っぽい加工が施されてるので、冷蔵庫から出した冷たいものを入れてもシミになりにくそう。

マチが広く、お弁当入れにも良さそうです。

 

以上、ゴディバの福袋でした!

 

福袋は毎年何かしら買うんですが、いつも似たようなものを買ってしまって、アイテムかぶりをしちゃうから今年は買うのやめようかなと思い、そうすると勢いがなくなっちゃうんですよね、何も買わなかったんです。なので姉の粋な計らい、サプライズはとても嬉しかったですね。夫と大事に食べます。

モニターさせていただいた音声翻訳器「イリー(ili)」。韓国旅行体験の後半です。

イリーの翻訳は万能!というわけではなくて、苦手なこともあります。そんな体験も交えてご紹介しますね。

 

ジュエリー屋さんで欲しい商品が伝わらない

クリスマスのイルミネーションを見たり、途中カフェに入ったりフラフラと歩いてると、ウィンドウにかわいい雪の結晶のネックレスを発見。

 

ちょっと覗いてみたくなり、お店の中に入って該当の商品を探すも見当たらず・・・

そこで、ここぞとばかりイリーを使い店員さんに「雪の結晶のネックレスはどこですか?」と聞くも、どうも伝わらず。

 

何度か「雪の結晶」など細かく単語を分けて伝えてもピンとこない感じ・・・ネックレスだということは伝わったのですが。

 

そこで「Snow」や「Window display」など、浮かんだ英語を伝えると、そこでやっとどの商品のことを言ってるのか伝わったらしく、その場所に誘導してくれたり、ウィンドウに展示してあった雪の結晶のネックレスを取ってきてくれました。

 

私はネックレスが大好きでして、買う時必ず確認するのが(18Kなど)金属の純度。純度は錆、経年劣化に関わってくるからです。

 

そこで「10金ですか?」とイリーで聞いてみたところ、これがイリーには難しかったらしく、うまく変換できず。

 尋ねるこちら側もなんて言えば伝えられるかうまく浮かばず、結局「Gold?」と訪ね、14金との答えが返ってきました。(ちなみに日本の可愛らしいジュエリー屋さんでは10金や18金がポピュラーなのでちょっと驚きました、14金ってあるんですね)

 

手に持ったり、質問したりして、翌日も同じブランドの他店舗に再び入ったりして(そこでは同商品は完売したとのこと)、結局買わなかったのですが(笑)ウィンドウで見るだけでなく、実際に試すことができて良かったです。

 

イリーは旅行の会話を得意とした音声翻訳器だから、あまり使わない固有名詞や具体的で専門的な短い単語だと伝わりにくいのかも。文章の流れで変換してくれるから単語で言うよりも文脈のある文章の方がうまく変換しやすいのかなと思いました。

 

東大門にはない展望台を探す

夕景が綺麗だったので、高いところに登ったらさぞ綺麗だろうと思い、スマホのグーグルマップで検索すると、近くのファッションビルにあるとレビューが。

 

ビルの受付に「展望台はどこですか?」聞くと、ないとのこと。

グーグルマップのレビューには「ホテルの最上階」と書いてあったので、ホテルに行けばわかるんじゃないかと思い、同ビル内のホテルの場所を聞いたら「ちょっと複雑なんだけど」と言って道順をメモに書いて教えてくれました。

 

一旦ビルを出て、違うドアから入り、ビル中階ホテルフロントへ。しかし、展望台らしい風景はなく、最上階はホテル利用者しか上がれず。

 

仕方なく一階に下り、納得いかない私のために、入り口に常駐していた受付に夫氏が「展望台はありますか?」とイリーで尋ねたところ、丁寧な「ない」というそぶりの答えが返ってきました。

 

グーグルマップのレビューをよくよく読むと、レビューを書いた人はブラジル人で、うまく日本語変換されず、勘違いしたようでした。

やや釈然としない結果でしたが、ビルの受付の人がそう言うのなら、そうなんだろうと納得して後にしました。

 

イリーはこういう「ありますか?」など質問には大変便利で、スムーズに意思疎通ができ、じゃあ次!と行動に移せるのが良いです。

 

イリーを実際に使ってみて感じたメリット

・その場で思った「したいこと」や「聞きたいこと」が現地の人に伝えられる

・ネットに繋いでなくても使える

・小さくて軽い、持ち歩きやすい

 

イリーの気になる点、要望

・日本語からハングル語の一方通行のみ、返答がしやすい質問を考える必要あり

・ハングル語から日本語訳が知りたい!

 

体感的には、ショップなどお買い物でイリーを使うよりも、場所の方向や有無を問うシーン、気持ちを伝えたい時などにイリーが活躍しやすいかなと感じました。

 

私の知人でハングル語を学んでる人がいるのですが「こういう時なんていうのかな?」など、学んでる人への勉強にも良さそう。

 

私はもう長いこと働いていまして、海外旅行はひとつの大きなハードル。まず休みが取れにくい。そしてエネルギーが必要。

 

言葉が分からないし伝わらないしな〜と思うとそれだけで憂鬱になって、別に行かなくても良いか、日本でも充分、食べれるし買えるよ!と逃げ腰になるけど、行けば行ったですごく刺激を受けるし、とても良かったです。

韓国人みんな誠実で優しい。気持ち的にリフレッシュでき、パワーもらえました。

 

 

翻訳デバイス イリー

 

 

※訪問日は2017年11月。開発元の株式会社ログバーが実施した、音声翻訳機「ili」の体験モニター企画に参加し、韓国を訪れました。開発機の第2世代「ili」を一足先にお借りし、飛行機と宿泊のみ手配していただきまして1泊2日韓国・ソウルで現地テストしてきました。

音声翻訳器「イリー(ili)」をモニターさせていただきました!

