オツムの中のPRAMをクリアしてみた

テーマ:
パソコンは、電源オフ時でもメモリ内容が消えないように、内蔵電池で起動に必要な起動ディスク,メモリの設定などの情報を保持しているPRAM(パラメーターRAM)で記憶内容が保たれている。
●tommyの戯言
突然、拘りをリセットしてみた
かなり危ない人たちに見えた
(笑)
この頃、既成概念を外して、経験や思い込みを取っ払ってジャズ音楽を楽しもうという運動が、ジャズ聴きの地下組織で密かに起こっているらしい(笑)。今までの思い込み聴きを、リセットしようという芸術運動だ。
いろいろな実験が行なわれているようで、拘りのジャズ観を一度消去することにより、新たなジャズの楽しみ方を再発見しようという活動らしい。アイドルを好きになったり民族音楽を聴いたりという、比較的軽い試みから、時には電気ショックなどという荒技や、本来嫌っていた音楽を大音量で1日中聴くという荒行なども行われているとのこと(ウソ/笑)。

先日、ラジオ番組の収録のために集まったジャズ友3人で、番組収録後、ジャズ喫茶でジャズ話で盛り上った。どうもオイラは♯(シャープ)する音楽が苦手なのではないかと云う話をしている時に、突然、オイラのオツムのPRAMがリセットされるという目まいに遭遇してしまった。
そこには、もう一人のオイラがいて、オイラたちを面白そうに観察していたのだ。
んで、彼(オイラ)が云うには、「キミたちってヘンだよ」と笑っている。
さらに、
「連休のこんな時間に集まって。50年前の音楽を大音量で聴いていることに疑問を感じないのかい?ごく普通に考えると、70歳を過ぎたラテン好きなオジイさんと変わらない。ちょっとキミたちが若いだけさ。10年も経てば同じ。すでに、ジャズに興味の無い人から見れば同じだよ」
「ノスタルジックなことは嫌い!音楽は音楽として聴くといっても、誰もそうは思わないよ。ジャズのスタイル自体が、すでにノスタルジックそのものなんだよ。まぁ、古い音楽つーことだ。プレスリーより古いんだよ」
「時代を感じさせない音楽?そんな音楽なんてないよ。常に新しい音楽を聴いていないからそう思うだけさ、感じないのは勝手だけど・・・聴き不足だろう」
「合法だからいいけど、ミュージックドラッグはほどほどにしておいた方がいいよ。より刺激を求めてオーディオドラッグと併用している人もいるけど・・・それもフツーじゃないからね」
などと言って、店の外に出て行った。

そうか、オイラのPRAMをクリアするとこういうことになるんだな。やっぱり面倒くさそうなヤツだ(笑)。
自分がジャズを聴かないと考えて、自分を観察すると「自分ってヘンだぞ!」が現れるのだ。
彼(オイラ)が言っていることは、きっと間違っていなくて一般的な考え方だと思う。もっと極端な言い方をすると、「時間の浪費(ムダ)」ということなのだろうか?(笑)。あぃたたたぁ~それは悲し~い。
だからどうした!ということはないが、時々、自分の思い込みPRAMをクリアするのも面白い。

例の地下組織の荒行だが、結果はジャズを聴くのが嫌いになったらしい(ウソ/笑)。

そういえば、「Stereo Sound」2010年、春号で「車より高いオーディオ製品があるのは当然、趣味の世界で、よりよい音を求めるとそうなる・・・」と書いていたオーディオ評論家がいたが、ん~彼も一度PRAMをクリアした方がいいと思う。まぁ、普通に考えるとイッチャテいます。誰に共感を求めているのだろうか?(笑)。

●いっきさんのコメント
■お世話になりました。

なるほど、そういう見方もあるのかと思いました。
その時tommyさんはお酒を飲んでいませんでしたもんね。
酔っ払いトーク全開ですみませんでした(笑)。

ハンコックtommyさんらしいご意見だと思います。
オーケストリオン・メセニーいっきと
アセンション・コルトレーン雲は、
確かにかなり危ない(笑)。
普通じゃないしイッチャッテることは間違いないです(笑)。


◎そうか!あの日はオイラは素面(シラフ)だったから、PRAMがクリアされたんですね(笑)。
あるある。オイラ先に酔われると酔えなくなるタチなんだよなぁ~。妙に醒めてしまうんですよ(笑)。
でも、あの時は、ジャズの選曲が悪かったと思いますよ(笑)。やっぱり後藤さんの選曲じゃないとのれませんね。全体にアルバムが古くさかった。オイラのはじめてのリクエストも良くなかったかも?
AD

コメント(1)