前回の続きです。
今回の記事では各セクションごとにいろいろと書いてみます。

計算関連
練習を重ねても上達しない、といったことは感じません。
特に嫌がる感じもなし。
ただし、前回も書いたように、計算力が若干得点に反映されにくい傾向を感じるので、より高めの実力養成を念頭に指導していることが多いです。

線分図、面積図等を描くのは上手が目立つ
僕にとって意外だったことの一つです。
最初の頃は苦手だろうな、と思い込んでいましたが、どうやら違う。
その時点の学力から考えて、上手に描くことが多い。
ある程度練習さえすればお絵描きの要領なのかな、と最近は思ったりもしています。
描きさえ出来れば直感的に解答の道筋が見えるチャンスが大きく広がるので、これは使い方次第では相当に強い武器となり得ます。
女子の算数攻略の大きな鍵と言って差し支えないと僕は考えています。
描ける、分かる、解けた、簡単、またやる、の好循環に持ち込めば勝利はかなり近づきますからね。
結構な割合の特殊算、図を描ければ直感的にいけますよ(^∇^)

N進法、演算記号への抵抗感が少ない
この分野、男子だと相当に嫌われる傾向が強いのですが、女子はそうでもない。
拍子抜けすることも度々です。
一定の操作を指示通りにきちんと行う作業が要求される色合いが濃いのですが、「一定の」「きちんと」といったあたりが少なくとも中学受験時においては男子よりも女子が強いのかもしれません。
抵抗感の少なさは設問の完答に繋がりやすく、この分野は大問になっていることが多い印象なので、状況次第では鍛えるとお得と思います。
ただし欠点がありまして、出題頻度がどうしても低いんですね(;^_^A
それさえなければ、この傾向を意識していれば差をつけることに繋がりやすいのですが。

平面図形では相似、移動、空間図形全般は苦戦傾向
シンプルな面積、体積、角度あたりは何事もないのですが、上記の内容はどうしても苦戦傾向が目立ちます。
出題頻度も高い分野なので、実質的に最も差がつきやすいでしょう。
女子算数の鬼門と感じています。
細かい話はまたの機会に書きますが、基本事項の徹底した安定化、積み上げ、そして経験がとても有効に働く分野なので演習量が鍵になります。
ひらめきに頼っているとひどい目にあうので、思考の経験値を少しずつ積み重ねて、パッとひらめくのではなく理由をもって解法に至るのを理想像に置く練習がとても大切。
他でも同様ではありますが、図形では特に、ね(*^▽^*)

論理問題はあまり好まない傾向
出題頻度がそこまで高い分野ではありませんが、この傾向を感じます。
これ、男子は大体好きなんですよ。
だから算数を指導していて男子が多い時は論理問題は比較的ホッと一息なのですが、女子が多い時は印象が全く異なります。
問題の性質として条件が文章でたくさん書いてあるわけですが、そのため、問題に取り組む気持ちが結構大切で、前向きに取り組むと簡単に見えて、腰が引けていると難しく見える(;^_^A
そんなもんです。
先入観を取り去るのはなかなか大変。

以上、いろいろとセクションごとに書いてみました。
あ、そうそう、一つ追加で書いておきます。

算数が得意な女子はゴリゴリと計算力で力押ししたり、処理能力を前面に出したパワフルな方向性を好むタイプが多い
得意科目まで磨き上げるには計算力が最大の武器、というシンプルなことなのかもしれません。
切れ味よりも推進力が目立つ印象です。
意志の力と計算力のパワーで道を切り開いていく感じ。
鍛錬次第で具現化できそうな事柄なので、当たり前ではありますが、ひたすらの努力が何よりも勝るということなのでしょう。
心しておきたいものですね。


AD
今回のお題は「中学受験、女子の算数事情」です。
ここ数年、たまたま生徒の女子比率が圧倒的に高かったこともあり記憶に残っている事柄も多いので、いろいろ語ってみようかと。
男女共通も多いでしょうが、女子に特有っぽいこともあると僕は感じています。
ある程度の法則性は見て取れるので参考になることも多々あるはず。
なお、学力のレベルは上から下までバラバラです。
みんな上がっていったのは共通。
ちゃんと練習すれば上達するということですね(*^▽^*)

思いついた順番で適当に書きます。

成績の計算力依存度が高い
男子よりもかなり高いように思います。
計算力は射程距離と僕はよく話をします。
方向が違っていれば命中はしないのですが、射程距離が長ければいろいろと探っている時にそれっぽい道筋を感じ、発見しやすい。
もちろん結論に至るまでの作業の精度にも大きく影響します。
だから計算力は算数においてとても大切だと。
ただ同じ射程距離を持っていても、はっきりと確信を持てない場面、突っ込むには思い切りが必要となります。
男子は良くも悪くも雑なので適当に突っ込みがちなのですが、経験上、女子は嫌がる傾向が結構強い。
やってみて間違えるのをより強く嫌がるんですね。
算数の問題において、現実として、ある程度見切り発車で進みつつ途中で確信を持つ場面はかなり多い。
そういった事情により、思い切りに欠けると試験ではスコアを取り損なうケースが多発します。
指導する際、もちろん気持ちの面でもっと思い切りよく、といったことも言うのですが、どうにもそれだけでは現実が動かない。
だから僕は女子の場合、想定している望ましい計算力のラインを若干高めにすることをより強く意識しています。
計算力はどれだけ高めても損はないですしね(=⌒▽⌒=)

