ファーサイ 

青空の下で


テーマ:

突然ですけど、昨日からお腹が痛いんです・・・

今まで何度か○痢にはなった事はありましたが、

比べ物にならないくらい痛いんです・・・

胃を思いっきり踏みつけられてるような激痛が一時間に何度も襲ってくるんです。

これはいったいなんですか?


日本にいる時は、タフで通っていたのに、海外来てから以外に貧弱な自分を発見。

アレルギーで皮膚あれする事、すでに数回。


あぁお腹がいたい。 あぁ日本に帰りたい。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

たった今の出来事。

カンボジアの事務所でNHKを見ていると、

「日本、今年最高気温!東京33.4度 北海道36.7度・・・・・」のニュースが。

一緒に見ていた彼女に思わず

「日本なつかし~~!!」と思わず叫ぶ私。

あまりTVを見ない私ですが、久々に見た日本はもう夏の訪れが始まっていたようです。

そうかもう来週からは夏休みかぁ・・・なんて思ったりして。


日本を出てどれくらいだっけ?3ヶ月半かぁ。

今年は日本の海でボディーボードできないのかぁ。。。

花火も見れないのかぁ。。。

今年はっていうか、来年もきっとみれないよなぁ。。。


「日本はふるさとなんだよ」って彼女に言われた言葉。

そっかぁ、今まで私の「ふるさと」は茨城だったけど、

今は日本が「ふるさと」なんだね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

laos


ラオス。一度は絶対行きたい国の一つでした。

この写真はメコン川の朝焼け。もうめちゃくちゃよかったです♪




オススメは、やっぱりタイ国境から2日かけてルアンパバーンに向かうスローボートでしょうか。

想像とは違いこんな感じの大きい船だったけど、景色も楽しめ風も感じれ最高でした☆

欧米人は昼間からビールを飲む、飲む~  なぁんて私もこの2日間は昼間から酔っ払ってました・・



こーんな綺麗な虹にも出会えちゃったわけで・・・



ここの滝はめちゃめちゃ綺麗!思いっきり泳ぎました。



そしてラオスの子供もやっぱり可愛かった♪



空も雲もとっても近くて、なんにもないラオス。

そんなラオスがとっても好きになりました^^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インドネシアでの地震。

インドネシアに住む友人の無事に安心しながら、NHKでの報道の後の寄付の依頼を見て、日本の援助に疑問を感じてしまった。


カンボジアには今

「地雷をとってはいけない」

という法律があるらしい。


地雷がなくなって、援助がなくなったら困るからだそう。

可哀相を売りにしているこの国。

確かに、それを見て豊かな国で育った日本人は色々な事を思うだろう。


私も始めて物乞いを見たときには、ショックで色々な事を思った。

そんな私が、最近この国の物乞いに不信感を感じている。

この人達は物乞いが商売。

そんな風に思ってしまう私。

何が私の中で変わった?


この国にはどれだけのNGOが援助しているのだろう。

この国は援助に慣れすぎてしまっているのかな。

正しい援助ってなんだろう。


そして、今ボランティアスタッフをさせてもらっている孤児院の子供達には

「この子達にはボランティアは必要ないんだ。」

そう思う。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

二週間後にはカンボジアからいざタイへ!!のわたし。

どうしよう、楽しみでたまらない!


