東京出張の帰り日本橋の本屋で「ウォーレン・バフェット巨富を生み出す7つの法則」を買い


もとめ、新幹線のなかで駅弁をたべながら、この本1冊読み切ってしまいたいと思い


京都まで「のぞみ」で2時間15分は短すぎて読み切れないし、「こだま」に乗れば


ゆっくり食事と本が読みきれると思い、キップを購入すると「のぞみ」より300円


安いだけ、しかも時間は1.6倍もかかってしまいましたが


読みたかった本は1冊読みきって京都駅で下車できました。


お金と時間と価値の相関関係はむずかしいなと考えさせられました


私どもの会社で販売していますソフトウェアの


「早業BANK」や「仕訳マジック/早業ダイレクト」で経理処理をすれば、ミスなく、正確に早く


月次試算表ができまよとセールスしています。


プラス,処理にかかる時間が短縮され人件費などのコストもカットされますよと


具体的に見える価値の、コストや処理時間の早さで説明しています。


多数の会社様で導入いただき、前月の試算表が何日もせずに社長が見ることにより


前月の売上実現のため社長や社員が頑張ったことや、コストコントロールのため具体的に


実行したこと、やりきれなかったことなどが社長の頭がホットな状態のなかで


わかり、なんでこの費用こんなに増えたの、担当別の売上はどうなのと・・・・・疑問や質問が多く


なり試算表の数字をじっくりと見て結果を検証されるようになられたようです。


また、現実の数字がタイムラグのない時に見えるようになると、次に、このA商品の売上が


130%になれば利益がどうなりキャッシュは増えるの、減るのといった見えない先をシュミレーション


して具体的に未来のカタチを見たくなるようです。


スピィーディーに現実の経営結果がわかると


見えない経営の未来が見たくなる


見据えた未来を実現する、今の実行力が高まる。


そしてどんどんと会社がよくなっていく


それが「早業BANK」や「仕訳マジック/早業ダイレクト」の見えない価値です。


橋本佳三



AD

お世話になっています。 橋本佳三です。

株式会社共生会計の業務を本年11月より引継、「仕訳マジック/早業ダイレクト」の販売開始やソフトの

販売体制の刷新などで怒涛のごとく時が過ぎ去り、もう少しで新しい年を迎えます。

皆様には、本年はたいへんお世話になりありがとうございました。

新体制になり体験版のダウンロードをされたり、お問い合わせいただいたお客様にインストールや

初期設定、ソフトの使用方法につき電話やメールで直接説明させていただきました。


社内では体験版のダウンロードに会社名やアドレスなどの会社情報を記入いただき、設定方法

などを、当社から連絡することに、お客様が嫌がられるのではとたいへん心配しておりましたが

多くのお客様に快く受け入れていただき感謝しております。


多くのお客様とお話でき、お客様の困りごとや今後のソフトの改善点など、たくさんの勉強

をさせていただきありがとうございました。

来年も経理処理や関連する事務処理につき、「書かナイ、打たナイ、行かナイ」の3ナイ

の情報を、お客様に提供し、多くのお客様にこれを実践していただき「書く、打つ、行く」ことの

ロスやムダをなくしスピーディーな経営結果で

お客様の目指されている会社に大きく飛躍していただきたいと願っています。

皆様、よいお年お迎えください。

書かナイ、打たナイ、行かナイ」とは

経理処理や関連する事務処理は、伝票をかいたり、PCに入力したり、銀行や役所に振込や届出

に行ったりと小さな作業の積み重ねです。個々の作業を標準化したり、データを有効活用すること

やWebの活用によりロスやムダがなくスピーディーな作業が可能となります。

書かナイ

会社の取引がWebバンキング、現場のExcel、販売ソフトなど業務ソフトですでにどこかで記録されて

いるのに、PCで印刷したデータを見て経理伝票を書くこと

打たナイ

Webバンキング、現場のExcel、販売ソフトなど業務ソフト、などのデータがあるのに会計ソフトに

入力すること

行かナイ

Webバンキング、電子申告、電子申請が利用できるのに、お客様のペースや時間で対応して

くれない銀行、 税務署、年金事務所などに行くこと、行って待つこと


AD

会社内のシステムがオフコンからパソコンへ、そのパソコンも各課に1台から1人1台へと社内のシステムが急速にIT化され、ネットワークで結ばれ、Webにつながっているのも当たり前です。


そのPCが社内の各課、各部門や工場、店舗、営業所などの現場のリアルタイムな管理や売上などの集計、請求、支払、そして上司や経営者への報告などに活用され、各担当者のPCやサーバーは日々の現場のデジタルデータでいつぱいです。


また、WebバンキングやWebカード照会など、会社の情報がWebからダウンロードできるようにもなっています。


つまり、会社の内にも外にも、会計処理に利用できそうなデジタルデータがいっぱいなのです。


あなたの会社のPCやWebには、どんなデータがありますか?


一度、あなたの会社のPCのデータを棚卸されたらいかがでしょうか?


会計処理に使えるデータがいっぱいかも?


けれども、会社の各現場から経理部門への会計処理の資料の受け渡しは「紙」ベースでされ、その紙データを見て経理担当者が会計ソフトへ入力することが多いようです。


同じく会計伝票の相当部分を占める、銀行の入出金も通帳を見ての入力です。


会計処理でなぜ、現場のデータをダイレクトに使えないのか、使えれば楽になるのに・・・・・

現場のデータに仕訳として不足する勘定科目などをプラスすれば立派な会計伝票になるのに・・・・・・・・


現場ExcelやWebバンキングのデータを会計伝票にダイレクト変換し

入力や照合など2重、3重の手間やムダを会計処理から省きませんか!!


