国営企業の上海航天機電の工場見学に行ってきました。

 

上海航天といっても、日本人の私たちにはピンときません。

 

失礼な言い方をすると、

 

中国のバッタものメーカーというイメージ?

 

しかし、実は全く違うのです。

 

中国のNASAち呼ばれる中国航天科技グループを親会社に持ち。

 

中国でのロケット発射のすべてにかかわっています。

 

中国の昨年の年間発射回数は26回。

 

約2週間に1度というハイスピードで、

 

世界一だったそうです。

 

日本でいうと三菱重工といった感じでしょうか??

 

ただし、国有企業ですので、中国が傾かない限り、

 

大丈夫なのかなっと思ったりします。

 

 

ちなみに、こちらが本社工場のビル。

 

なかなか立派です。

 

日本のエンジニアが多く入り、太陽光パネルを開発していたとか。。。

 

最近、話題になりつつあるバックコンタクトのパネルも、

 

世界で4メーカーしか製造できないとのことですが、

 

その1社です。

 

そして、いろいろなパネルを自社工場内に設置し、

 

試験をしていました。

画像はバックコンタクトの試験中。。。

 

コンクリート、芝生、土と条件を変えてデーターを取っていました。

 

この結果が驚くべき結果になっていました。

 

 

 

そして、自社の工場内にパネルを浮かべて、これもテスト中。。。

 

これまた、面白いことに。。。。

 

 

フェンス型のパネルもテストをしていました。。

このフェンス型自宅でやりたいんですよね。。。

でも、改正FITでフェンス設置をするようにガイドラインに載りましたので、

フェンス型パネルの周囲にフェンスをしないといけない??

 

と思いながら、見ていました。

 

そして、かんじな工場内は。。。

 

撮影禁止なのです。

 

イメージとしては、最新設備とものづくりをしっかりした工場です。

今の日本の工場はトヨタ方式ばかりですが、

こちらもその一部を採用していました。

それでも、最後はしっかりとものを作っているイメージです。

さすが、中国のNASA。

 

日本では、まだまだメジャーではありませんが、

安定した品質と、安定したメーカーを選ぶ1選択でもいいのではないでしょうか。。。

AD