布で魅せる 布を楽しむ 

いつもそばに置きたい。
いつも持ち歩きたい。
私が気に入った布でハンドメイドを楽しみます。

【お知らせ】

3月11日(金) 受付中
ハンドメイドがもっと好きになるランチ会  



製作した品物はこちらの↓サイトtetote



または


注文・お問い合わせフォームから購入できます➡ こちら 




! tetoteとブログ両方に出品しているので、 1点ものなどはタイミングによってはSOLD OUTになっている場合もあります。


その際はご了承ください。


テーマ:
今の仕事はweb関係で海外に作業指示をこちらから出して作業をしてもらうのだけど、作業者が外国人だから、日本語が分からない事で時々あり得ない事件が起きる。

昨日は久しぶりの大事件で

公開したサイトの文字が「ここに説明文が入ります」の羅列に変わってるガーン
表示している画像を変えてもらうだけの作業、テストページは問題なく、お客様にも確認いただき、公開して画像が変わってるから問題なし!ウインク
 作業完了!

が、しかし!!
その時すでに文字は「ここに説明文が入ります」に変わっていたのだけと、全く気がつかず滝汗
人間の思い込みって恐ろしい…

お客様からの、指摘の連絡先が入って電話をたまたま受けた人がサイトを見たときも直ぐには気がつかなかった…
「読む」と言う意識で見たのではなく、「見る」と言う意識で見ているから、最初の瞬間的な反応は「え?日本語が表示されてますよ?」って感じ。

私も一瞬、依頼のあったところは変わってるし何が問題???って思って、気がついた瞬間血の気が引いたーーー笑い泣き

上司はいないし、社員さんたまたまの有休だし、他の社員さんは昼休みだしで、残ったパートと新人でアワアワしながら、すぐにチャットで海外の日本人スタッフに作業依頼するも反応がなく、日本語が分かる現地スタッフにチャットをすると「修正しました」と直ぐに返事は来たけど、直ってなーーい!

………現地スタッフ……日本の文字を完全に読める訳じゃなかった…チーン
しかも、ご丁寧にテストページまで分かってしってる…

そうしていたらお客様担当の別会社の営業さんから進捗確認の電話が入り、

「ねえ、どうなってるの?まだなおらないの?何時になったらできるの?お客様へは原因の電話入れたの?」

えぇ…質問攻めにあい…

「すみません…早急に対応をしているのですが…時間につきましては出来るだけ早くとしか申し上げられなくて…」

「何言ってるの?何時までって言えないの?早くしてよ。何時まで待てばいいの?遅いよ。」

こっちだって言えるなら言いたいよー!
相手は社内で作業してるんだからその辺答えられるでしょってスタンスなんだろうけどさ、海外とのやり取りはチャットのみ、直ぐに回答が来ないと言うこちらの事情は相手に言う事はできないから、「出来るだけ早く」としか言えない。

納得いかない営業さん
「社員さんは?上司の◯◯さんは?」言い出し、運悪く…いない…
「あ〜?なんなの?じゃぁ、直接携帯に連絡するからいいよ!」

私がやり取りしている間に別のスタッフが、部署が違う社員さんに相談してくれて、その人がいろいろ調べてくれて、原因はわかった。

海外の作業者がサイト公開する際何故か別のデータを上げたらしい…
国内なら絶対にあり得ない、想像もしない事件が時々発生する…

文化の違いとか、価値観の違いとか、こんな事件を通して感じる。

早くしろ!
原因を教えろ!

と騒いだのは営業さんだったけど、原因を探してくれた社員さんがお客様へ連絡をしたところ、「そうでしたか。わかりました。」と穏やかに終わったそうで…はぁ…良かった…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事を始めて、気がつくともう少しで半年!
早いなぁ。

で、14年ぶりの仕事はと言うと、最初の3か月は毎日が頭の中がパンパン状態で、新しいパートさんが入ってくると少しづつ余裕がでてくるって言う不思議な感じ。

仕事は楽しい!
わからない事がたくさんあるけど、タスクをこなしていくのが楽しい。

月に数日は山盛り状態になってアワアワするけど…
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の社会復帰への道を書いています。

 

ママの社会復帰と病児問題

 

で、少しづつ私の気持ちに余裕がなくなりつつあり、

そして、イジけた気持ちショック

 

それでも、社会復帰への道は続きます。

 

未経験OK

ブランクOK

 

これは私の中で必須なキーワードになり、とはいえ全くの未経験は辛そうで、少しでもこの数年間やってきた事とかかわりがありそうな仕事を探して応募したのが

 

セミナーを主催する会社

 

少し遠いけど、通勤範囲。

日中は主婦のパートがメインで入り、夕方からは大学生がアルバイトで入っているらしい。

1日に何件も開催されるいろいろなセミナーの準備や受付の仕事らしい。

これならできそう。

イベント出店で会場準備をしたりしてきたし、体力的も自信アリ!

 

応募したらすぐに面接の連絡が来た!

