2009-09-18 14:57:12

【便利!】サイボウズのスケジュールをGoogleカレンダーで確認!!

テーマ:    ・Googleカレンダー
富永です。

今日は会社の業務の利便性向上に役立つであろうことをしていました。


私が所属する会社ではサイホウズOffice6を使っています。

でも、先進的な人はGoogleカレンダーを使ったりしていて、

スケジュールを二重に登録せねばならないことになっています。



これは合理的ではないので、

一気に有料のGoogle Apps導入といきたいところではありますが、

サイボウズにはあって、

Google Appsには無い機能として、

ワークフローなんかもあるわけで、

いきなりサイボウズを捨てるわけにもいかないため、

ひとまず、サイボウズのスケジュールをGoogleカレンダーで見れるようにしました。



今回の私はこんな環境で実現しました。


[ハード]
 ・Strawberry Perlを入れたWindows XPのパソコン
 ・グローバルIPアドレスで運用しているWebサーバ

[ソフト]
 ・Cybozu2Ical -0.36.zip
 ・自分で書いたスクリプト


概念図はこんな感じです。
(クリックすると拡大します)


処理のフローは、

① XPパソコンからサイボウズにデータを取りに行く

② サイボウズのサーバからXPパソコンにデータが入り、ちょっと加工

③ 加工したデータを外部のWebサーバにアップロード

④ GoogleカレンダーがWebサーバのカレンダー情報を見に来る

⑤ WebサーバからGoogleカレンダーにスケジュールが格納される

という感じです。



①~②に相当する部分をCybozu2Icalがやってくれます。

③だけ自作スクリプトを作りました。

④~⑤はGoogleカレンダー側の仕事です。



③を作るに当たってちょっと困った点は、改行コードと文字コードです。

改行コードは正規表現でフィルタリングしました。

文字コードは cybozu2ical の config.yaml の output_encoding を ncr とすることにより解決しました。
(utf8で通らなくて何度も不思議に思いました)


cronで定期的に呼び出すバッチはこんな感じにしました。
cd c:\www\cybozu
perl cybozu2ical > a.ics
type a.ics | perl -pe "s/\r//" > b.ics
ftp -s:upload.cmd

upload.cmdの中身はこんな感じ。
open サーバ名
ユーザ名
パスワード
bin
cd アップロードする場所
put b.ics
bye
なお、Windowsで動かすためのcronはこちらの Cron for Windows 9x/NT を使いました。
http://www.kalab.com/freeware/cron/cron.htm


通常ならLinux環境で作るんですけれど、

先日Windows環境に入れたStrawberry Perlが

どのくらい使えるのかを試すいい機会と思いやってみました。


今回参考になったのはこちらです。
Ogawa::Buzz: Cybozu Office 6のカレンダーを Google Calendarで表示する
cybozu2ical – サイボウズオフィス6のカレンダーをiCalendar形式に変換するスクリプト | muneto.murakami.biz Weblog

ありがとうございました!!



◎こちらの記事が参考になりました場合は、クリックお願いします!
  ⇒ Tipsブログランキング
     さまざまなTipsを公開しているブログがありますよ!


▼関連記事
  ■【便利!】制限されたケータイでもGoogleカレンダー!!
  ■【便利!】無料でメイドを雇って朝イチでスケジュール確認する
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD







ジオターゲティング


fx


[katyos.Lab]