アトピー、喘息、糖尿病、パーキンソン病、自然治癒の先にある真の予防学。松本孝一の腹式呼吸法mixs.で人はどこまで健康になれるのか?

アトピー、喘息、ヘルニア、糖尿病、線維筋痛症、パーキンソン病…薬ゼロ、副作用ゼロで人間の身体機能(健康)はどこまで向上するのか、武道をベースとしたmixs.(みっくす)式腹式呼吸解体ブログ。松本孝一の細胞活性ストレッチによる自然治癒の先にある健康像

症状・・・歯科医、重度の『椎間板ヘルニア』。コルセットをガチガチに巻いて、杖をつきながらの腰痛生活

1時間後・・・コルセットなし、杖も忘れて、帰宅

松本孝一,ミックス,薬師寺,テレビ,健康,呼吸

※椎間板ヘルニア(重度の腰痛)からの復活体験談。
 上から4つ目のビデオで公開中!

NEW !
テーマ:
昨日、たまーに話をするアメリカ留学時代のボブ君(アメリカ人のマッチョマン)と話をしていて面白いなーと思ったのが、

デスカフェ

というコンセプト。

デスカフェ コーヒー,デスカフェ ルール
画像出典:www.bohemian.com


そういえば、少し前に雑誌クーリエにも掲載されていたなーなどと思い出しながら、調べてみました。

デスカフェ クーリエ,death cafe
出典:クーリエジャポンhttp://xbrand.yahoo.co.jp/category/lifestyle/15832/1.html


死は国や民族によって捉え方はまったく違うので本当に興味深いテーマだと思います。お葬式もまたしかり。

デスカフェのはじまり

何でもスイスの社会学者であるバーナード・クレッタズさんが奥さんの死を契機に「死」についてカジュアルに話す会を開いたことがはじまりなのだそう。

死生観についてとことん話すデスカフェ。

デスカフェの事をはじめて聞いた時は、ドクロのオブジェが所狭し…というイメージでしたが全く違ったものでした。

いまやデスカフェは世界29ヵ国にまで広がっている一台イベントなのですね。(日本にもスローデスカフェという場所が都内にある)

デスカフェ参加方法

誰でも参加可能。

デスカフェに集まった参加者は理想の死に方や、過去のあんな体験やこんな体験(臨死体験など。自分であれば、飛行機墜落事件か 笑)からお葬式まで、死に関連する内容で、お茶を飲んだり、ワイン片手にワイワイと語り合う、というもの。

インターネット上で英語を教えさせていただいてかれこれ11年、こういうトピックがある、というのは一石二鳥だと思うし、ディスカッションのテーマがあって、そこに道具として英語を使う、というのは実に理にかなっていると思うのです。

日本ではどちらかというとお金や死というのをタブーとしますが、結局、お金と死の問題は誰もがぶちあたる壁なので、早い段階で解決、明確にしておくというのは、本当に大事な事だと思うのです。

結果として、自由に生きることに繋がる。吉田松陰先生風に言えば、私の精神は誰にも捉えることはできぬ。精神は自由である、故に私は自由なのだ…と。


デスカフェルール

デスカフェ,デスカフェ ケーキ


デスカフェルール1:
参加者が自由に自分の考えを表現できるようにすること

デスカフェルール2:
特定の結論を出そうとしないようにすること

デスカフェルール3:
カウンセリングやお悩み相談会にならないようにすること


デスカフェのテーマが深い件

「死に関して一番怖いことは何?」
「死ぬ前にしておきたいことは何?」

漠然と思考力を使わされているテーマだけに、一度、まっすぐに見て、話す、考える。

目の前の扉が開けることで心の余裕に繋がりますよね。

ちなみにボブ君は、

「俺は生まれ変わりを信じているから、死は次のステップへ進む喜ぶべきイベント。ただし自殺だけは駄目だ。人生最後までチャレンジした上で命尽きる、これがマイルールだ!ガハハ!」

お、なかなかどうして良い事を言うではないか。

自分の場合は、

1)年に一回遺書を書く(120歳まで生きるとしたらまだまだ書き直しができそうだ 笑)
2)自分の身体は一時的な「乗り物」だと日頃から心得ておく。
3)死んだ後のお金を使い道を家族で話しておく(USBに全てデータ化して保存)

死に関しては具体的にしていることはそんなところです。

死生観、死にかた(陰)と病気から遠ざける予防学(陽)

メメントモリ(いつか死ぬことを忘れるな)があるからこそ、逆に健康(陽)が生きてくる。

Web mixs.のコンセプトも結局のところは、病気になって、そのまま病でバタンと去ってしまうのではなくて、治りやすい身体を日頃から練り上げ続けて、病になっても治りやすく、

寿命でバタンと行けるための、最後の最後でナチュラルな死を選択できる命(身体)の使い方講座であると考えているのです。(Web mixs.とは?松本孝一の細胞活性ストレッチ、腹式呼吸法とは?

便利で退屈しない世の中になった反面、テクノロジーが普段の生活を(ほぼ永遠に)落ち着かないものにしてしまった、そう感じることが多いです。

「歩きスマホ」

とか数年前までは何それ?の時代から今や当たり前の光景になってしまいました。

どこに居てもホッとできない。目の前のことに集中できない、情報をチェックして、更新!ダウンロードして、再生ボタンをカチッとクリックして、シェアして、ネットサーフィンして、留守番電話の再生ボタンを押して、ジムでは自転車をこぎながら電話をして…

いたるところで集中力が奪われる。

大事な事を考えるべきことを、話し合うべきことを話し合えない、見えなくなる。頭の片隅にはあるけれど、そこにあったまま。それが不安材料になって、思考力が鈍る。集中力はさらに下がる…

デスカフェコンセプトはそんなところからホッとできる憩いの場所になっている、人が集まる理由はそんなところにあるのかもしれません。


デスカフェ BBC:



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