スリランカ滞在2日目

 

いよいよ今回のメインのスリランカの太陽光発電所の視察です。

早朝5時にコロンボのホテルを出発します。

理由は、渋滞をさけるため。。。

コロンボより約250kw離れたハンバントータという町に向かいます。

途中まで2時間高速道路。その後下道2時間という陸路。

 

途中までは高速道路が開通していますが、現在さらにハンバントータにつなぐ

高速道路を延伸中1年後には開通するとか。。。

ちなみに、中国のODAで建設されています。

ここにも中国が入ってきているんですね。。。

 

そんな陸路をはしると、今回予定している現場に到着。

といっても、まだ原野なのです。。。

しかたないので、みんなで記念撮影。

 

 

道の真ん中で写真撮ってる感じにしか見えません。。。

今から造成なんで、造成後はよくなるでしょう。。

 

そして、イメージするために近くの発電所に向かいます。

 

日系企業がつくった発電所10メガ。

とりあえず、記念撮影。

 

イメージはまず、太陽が高い!!

一応、雨期らしいのですが、この晴天。

日本では考えられない発電量のようです。

 

そして、気になるところをチェック。

架台。

スクリュー杭は使っていません。

もしや、この小さいコンクリートが基礎?

と思い質問したところ、地面に2mちかく打ち込んでいるとか。

 

つぎにパワコンを見学。

画像は2メガ用です。

ABB製を使用していました。

パワコンのとなりに犬が番犬していました。

コンクリート基礎の上にパワコンが設置されていましたが、

下はどうなっているのかなぁーと覗くと、

 

こんな感じ。

そういえば、この10メガの太陽光すべて配管埋設していました。

そのあたりはきっちりしているんですね。

 

次に、キュービクルを見せてもらいます。

 

 

右上が総発電量。

この数字を毎日記録し、電力会社に自己申告しているとか。

えっ?電力会社月1ぐらい見に来ないの?って思ったら、

電力会社は別に敷地内にメーターを設けているというので、

それを見に。

この緑の建物にメーターが入っていました。

当然ながら入ることができません。

毎日報告される電力量と、電力の記録しているメーターの数字が

おかしくないかを、このメーターを使って電力会社はチェックしている

ということでした。

 

そして何より印象的なのは、常駐の人間がいました。

その数10人以上。

しっかり管理されているのが、印象的でした。

 

太陽光が高く、日照のいいスリランカ。

台風もないらしいので、太陽光にもってこいですね。

 

続く。

 

 

 

 

 

AD