 

都心のオフィス街のど真ん中。

会社の雰囲気も開放感があり、素敵~

ランチも美味しいお店が近くにたくさんありそうだし、ビルの地下街に行けば食べ物には困らない。

オフィス街にあるビルって便利~

 

で、大事な面接です。

 

こちらも20代後半くらいの若い女の人が面接。

面接を重ねるにつれ、私は逆に緊張するようになりガーン

声が震える~

鉄板の志望動機、予想外の今までの経験でアピールできることとかを聞かれ、

時々しどろもどろになりながらもどうにか答え

 

「一番早いセミナー開催時間が7時半からですが、来る事ができますか?」

「最終のセミナーは20時~なのですが、いかがでしょう?」

「下のお子さんが何年生くらいになったら長く働けそうですか?」

 

と聞かれ・・・「子供がいない学校に行っている時間帯で・・・」とか、「何年生になってからと答えることは難しいです」と言うしかなく・・・

 

一応、先方は「お子さんがいらっしゃる方も働いてますから。大丈夫ですよ」と答えてくれたけれど・・・こちらも撃沈です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大手スポーツ用品販売店ECサイトスタッフ

 

も撃沈し・・・

 

派遣会社へネットで他2社へ登録し、計3社へ登録したことになる。

 

直接登録しに行った、派遣会社A、ネットで登録した派遣会社B,派遣会社C

 

さらに、アルバイト情報サイトへも登録しているから、毎日届くお仕事紹介のメールの量は凄いことになり、スマホのメール着信音は鳴りっぱなし。

 

わ~!

お仕事情報いっぱ~い爆  笑

 

なんて、そんなに甘いものではなく、同じ内容のものが何度も送られてきたり、通勤無理!ってくらい遠くの求人だったり、時間帯が合わない・・・などなど、応募したくてもできないので、ほとんど削除。

 

送られてくるメールの他に、派遣会社のサイトから応募ボタンをポチポチ押して反応を待つ。

 

派遣会社Bからは何の反応もない。

(ここの会社は結局1度も連絡が来なかった)

 

派遣会社Cは連絡が来たけど、

「こちらの案件はもうクローズになってしまってまして・・・ちなみにお子さんが体調を崩されたとき、ご実家が近くとか何方か頼れる環境ですか?」と。


答えは・・・「病児保育の検討もしていますが、突発的な時に誰かに頼れる環境ではありません」と言うしかなかった。

 

向こう言葉は 「そうですかぁ。わかりました。他にご紹介できるお仕事がありましたら、またご連絡しますね。」

 

主婦向けの仕事を多く掲載しているという派遣会社と言えども、やっぱり、そこなんだ・・・子供が体調不良でも働ける人の方がいいのか・・・と内心思った。

 

我が家はもう息子君たちが大分大きくなっているから、それほど長引くような病気はしなくなっている。

だけど、いくら国や自治体が保育園増やして学童を整備しても、子供が体調崩したり、学級閉鎖になったら学童も預かってくれない。

休むしかない。

 

病児保育専門のシッターさんがあっても、そのシッター代は時給よりも高い。 

しかも登録者数が多くて、登録するのさえキャンセル待ちになっているらしい。

でも、お金さえ出せば専門のシッターさんを頼るという選択肢があるだけ東京は恵まれているのかもしれないと思う。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

派遣会社へ登録

 

して、そちらの情報も見ながら並行して今まで通りアルバイト情報サイトからも応募。

 

全国的に店舗展開している大手スポーツ用品販売会社のECサイトのスタッフへ応募。

この会社からは、もう連絡は来ないだろうというほど忘れたころに面接の連絡が来た。

 

仕事の内容もそれほど難しいものでもなく、お客さんも個人だから今までの経験を少しでも生かすことができそう。

やり取りもメールが主で、フォーマットもすでにあるという。

殆ど電話でのやり取りが無いというのも助かる。

シフト制なので都合がつけやすい。

少し気がかりなのは土日の出勤がある事。

土曜日は学童があるから、旦那さんが仮に仕事だった場合でもどうにかなる。

問題はお互い日曜日や祝日に仕事になってしまった場合、まる1日兄弟で留守番はまだ無理ということ。

ファミリーサポートとかシッターさんの利用を視野に入れるか?

 

とか考えつつも、派遣会社で言われた

 

「出来る出来ないをあまり深く考えずに、とにかく応募しまくってください」という言葉が頭にあり、採用になってから考えてもいいか?と思い、面接へ。

 

面接の他に入力スピードのチェックあり。

今までハンドメイドサイトで販売をしてきたことと入力スピードは、ある程度の評価はしてもらった感じがしたけれど、話をしていて、先方から休日出勤の事についてかなり聞かれ、毎週土日のどちらかは出勤してほしい感じ。

年末年始もできたら出て欲しい雰囲気。

それに対して、答えはしどろもどろになってしまう。

「ご主人はお仕事に理解がありますか?」とか・・・確かにね、土日出勤が多めになると理解のある家族じゃないと厳しいよね・・・

 

心の底に「休日は息子君たちの側にいたい」という思いが強いことに気が付く。

 

実際に、今までも平日の子供たちが学校に行っている間が私の自由な時間とい意識でいるものね~。

休日に自分一人だけで出かけることにいつも気が引けて、避けてる。

 

話はもどり、こちらの会社も当然の事ながら不採用

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。