日本をでて2ヶ月経ったが、最近になって始めて旅の計画をしている気がする。


去年訪れたチェンマイ。今回は1週間ほど、山岳民族の生活にどっぷりつかろうと思っている。

タイが好きなのか山岳民族が好きなだけなのか良く分からないが、このワクワクする気持ちを考えると

とにかくタイという場所は私にとって特別な場所みたい。


カンボジアも楽しんで生活してはいるが、やはりタイには特別な感情を抱いてしまう。

旅の楽しさを知った、初恋のような場所だからなのかも知れないな。

そしてきっと私はまだタイに恋してるんだろう。


カンボジアでボランティアを始めて一ヶ月が過ぎた。

海外に来てまで、毎日日本人と顔を合わせる生活を私はまだ望んでいないようだ。



そんな事を考えていたら、今日、去年一緒に旅をしたアメリカの友人からメールが来た。

たった二週間しか過ごしていないのが信じられないくらい、大切な友人。

そんな彼からのメールを見ていると、一緒に過ごした時間の長さって、関係ないんだなって改めて感じてしまう。


来月からの一ヶ月の旅で、大切な何かに会えるとイイナ。

もっともっとタイに恋できたらイイナ。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

カンボジアには何の思い入れもなかった。

ただ旅中の時間つぶし。そんな感じだった。

アンコールワットに興味があったわけでもなく、出発当日成田空港でもしかしたら行くことになるかもしれないカンボジアのガイドブックを買ったくらい。

だからだったのかもしれない。この国に来てぜんぜんワクワクしなかったのは。。。


縁あって働かさせてもらっている孤児院。

気づけば、あの子達のことばかり考えてる。

休みなんかいらない。毎日あの子達の顔を見ないときがすまない。

今はそんな状態な私。。。


子供達と一緒に遊ぶ。

現地のスタッフとたわいのない事で大笑いする。

そんな平凡すぎる毎日が楽しくてしょうがない。


あの子達のこともっともっと知りたくなる。

カンボジアのことをもっともっと知りたくなる。


いつの間にか、私はカンボジアが大好きになってました。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

 孤児院にいる20歳の男の子。

この子の母親は亡くなっていて、父親は再婚していて会ってない様子。

彼がね、他人の母親に対して母親の愛情を求めていた。そして彼女も母親の愛情を与えていた。

そしてこの2人本物の親子に見えた。


その気持ちを知ったとき、涙がでてきた。


悲しい涙じゃなく、優しい涙。


ありがとう・・・何故か私がそんな気持ちになった。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
誰かが言ってた。 日本では、「はし」を上手く待てないと、「頭が悪くなる」と言い、小さい頃から厳しく教えられることが多い。 だけど一歩日本をでれば、スプーンとフォークだけの国がほとんどで、はしの使い方なんて意味がなくなる。 今まで大事だと思っていたことが、あっけなく必要の無い物に変わっていく。 旅をするとそういう事の積み重ねで、自分の回りにまとわりついていたものが、どんどん剥がれ落ちていって、本当に必要なものが残るんだって。 そんな言葉に妙に納得した私。自分が旅にでた理由の一つは、これなのかもしれないと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バスで偶然隣の席になった、広島の女の子。

旅行代理店の日本人のやさしいお兄さん。

カンボジア帰りでお勧めの宿を紹介してくれた、整体師のお兄ちゃん。

お気に入りのカフェで良く話し相手になってもらう、タイ人の兄ちゃん。

今日、朝食をご馳走してくれたドイツ人のおじちゃん。一緒に遊ぼうと言われたが、一緒に行けなくてごめんね。まだまだ警戒心強いのよ、私は。


旅って、何処に行くかじゃなくて、誰と出会うかで旅の楽しさが違ってくる。

バンコクで改めてそんな思いを感じてます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「世の中には貧しくて病気でも病院にいけない子が沢山いる。

食べ物がなくて困ってる人が沢山いるんだから、食べ物は大事にしなさい。」

私が小さい頃、食べ物を残す私に母がよく言っていた言葉。

それ以外にも何十回と聞き憶えのあるセリフ。

だからって、そこまで真剣にその事について考えたことなんてなっかたな。

旅であの子達に会うまでは・・・

無邪気で可愛い子供達も沢山いたが、見るからに病気の子供もいた。

この村では、病気だから病院に行く、なんて私にとって当たり前の事ができないんだって悟った。

その時今まで何十回と聞いてきたセリフが、始めて自分の中で現実化した。

とりあえず何かがしたくて、何日もお風呂らしいものにさえ(この場所ではお風呂と呼べる物がなかった)

入っていないと思われる、3歳ぐらいの男の子の身体をずーとウエットティッシュで拭いていた。

あの子の体、何故かずーと放せなかった。

現実を知ったとき、私は何かしたいと思う人間だと、その時知った。

あの時は心残りが多すぎた。今の私の考えていることはただの自己満足にしかすぎないのだろうとも思うけ

ど、何か私にできることがしたいって思う。私が教えてあげられる事、子供たちから教われる事。

そんなやりとりがしたいって思うんだ。

私って本当に能天気で、嫌な事があってもケロッと忘れていることがよくある。

だけどあの時、この事だけは何があっても忘れないでいようって、絶対忘れるなって自分に約束したんだ。

大丈夫、まだ忘れてない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。