『Creator』

テーマ:




俺の世紀の研究に選んでやったんだ……

感謝してしっかり働けよ……





そんな柳沢の言葉を耳にした瞬間の



ここ……


このほんの僅かな……


表情の変化……。。。







繊細すぎるんだよ……。。。





目の細め方も。

口角の上げ方も。





この微かな笑みとその瞳の色は

二宮和也にしか出せないもので……







そしてその瞬間



“一体何が起こるんだろ……。。。”



と、


観ている側の心を
一気にスクリーンの中に引き込んでいく。






そこがほんっっっと!!!

『卑怯』なんだよなぁ……。

秋元康さんからいただいた
この最上級の褒め言葉が
ほんとお気に入りでして……( ´。pωq。)





5人でいるときの
“ニノちゃん”な雰囲気が好き。


でも、
『嵐』という枠から一歩外に出た時の


“二宮和也”の雰囲気も大好き…。。。






今は playerとして
“出ること”が多いわけだけど、

自分で(作品を)作ってみようとか、企画してみようとかは思わないの?

あっ……ちょっとはありますねぇ。

うん…あるでしょっ? あるっ!



この2回目のあるっ!
ほんと嬉しそうに返事するんだ…。。


そして今でも変わらずに
自分で作品(脚本)を書きたいと思っていてくれたこと!!!

これを知れたことがすごく嬉しくて……
。゚(゚´Д`゚)゚。゚(゚´Д`゚)゚。゚(゚´Д`゚)゚。




なんかその…頭の中の……を、
どう見せるか?って “見せ方”が

まだわかってないんですよ……。


自分の頭の中にあるんだけど……

自分が最初に思ってるものって……

ミリでもズレると嫌だみたいな
うん……。。。

こうじゃなきゃ嫌だ!”
みたいなのが…強いんで……。。。

いやっ、それはそうなるっ!!!
あぁ、そうですか…?
うんうんっ!!!





5人で何かを生み出す時は

常にメンバーの意思を尊重する。
周りの意見に従う。
グループの“和”を乱さない。



メンバーのことを
冷静に見守ってる印象の彼の口から
ミリでもズレると嫌だ!という
この強いこだわりの言葉が聞けた時、
ぞわぞわっ…
鳥肌が立ったのは言うまでもなく…。。
♡(((((゜゜;)♡(((((゜゜;)♡(((((゜゜;)




二宮和也の
“表現者としてのプライド”というか……





普段バラエティーなどでは
調子のいいことばかり言ってるようで(笑)

でもそれはおそらく
を隠すためのアイテムにすぎなくて


実際は
“アイドル”  “表現者”としての構想を
一番強く持ってる人なんだろうな…って。






二宮和也の言葉に
うん…うん……。。。 と、
静かに相槌を打ちながら聞いて下さる。


この対談の相手が
秋元さんだったからこそ。

胸の奥に抱いてるものが
自然と口からこぼれたように感じて……




作家人生42年の秋元さん。


その42年という
長い年月を振り返るこの言葉……

ほんと素敵だなぁ……って。゚(゚´ω`゚)゚。


どー考えたって
いいことばかりじゃないはずなのに。
(芸能の世界は特に!!!)

それすらも柔らかく包み込んでくれる
とても温かな言葉……。。。





今回の映画も
まず、“二宮くんを主役に…”
というところからスタートしたから。




“信頼できる人との出会いの旅”

そこには『嵐の二宮和也』との出会いも
もちろん入っているわけで……。


この出会いに感謝だなぁ…って♡(*´-`*)





できればこういった
クリエイターさんと二宮和也の対談を
潤くんも出演した“ボクらの時代”で
いつか企画して欲しいっっ…( ´。pωq。)♡
(あの3人の対談も永久保存版!!!)





て、

こんなことをツラツラと書いてたら
映画館に行きたくなっちゃったよぉぉぉ
。゚(゚´Д`゚)゚。゚(゚´Д`゚)゚。゚(゚´Д`゚)゚。



えええええーーー!!!
やだあああああーーー!!!



どしたらいい?
(  ;∀;)ハウゥゥ…♡






わかってる。

どーもこーもない。




パートに行けって話。笑

ヾ(´∀`*)ノヾ(´∀`*)ノ<マボロシ~♡






ではでは
今日もお互い笑顔で♡

楽しい1日になりますように…♡(*´ω`*)










AD