結果、スピィーディーに月次試算表が作成できます!!


あなたの会社の会計処理の手順はいかがですか?


橋本佳三

AD

「仕訳マジック/早業ダイレクト」を早業シリーズの第三弾ソフトとして販売を開始します。


近日発売とホームページでもう1年近くアナウンスし、多くの方にお問い合わせいただきながら発売

がたいへん遅くなり申し訳ありません。
このソフトはExcelで作成されレイアウトがさまざまな現場寄りのデータを会計ソフトの仕訳データに変
換します。

どんなに小さな会社で「会計処理」は後回しでも「資金繰り」はリアルタイムを行っているはずです。


売上の請求書を発行すれば、その回収予定を立てます、お客様により回収日が10日であったり月末

であったりバラバラですが苦労して売った代金をキッチリ回収するため回収予定表を作成し入金を確
認したりします。

また、仕入先などから請求書が送られてくれば合計××件で○○○円と支払日の資金を準備します。


代金回収は会社の存続のため、支払は会社の信用のため絶対に手が抜けないのです。


会社が大きくなれば売上回収や請求支払だけでなく各部門や店舗などの日々の売上、費用など個

別の収益の管理、経営者への報告や営業マンの経費精算など業種や規模の違いによりさまざまな

Excelシートが作成されています。


どの会社も規模の大小や業種にかかわらずお金(回収・支払)や売上・仕入・経費など個別の「木」の

管理を会計処理に先行してリアルタイムにおこなわれているはずです。


それぞれの「木」の管理を会社の現場ではレイアウトが自由で使いやすい事からExcelが広く使われ

日々のリアルタイムの経営やお金の足跡がデータとして残っています。

「仕訳マジック/早業ダイレクト」は「木」の足跡Excelデータを会計ソフトの仕訳データ「森」にダイレクト

に変換します。


すなわち「経営の木を見て森も見える」ソフトなのです。


現場寄りデータの活用をする事でフラットでスピーディーな会計処理が実現します。


大変な労力がかかる会計ソフトへの入力・残高確認・照合といった会計処理の3つの工程が中抜され

手間とコストをかけずにスピーディーに月次資料を経営者に届けることができます。


ぜひ「仕訳マジック/早業ダイレクト」のフラット and スピーディー会計処理で「会計ソフトにインプットす

る会計」から「アウトプットを利用し経営に役立つ会計」に会社の会計をバージョンアップしてください。


橋本佳三

FAXからメール、さらに

テーマ:
共生会計 白川です

税理士試験真っ最中ですね
受験生の皆様のご健闘を祈ります

ここ数年仕事をしていて思うことですが
かつてはFAXでの紙のやりとりから
メールでPDFを送りあう方に変わりつつある
というものがあります

すでに普段から実践している人にとっては何でもないことだと思いますが
かといって全く無くなっているわけでもありません

FAXをメールに置き換えることで
通信費や紙代のコストが削減できることは言うまでもないことで
件数が多くなればそれなりの効果が見込めます

金額的な効果のほか
FAXの場合は受信した紙を無くすとそれっきりで
送り直しをお願いするのもバツの悪い話ですし
こちらの管理能力そのものも疑われかねず損な話です

メールの場合は添付ファイルそのものとして残ってるわけですから
滅多なことでは無くなりません
この無くならない安心感は大きいです

相手方の都合などにもよりますが
できそうな人には一度お願いしてみては
最初に説明する時間はかかってもすぐに取り戻せるものだと思います


またGmailなどのWEBサービスを使えば
インターネット環境があればどこででも確認することができます

プロバイダのアドレスをメインで使っている場合は
たいてい転送機能がありますから
Gmailのアドレスに転送させておけば同じことができます

Gmailのメリットは検索機能が強力なことです
変にフォルダ分けをしなくても
アドレスなどで検索すれば一発で取り出せます


iPhoneなどのスマートフォンがあれば更に機動的に使えます
その場で確認できるわけですから

今はiPhoneアプリのPush for Gmailを使っています
Gmailへの着信があるとiPhoneにポップアップを出してくれますので
見逃しにくくなります

同じようなアプリにPush Gmailという紛らわしい名前をしたアプリがありますが
Push for Gmailの方は送信者やタイトルの他に
本文を一部表示してくれるのでこちらを常用しています
開く前に心構えができますからね(笑)

アプリの説明はこちらが詳しいです
フォワードモードは使っていません
通知項目はプレビューまでの全部
また通知しない時間帯も指定しておけば夜もゆっくり眠れます(笑)

ただこのアプリはinboxに届いたメールを片っ端から通知してきますので
フィルタを利用して例えばメルマガなどのすぐに見なくてもいいメールは
inboxを飛ばしてアーカイブするなどの設定にしておくことをオススメします
情報の取捨選択にもなりますしね


今回は詳しくは触れませんがFAXをそのままPDFなどの
ファイルに変換してくれるサービスもあるようで
使うことがあれば改めて紹介したいと思います


~無料セミナー告知~
ともいき社会保険労務士事務所開業記念無料セミナー
テーマ:残業を減らす時間管理のポイント
日時:9月8日(水曜日) 14時~ (13時半~ 受付開始)
場所:共生会計 3Fセミナールーム
詳細はこちら