5月16日17日と九州長崎に行ってきました。

 

目的は、太陽光の中古物件の視察。

 

かっこよく言えばセカンダリーの調査です。

 

世の中には、中古でも資産として評価されるものがあります。

 

例えば、住宅とか車とか。。。

 

実際、このような市場では売買され、お金のやり取りが

発生しているわけで、

 

当然ながら、私たちの扱う太陽光もそう言った市場が生まれてくる

 

と思われます。

 

ただし、まだ時期早々なのか、売買はごく一部。

 

最大の問題点は、鑑定できる人がいないのです。。。。

 

そこで、私自身も知見を増やすため、セカンダリーに挑戦することにしました。

 

いわゆる自分が実験台。

 

そんな物件を長崎まで見に行ってきました。

 

今回の案件は、長崎県佐世保市。

 

売電単価36円で3月に連系したばかり。

 

低圧が4基です。

 

パネルは三菱。

パワコンは新電元。

架台はスチールの国産。

 

この案件の問題は2つ。

①まず、前が海なんです。

 

海まで約30m。

海抜5mといったところでしょうか??

 

スクリュー杭で施工してあったらやめようと思っていました。

 

そしてパワコンも心配です。

 

さすが、九州を代表する施工会社さんの施工と感心しました。

 

問題点②

兵庫県の会社が九州の銀行から融資を引き出せるのか??

また、中古市場の経験がほとんどない太陽光業界が、

どう金融機関に説明していくのか?

これもノウハウか必要です。

 

このハードルを少しずつ突破していきたいなぁと、秘策を打つつもりです。

 

それでも、

自分を実験台にして、

セカンダリー市場の基準を作っていくことにします。

 

 

AD