成績が上がると安定度が高い
これも結構強く感じます。
指導している立場としては一旦上がったとしてもそのまま、もしくは上昇傾向になるか、どうしても心配が尽きないものなのですが、女子の場合、上げるのには若干苦労が多くかかる印象はあるものの、そうなってしまえば良い意味で裏切られることが多いです。
上記の事柄とも関連しているのでしょうし、また、男子よりも基本的に真面目に練習してくれる子が多いので安定化のベクトルが強く働くのでしょう。
粘り強く出来るまでしっかり指導すると報われやすい印象です。
勉強って、身につけるのも大切ですが、それを忘れないように安定させるのも同様に大切ですからね。
相当に強い要素です。
意識しておくと気持ちを前向きにしてくれる、貴重な心の支えになるかもしれません。

見たことのない問題への抵抗感が強い
これは上記の内容ともかなりかぶります。
その部分の対応等は置いておいて、ちょっと注意したい点を。
この抵抗感を解消しようとしての行動に関する部分です。
本人が、というよりもその様子を見て周囲が、の色合いが強いのですが、見たことがなくて抵抗感が強いなら全部見たことのある状態を目指そう、といった反応をよく見ます。
まあ、要するに問題の演習量をどんどん増やそうという方向性なわけです。
勉強において時間は最終的には絶対の正義であり、一見正解のようなのですが、上手くいきません。
理由は明快で、どこまでやっても目指している状態にはならないからです。
物理的にほぼ不可能かと。
人工知能のディープラーニング的な手法を具現化するには、受験生が費やす時間、問題数はあまりにも話にならない数値です。
出来るだけ絞った材料から法則性を見出していく、人間らしい学習法がまずはベースにないと積み上がりません。
これ、陥ってしまうと堂々巡りの消化不良スパイラルが止まらなくなり、強烈なストレスになるので要注意です。
何せ相当に結果に結びつきませんからね、、、、、
僕の実際の指導時でもよくストップかけてます(;^_^A
ある意味真剣に取り組むほど陥りやすいので切ないものがあります。

次回は具体的なセクションごとのお話を少々。









AD
今回のお題は「対面倒くさい気持ち戦略」です。
概して中学受験とは面倒くさい気持ちとの闘いが延々と続きます。
どうやって上手にそれを制御していくのかは合否を分ける生命線と言っても過言ではありません。

制御と書きましたが、少々疑問を感じるかもしれません。
面倒くさいと思わなければ良く、出来る子は前向きに取り組んでいる、と。
確かに理想像はそれで間違いありません。
ただ現実は、というと、そんなに綺麗に勉強できているのはあまりにも少数派であり、ほとんどはある程度の葛藤の中でもがいています。
よっぽど目的意識がしっかりしていれば話は別かもしれませんが、葛藤の中での制御度合いで差がついているのが一般性のある現実なのです。
そしてそこには対処法の然るべきセオリーがやはりあります。
いくつか挙げていきましょう。

効果抜群なのは可能な限り具体的に目標を持つこと。
~のために、というのはメンタルコントロールをかなり楽にしてくれます。
人間の性質として見えない、未知のものには恐怖心があり、どうしても足が向かないのですが、目標が少しでも見えるだけでガラリと変わるものです。
出来る範囲でかまわないので、具体性を高めましょう。
これは実行が簡単なので、やらなきゃ損です。
ちなみに出来ない原因の多くは現実の数字等をそのまま受け入れられずにいる場合と思われます。
目を背けても損するだけで現実は変わりませんから、良い方向に変えたい思いがあるのなら直視しましょう。

具体的に目標を持つはある意味当たり前すぎる部分なので、差をつけるイメージは持ちにくいかもしれませんね。
みんながやったら同じ感も強いですし。
勝敗は細部に宿る、とも言いますからね。
そこで次の策です。
出来るだけ勉強するものを絞り込む、です。
差が最もつきやすいのはおそらくここでしょう。
やるものがたくさんあれば面倒くさくなります。
これは間違いない。
だからその逆を行こう、ということです。
経験上、これはなかなか難しい。
取り組み方がゆるくて量が少ないだけでは無意味だし、だからと言って真面目に取り組んでいると度合いが増すにつれ気がつくと膨大な量の荷物を背負いこむことになりがちです。
不安がどんどん課題を増やしてしまう構造ですね。
不安になること自体は悪くないのですが、適度なバランスが難しい。
カットする行為に自信が持てないんですよね。
実際、その子の状況次第で適切な絞り込みは異なりますし、以前にカットした部分が後には取り組むべきになったりも珍しくない。
算数あたりでは特にありがち(;^_^A
それならばどうすれば良いかというと、こういうことの結論は何でも一緒。
何らかの形で、然るべき方のアドバイスを受けるのが一番です。
安心感も得られますしね。
まあ、一律でみんな同じとはいかないものだから効果があるわけです。

上記二つはかなり根本的な対策と言えますが、お手軽な他の事柄も決して蔑ろには出来ません。
何かというと、例えば文房具関連だったりとか。
最近は特にいろいろと揃っていますから、お気に入りで揃えたり、便利グッズだったり、いろいろと工夫の余地はあります。
ちなみに僕自身は鉛筆が全部違う種類だったり、付箋もいろいろあってそれ用にペンケースを余計に持っていたりもします。
なんというか、テンションが上がって楽しいというか、ただ好きなだけというか(;^_^A
んー、書いていて思いましたが、文房具周辺にこだわりのある子って勉強にも前向きに取り組んでくれる場合が多いような印象が。
道具を大切にするのは良いことだろうし、思ったよりも効果あるのかも。

まだまだいろいろあるでしょうが、何れにせよ、気持ちを前向きにしていくことが共通項です。
気持ちを上手に持って行って、中学受験を乗り切りましょう。

AD