備品更新。

ブログデビュー4224日目。

昔のように自宅やその他の場所に持ち出すことがないため、備品の劣化は少ないのですが、それでも定期的に交換は必要になります。

弊社の営業エリアは農業・漁業の盛んな田舎なので、お葬式の形態も昔ながらの伝統が色濃く残っており、桧(柄の大きな)看板も頻繁に使われ、そろそろ交換を要す時期になりました。


葬儀業界には看板なら看板の専門業者様も存在し、発注一本で製作・設置・撤去まで外注できますが、相応のコストがかかります。外注と内製のライン引きを常に意識し、無駄の無い運営を心がけています。


今日も無事に過ごせました。
この一瞬、この命に感謝。