おとなのジーニングライフ

40歳からのライフスタイルを存分に楽しもう ♪

NEW !
テーマ:

もう何十年と親しんできた赤福。どこでもいつもおいしく手に入ることが当たり前のように思っていたが、一昨年のお伊勢さんで赤福本店を訪れ、五十鈴川を望む縁側でつきたて出来立ての赤福を味わうことができ、素晴らしい体験が出来た。

その印象を持って、名古屋駅の高島屋にある赤福茶屋を訪問した。

{2AC4FB5F-434E-4486-9C8C-6A3D47893AB8}

{6351AE65-043E-4B99-B05F-73EFD9414212}

流石に店の前に行列が出来ているが、どうも、回転が速くどんどん店に入って行く。自分の前には5、6人の先客が待っていたが、ものの五分も待たずして、予め、注文を取ってくれて入店。入口のレジで会計を済ませ、席に案内された。

{4351439E-1AF2-4E05-B8DD-B0C5F0E01632}

店内は、上品な和風カフェのような感じだが、やはり、都会の百貨店の中。当然、赤福本店のような、歴史と風情は感じられない。そりゃそうだ・・・

◯ 赤福ぜんざいと抹茶¥520を注文

これもそんなに待つことも無く運ばれて来た。

{3FA8C78A-2148-4CBE-928B-25BBF955609E}

ぜんざいは、四角に切られた餅が焼かれ、ぷっくら膨らんでぜんざいに入っていた。

ぜんざいは、こしあんと小豆が煮込まれて、器も熱くなっているので、持ち上げるときには注意が必要だ。

{374C228C-03E0-43AF-9F24-7D021DE271FB}

焼きもちも文字通りあっちっちだ。この餅は、赤福のあの餅なんだろうか?まあ、店でつきたての餅ということはないだろう。そりゃそうだ・・・

普通にうまい。

抹茶は、鮮やかな黄緑色で温かい。

{8B47C786-90EF-4335-AAB7-3F52DCBBFFE7}

考えて見ると、抹茶はテレビなどで見かけたり、アイスやチョコに二次加工されているものは馴染み深いが、生の?抹茶を飲むのは初めてかもしれない。これは温かいうちにいただかないと・・・と思いながら、ぜんざいを食べながら抹茶を飲むと、思い以上に早く終わった。

コーヒーとケーキをいただくよりも早いな。

久しぶりに赤福を食べれて良かった。

また、いつか、赤福本店に行きたいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。