風の詩

雪深い秋田の田舎で暮らしています。
草彅剛さんのファンです。
日常と心境を書いていこうと思います。


テーマ:

予想を遙かに超えた大団円でした。

収集できないと思っていたのよ。

詐欺師としてはどうするのか・・・・。

死んじゃわないでーと叫びつつ

先を読んでいる暇も無い。

どんどん明かされていく噓。

 

でもねえ。噓って何だろうってしみじみと感じた。

嘘つきは泥棒の始まりっていうけど

人は噓をつきながら生きている。みんな。

そう思うと浩一がついていることも

何かを成し遂げようとするためだものねえ。

旦那が映像トリックを見破って(私もそれは感じた)

「だって詐欺師は人を殺さないし不孝のどん底には突き落としてないもの、浩一は」

なんてつぶやきながら・・・。

 

詐欺師を信じていたようでした。(笑)

 

三瓶さんや他の人との関係も

楓とのなでなでも

憎むわ、で見せた笑顔も

なんだかもう愛おしくって。

彼本来の姿がそこにあったから。

最初から最後まで詐欺師なのに人間味溢れる浩一像。

それはもう剛君が築き上げた愛されキャラだなあと。

憎まれるだけの主人公なんてエンタメじゃないしドラマでもないもんね。

 

タイで始まってタイで終わる。

それが最初から決まっていたことなんだと

最後に納得。

 

物語の中で詐欺師の心得を説いていたけど

それはそのままドラマや映画のセオリーだなって思った。

脚本家さん、お見事でした。

そしてこのドラマがツライだけのものにならずに夢中にさせてくれたのは

登場人物がみんなリアルな感情で臨んでいたから。

ファンだからじゃなくって

これはもう本当に主人公の、剛君の功績だと思います。

 

良い現場だったねえ。

 

終わって興奮が冷めなくって眠れなくって

でも今日も何も手につかないで(*^^*ゞ

噓の戦争の世界に嵌まっています。

 

ツイを覗いてはニヤニヤ。リピしてはニヤニヤ。

いえ、ホントは自覚しない涙、出してました。

本当に。

あの兄弟、いいねえ。

そして噓800の皆さんも。

もうワンクールあっても良いな。

見続けていたい空間でした。

 

浩一を追いかけて私もタイに行きたい。

 

終わると次は?と思ってしまって

もの凄くどんよりしちゃいますが(事務所は仕事与える気がナイ気がしています)

庶民が求め続ければ

きっと突破口は開く!!!と信じて。

 

3月は待期期間なのでお仕事もなく。

娘が転勤になりそうなのと

甥っ子が遊びに来るかもなどと

しばし家庭生活に埋もれます。(笑)

 

しばらくは噓をリピする毎日にしようと。

きっと見る度に発見することあるだろうなあ。

 

剛君、今は踏ん張り時だね。

誕生日までもう四ヶ月(占いならそこから↑)自主トレしてがんばってーーー!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

このドラマに限らず

普段は

私は先を読んで物語を見る、本を読むということがない。

ちょっぴりつまらなくなるものねえ。

 

この物語はでもちょっと考えちゃうんだよね

こうなるのかな?って。

いや、こうなって欲しいかな。

 

これ以上傷つかないで欲しいって思うからか

希望的な展開を欲したり

もしかしたら彼も裏切ってこれもダメで?!なんて

悪い方を勘ぐっちゃって心配したり。

 

丸はまりですね。主人公に幸せになって欲しい。

せめて救われて欲しいって思うの。

 

剛君のドラマはそんな風に思う事が多い。

自分の中でも息づき始める。

 

浩一の思いが

最初から自分のついた噓を償いたいと言う気持ちで始まった復讐だとしたら

どこで決着がつくのか?!!!

想像が追いつきませんでした。

 

やっと彼女たちの純粋な気持ちで自分を許して

人を許し始めたのに

なのにー(ToT)

 

溜めてる様に見えた台詞の

三瓶さんへの必死の言葉につーっと涙が出ていました。

無自覚に。

あ。私の心の中にきてるんだなと。

 

演じる方も形や説明じゃなくって

感情で演じている部分が多いせいか(そう思うんだ)

見ている人にも感情で伝わる。

反射神経的な部分にもグッと来る。

感情を越えて第六の感覚かもしれないねえ。

 

怒濤のドラマの、見ている人をも裏切るという最終回、

正座してみるよ。

受け取るよ。

 

でもな、寂しすぎるよね。最後って。

今からロスを心配している。

ふんばろ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書こうと思ったときにアメーバに拒否される。

 

 

なんてね。

人のせいにしちゃう。

ほんと、最近アメーバの管理画面に入るのに時間がかかりすぎて

いざ書こうと思ってもアクセスできないことが多かった。

 

明日は9話だというのにねえ。

 

ふと昼寝から覚めて

急いで管理画面から直で入って書いちゃうことに。

 

入れた~。

 

もう3月ですね。

(一週間もたってるけど)

今朝のめざましは特別な剛君がいた。

ふんわり相手を包んで届けてくれる慎重な言葉の数々。

優しいね。

強いね。

 

8話はいろいろ覚醒する回だった。

いろんな感情をちゃんと自分の中に隠して

冷静さを持つ。

すげーな。そんな複雑な感情、持ったことが無いかも。

なのに

剛君の懐の深さに感動する。

現実の方がきっと何倍も深いし複雑なんだよねきっと。

 

いろんなことを想定して進めている詐欺も復讐も

信じている人の裏切りを想定してない。

ハルカを疑わない気持ちも

守さんを疑わない気持ちも。

信じたいと思う願いの現れなんだと思う。

 

でも裏切られていた・・・・。

ツライ。

これはね、信じていた分ツライ。

 

剛君が言っていた二科家との大切な場面。

帰りたくなったけど一番このドラマやってて良かったと感じた場面。

全員が必死で全員が本音で語っていた。

真実の場面だった。

 

そしてラストの守さんとの会話の何とも言えない

哀しみを表す表情が

{あ、ここだ。記憶にもないくらいの場面って」と思ったよ。

あの27時間テレビの時の

森君の手紙を読まれた時の剛君の顔に似ているなって。

(いや、正確にはごろさんへの時のかな)

泣くつもりなんて微塵もないのに

泣けてきて仕様がなかった、抑えきれずに自分に蓋をするのを忘れた場面。

 

沢山の経験が芝居を作る要素になるとしたら

彼の持っているものは、

乗り越えてきて沈めてきた感情は

沢山の人々の共感を生むよね。

でも

切なすぎる。

 

 

彼が独特なのは

彼が自分に降りかかる全てのことを

一旦受け入れてから行動していると言うところなのかな。

なかなか出来ないものね、普通の人は。

 

全身全霊で演ずる中に

芝居の神様が降りてくる。

 

明日の夜が待ちきれません。

 

私、彼のファンであることを ほんと誇りに思います。

そしていつもそう思わせてくれる彼に

感謝しています。

剛君ありがとね。

もっともっとお仕事ありますよう。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。