ロンドン郊外から風便り - 青い鳥はいつもそこに

外側に探している時には見えなかった。でも自分の心の扉を開いた時、そこに本当の自分、そして幸せもあった。


テーマ:



 

今朝、近くの広場を久しぶりに通った時に、

ホースチェクトナッツ(セイヨウトチノキ、マロニエ)に

綺麗に花が咲いているのを見て、びっくり!

 

5月にはもう花は終わっているはず。。。

遅い開花を目にして、ちょっと得した気分。

 

 

 

昨日のブログで書きました「自然の中の瞑想」、

今朝もやってきました。

 

同じ公園内の違う場所の

木の下のベンチで(写真二番目です)。

 

目の前には小さなガーデンと

その先に池がある所で。

 

瞑想をしている間の数分は誰も通ることはなかったのですが、

意外に気が散ることが。。。

 

周りが静かだからかもしれませんが、

水鳥の鳴き声と空の鳥の声が混じって、

響き渡っていました。

 

そして木の葉が落ちてきたり、

虫も落ちてきて、

ブラウスの中にポトンと落下したり。。。

 

それでも、自然の中でやる瞑想は

家の中でやるよりもずっと感覚が研ぎ澄まされて、

やりやすかったです。

 

家の中でもこれぐらいの感覚で

できるようにと目標ができました。

 

 

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

 

21日はいよいよ夏至ですね。

 

年が明けてから半分の折り返し地点ももうそこまで。

 

夏至の日は昔から各地でお祝いされ、

様々な伝統もあり、

それが象徴すると信じられているものも色々。

 

それらを詳しく知っているわけではありませんが、

四季折々の節目、

そして1年の中の節目としても

今年は夏至をとても意識しています。

 

日々、毎日が特別な日。

 

「今、ここ」に生きること。

 

瞬間瞬間を生きることが

大事だというのは分かっていながら、

つい日常に紛れて、

そのことを忘れがちになってしまいます。

 

だからこそ、こういう一年の中での

節目の日を意識することが

自分を「今、ここ」に戻す、

整え直すのに最適だと感じています。

 

 

 

 

ちょうどYukaさんがブログで

今日アップしてくださった

「6/21の前に自分の大事なものは何かを自覚する。」は、

まさに夏至に向けての大切なメッセージを伝えてくれています。

http://loveandlightall.blogspot.jp/2014/06/621.html  (CREATE WONDER♥ ゚+。:.゚ )

 

一年の後半のいいスタートを切るためにもと、

ここで自分自身の行く方向の見直し、

修正をしている最中でもありました。

 

このタイミングで、素晴らしいメッセージをいただけたと、

Yukaさんには感謝です。

 

ありがとうございます。

 

「今の瞬間を楽しめるかどうかは、

古い不要なものをいかに手放せるかにかかっています。」

という言葉も思い出しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ラーセン朋子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります