1歩・2歩・散歩♪

お散歩大好き!今日はどこに行こうかな?

※コメントは承認制とさせて頂いておりますので、反映に時間がかかる場合がございます。ご了承ください。

テーマ:
ラファエル前派展」展覧会&特別展示映像作品鑑賞会に参加しました。
入り口
1843年、ルネサンスの巨匠ラファエロを良しとする当時のアカデミズムに反発した
若い芸術家7人がラファエロ以前の初期ルネサンス絵画を理想とする「ラファエル前派兄弟団」を結成!

それは懐古ではなく、形骸化したものを打ち破り、
もっと自然に立ち返り、自由に己のアイデアを表現する、
当時としては前衛的な活動でスキャンダル!とも言われたのだそう。

今回やはり一番見たかったのがミレイの「オフィーリア」
思っていたよりも、ずっと小さかったので、びっくりしました。
オフィーリア
どうして大きい絵と思っていたのかというと、
それぞれ象徴的な意味を持つ植物たちがとにかく細かく描かれているから。
枯れた葉っぱまで描いて、ここまでこだわるのかというくらいの細密っぷり。
おまけに描かれたモデルの女性は、
バスタブの中でこの姿勢をとり続けて風邪をひいてしまったなんて逸話も。
そこまで写実にこだわるところが前衛っぽいところなのかしら。

ロセッティの「見よ、我は主のはしためなり(受胎告知)」のマリアさまは
神々しいというよりも、どこかにいそうな若い女性でした。
まりあ
解説を見ると、ロセッティの妹がモデルだそう。
突然現れた天使‥‥といっても羽根もない天使に、いきなりそんなこと言われてもという表情。
象徴的な百合の花やら青い衣も描きながらも、
自分なりの受胎告知を描いたのが前衛的なところらしい。

幼いイエスを描いたミレイの「両親の家のキリスト(大工の仕事場)」などは
あまりに世俗に描きすぎて、当時としてはとってもスキャンダルな絵だったとか。

スキャンダルと言えば、ハントの「良心のめざめ」
たつ
浮かれた男の膝の上に座った女性が我に返る瞬間です。
これはもうテーマ自体がスキャンダル。

描かれた女性たち、美人ばかりだな~と思っていたら
途中、絵のモデルになった女性たちの紹介がありました。
美女
相関図と並べてみると、三角関係になっていたりして結構すごい関係です。
相関図
その関係を見た上で、絵を見直すのもちょっと面白かったです。

ロセッティの美女たちの部屋。
3つ
美女たちに囲まれながら、じっくり堪能しました。美しかった~。

会場を出て、そのまま同じフロアの東京シティビューへ。
夜景
ミレイの「オフィーリア」をモチーフとした映像作品「Ophelia has a Dream」を鑑賞したのですが、
インタラクティブなこの作品、自分が動くと
足元から花びらや蝶が出て、「オフィーリア」の絵に降り注ぐという仕掛けになっています。
かげ
映像の前で、くるくると足元の蝶や花びらと踊る女の子を眺めていたら
まだ絵の続きを見ているような気分になったのでした。


**********
「ラファエル前派展—英国ヴィクトリア朝絵画の夢」
会 場:森アーツセンターギャラリー
会 期:2014年1月25日(土)~4月6日(日)
    午前10時~午後8時
※映像作品「Ophelia has a Dream」は展覧会とは別料金になります。
※会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。