主婦のともみ~家計・節約・便利帳~

節約、貯蓄大好き!!ムリをしない、快適ライフを目指します!!

映画のレビュー、ネイルアートも載せています。

気楽に遊びに来てくださいね♪


テーマ:

11月 7日(土) 夕方5時から日テレの


                 『所さんの目がテン』 の番組で


『不況の今だからこそ 


      お金の格言&ことわざを徹底検証する』


という、とっても興味深い内容でした。


ご覧になった方、いらっしゃいますか?


「地獄の沙汰も金次第」 


100円がどれほどにモノを言うかを実験。


嫌がっていても100円あげるだけで、ゴキブリを触れたり、


                     辛口ハバネロを食べれたりする?


            こども女の子 うわ~ ともみは、絶対どっちも無理だわ




「金に目がくらむ」


1億円を目の前にすると人はどうなるのか?


            ドキドキ かなり心拍数上がりそうな気がします。




「悪銭は身につかず」


実際にあぶく銭を渡し、実際にいくら使っちゃうのか実験


という とっても興味深い内容を取り上げていました。




まず、2チームに分かれて掃除のバイトをしてもらいます。



Aチームは、3時間掃除のバイトをしてもらって 5000円を払います。



Bチームは、3時間 で2500円


そして、さらに ボーナスとして 別に2500円を渡します。




Aチーム も Bチームも トータルでは同額の5000円ではあるけれど、


Bチームは、そのうちの2500円は、


                   ボーナス = あぶく銭ということになります。


そのお金を元手に、Aチーム、Bチーム ランチを食べに行きます。


食べた後に、それぞれ使ったお金を報告します。



バイト代を正規に5000円もらった Aチームは、


700円代~1000円以内で普段どおりなランチのお金の使い方をしていました。


それに対して、あぶく銭2500円をもらった Bチームは、


ランチメニューの他にデザートを頼んだり、追加でもう一品頼んだり


だいたい1000円から1500円で、


             いつもよりもかなりランチ代金が高額になっていました。


普段食べない うな重を頼んで、


あぶく銭の全額2500円を使った方もいらっしゃいました。



実際に自分が働いて得たお金だと思うと、


             それなりに大切にして考えてお金を使うのに対して、


あぶく銭は、なんとなく自分のお金であるけど、


イマイチありがたみがないので、使ってしまう傾向が強いようですね。




今回、この実験を通して、お金を得るプロセスの大切さを思い知らされました。


なるべく 苦労してお金を得て、


            お金のありがたみを知ることが、大切なんですね。




お金に関する 3つ の格言&ことわざ


          かなり信憑性があるものだというものが分かりました。





PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード