ファーサイ 

青空の下で


テーマ:

今年私に出会ってくれた人達。

どれをとっても私にはかけがえのない宝物。

みんなのおかげで、最高の一年をおくることができました。


メリークリスマス。

みんなに幸運がおとずれますように。。。


いつのまにか 二人出会って

いつのまにか 二人歩き始めた

このいつのまにかが いつまでも続きますように。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

しあわせ。

求める形は、一人一人みな違う。


しあわせ。

きっと今は私が人生の中で一番幸せだって思えてる時だって思う。

この街がすき、ここにいる人たちがすき、この海がすき。

そう思って、ここに住み始めて3ヶ月。

当初、半年間住んだシェムリアップの思い出で私の心は溢れていたけれど、

いつの間にかこの場所で、沢山の思い出ができた。


海だったり、仕事帰りにみんなで飲みに行く場所だったり、大好きな人と見る満天の星空だったり。。。

4時間かけてのドライブで他の街にいって、帰りは二人ともガソリンを買うお金もなくなって、物々交換してガソリン手に入れたり。。。

笑っちゃうような思い出が、振り返ると最高の幸せに感じる。


この幸せがいつまで続くんだろう。

私はいつかこの場所を離れたくなるのだろうか?

いつまでもこの幸せが続きますように。。。

そんな気持ちで今年は真夏のクリスマスを迎えます。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めての旅は多国籍ツアーでの、世界中から集まった仲間と旅するツアーだった。

白人の中に、見事に日本人はあたし一人で、当時まったく英語が話せなかった私は見事に赤ちゃんだった。。

そんな私に優しくしてくれた仲間。あれがあったからこそ旅が好きになったし、大嫌いだった英語も勉強しようと思った。

初恋のような、大切な思い出。


あれから一年半後も今、このカンボジアで働いている。

会話こそ分からないことも多いけど、いつのまにか白人相手でも対等に付き合えるようになったと思う。

シェムリアップにはなかった、ここにはある白人文化に私はひかれたんだと思う。

レストランで働き始めて一ヶ月、だいぶ慣れたと思う。

そしての昼間の仕事、ダイビングショップでの仕事を始めた。

「働かない?」て言葉聞いたとき、私でいいのかって正直思った。

だってお客さんの98%は白人なわけで、そこで私がどれだけダイビングを売り込めるか。。。

レストランの仕事のオーダーきいて、少し話してってわけにはいかない。。

今は、カナダ人の友達が英語の練習をかねて手伝ってくれている。

まぁ、それもいつまでも手伝わせるわけにはいかないわけで。。。

だけど、絶対前に進んでやるって思う。このままじゃ終わらせない。


この場所に来てから、自分の望んでいたものがどんどん向こうからやってくる。

カンボジア人の友達、日本人の広い視野を持ってる友達、白人の友達に黒人さん。

時々大変なこともあるけど、ここにいる自分がとても心地よい。。。

出会いって不思議だなぁ。ここに来て改めて感じる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カンボジア人と仕事をしていて、その中で自分は何もしなくても

上の位置にたてちゃうわけで、、、


仕事をしていて、気がついた。

カンボジア人が大好きだと思う自分もいながら、

カンボジア人を見下してる自分。

もちろん、友達や子供たちをそんな目で見たことはないけど、

仕事となると、見方が変わってくる。

これもひとつの矛盾だね。


それにしても引越し当日だというのに、部屋の鍵がない。

話を聞けば、旦那が鍵を持っていて寝ていて夕方にならないと起きないだそう。。。

おいおい。。。はぁ、私も気が長くなったな。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日から12月なんだよね。

誕生日、クリスマス、年越し、とイベントぞろいの12月。

そんな12月をカンボジアで迎える。

そうカンボジアで迎えたかった。

それにしても12月に真夏のような暑さは気持ち悪い。。。

26回寒い12月を過ごしてきた身としては、違和感がありますな。


最近一眼レフで写真とってないなぁ。なんて思って、カメラ持ち出してはみたけど

出会ったばかりの子供の良い写真はとれないもので、

写真って人間同士の距離感がでるよなぁと、改めて実感。

やっぱり、出会った当日にカメラは向けない主義は通そうかなぁ。


話しは変わって、作家の「灰谷健次郎」に最近はまってます。

一番好きな作家だけど、日本で読んだ本は数冊。

ここにきて、思いっきりはまってます。

「天の瞳」を読んで以来、いつも主人公の倫太郎が頭から離れず、

何かあると、倫太郎に恥ずかしくない行動をしなければと意識してしまうわけで、ちょっと病的かも。。。

「学生時代は沢山学び、大人になったら仕事をして恩返しをする。

人一人が愛せる人は、ごくわずかだけど、仕事を通して沢山の人を愛する事ができるんだ」

倫太郎の言う事からは沢山学ばせてもらい、おまけに少林寺拳法まで習いたくなってきた。。。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。