夫と2人3脚、お互い足りないところを補い合いながら(笑)、「イリー」を使って韓国旅行をしてきました。

 

軽く「イリー」をおさらい!

「イリー」はボタンを長押しで訳したい日本語を話し、離すと翻訳されて話してくれるという機器です。

上の写真のように「こんにちは!」と言えば、「アンニョンハセヨ!」と喋ってくれます。

 

うまく付き合うには「短めの文章で」「(イエス・ノーなど)返事を想定しながら」「複雑な固有名詞を使わない」こと!

 

それでは言ってみましょ〜!

 

韓国式スーパー銭湯「チムジルバン」で初イリー

深夜2時発、朝5時ソウル着。ワタクシ、40半ばの人間に完徹はこたえます。

我々は電車で市内に向かい、韓国ではポピュラーな「チルジルバン」というスーパー銭湯的なところに行き仮眠することにしました。

 

体を2〜3時間休め少し正気を取り戻し、お店を出る時に受付にて、イリーを使ってみよう!と初トライしてみました。

 

夫「平日も混んでるんですか?」

お店のお母さん「そんなことないですよ。(アニョ〜)」

 

夫「今日は混んでますね!」

母「そうね〜!(イェ〜 イェデヨ〜)」

 

この時我々は「そう言えばハングル語を知らない」という事実にハッと気づいたのですが、なぜか私はハッキリ理解できました。

語感や雰囲気、話の流れ、昔行った語学留学や韓国旅行で覚え知ったハングル語がフラッシュバックし、理解できたのかもしれません。

 

とりあえず、イリー初体験が無事成功し、ホッとしたのでした。(笑)

 

カムジャタン屋さんでランチ

その後、昨日の夜から何も食べておらず、お腹がグーグー鳴っている。荷物を置きに予約していたソウル駅近くのホテルに移動、ガイドブックで徒歩圏内のお店を見つけ行ってみました。

 

見た目だけでは絶対入れないお店。ガイドブックとgooglemapを頼りにお店へ。

 

ところで今回韓国のお店通じて感じたのは「オモニ(お母さん)はすごい」。空気を読む力、察知能力がハンパない、そして仕事早い。

 

手振りで2階に誘導され、テーブルに座るなり、「イリー」を出す以前に、鍋やら皿やら出てくる出てくる手際の良さ。

 

私、手をチョキ(2人の意味)サイン出してうんうん頷いただけですけど。(笑)

 

一方、沖縄の血が流れてるスローペース夫氏。落ち着いた頃グツグツ煮えてる鍋にやっとイリーで「もう食べれますか?」の質問、オモニそぶりでイエスの表現。

 

早し。そしてカムジャタンめちゃめちゃ美味しい。例えるなら牛テールスープのようなうまさ。

 

さらに「イリー」で「ラーメンください」はスムーズに伝わり

美味しいものが食べれた喜びと、辛さと熱さで体も心もほっこりしたのでした。

 

お会計時に即席で覚えた「チャルモッゴスムニダ(ごちそうさま)」を言ってカードでスマート円満会計。お店の人にも何を言ってるか分からないけど呼応してもらってハッピーなランチでした。

 

屋台で韓国スイーツ体験

ゆっくりソウル市内散策。賑わう南大門市場へと向かいました。

 

市場といったら屋台!甘いホットク買ってみようよ!ということで、イリーで「ひとつください」と尋ねると、特に味は聞かれず(笑)ノーマルなホットク(蜂蜜味 1000W)を渡してくれました。

美味しい!甘い!うまい!

 

「美味しい」、「温かいです」とイリーで伝えると、お店の人もにこやかに。

雨が本格的に降り始めましたが、雨の中の市場でも活気があって楽しいです。

 

実感したのは「イリー」は「あ〜思いが伝えられたら良いのに」という小さな心の声の溝を埋めてくれるツール

言葉が分からずまぁいいか!で自己消化、納得しちゃうのもアリだけど、できればこちらの思いや要望をストレートに伝えたれるのが良いです。

 

英語で「Thank you」ももちろん良いけど、その国の言葉で気持ちを伝えると、必ず笑顔で返ってくる、イリーはそういうハッピーで楽しい旅作りを手伝ってくれると感じました。

後半に続きます〜

 

翻訳デバイス イリー

 

※訪問日は2017年11月。開発元の株式会社ログバーが実施した、音声翻訳機「ili」の体験モニター企画に参加し、韓国を訪れました。開発機の第2世代「ili」を一足先にお借りし、飛行機と宿泊のみ手配していただきまして1泊2日韓国・ソウルで現地テストしてきました。